2018年 07月 29日
新月ショーツにご注目 その5 下着かぶれやアトピーの人にオススメ
新月ショーツにご注目!の投稿もpart.5になりました。

7月も残すところあと2日。
新月ショーツが会員様ご優待価格になることはお誕生月以外まずないので、気になっていらっしゃる方はぜひ買い足しやプレゼント等にもぜひどうぞ。

(※会員様ご優待価格は単品のみです。2枚セットをお求めの方は、この期間中は単品2枚をお求めになったほうがお得ですのでご注意ください)
d0154362_17105231.jpg

全国的な酷暑が続いていますね。
台風が通り過ぎた影響でまた気温が上がっているとか。


肌が弱い人や、アトピー性皮膚炎の方にとっては辛いこの季節。


先週、マアルの肌着を取り扱っていただいている広島のある皮膚科隣接の薬局へ納品に伺いましたら、
大混雑。新月ショーツや満月パンツも薬局でお求めいただく人が多かったです。


化学繊維のフィットする下着に、ストッキングやタイツ、ガードルを重ねていると、

この時期、陰部まわりも高温多湿状態になります。

すると、肌が弱い人は一層肌が摩擦や刺激に敏感になり、

ショーツの擦れに赤くなったり、痒くなったり、

免疫が下がっている状態などど重なるとカンジダが異常発生して痒みを引き起こしたりします。



d0154362_17232932.jpg

新月ショーツにも満月パンツにも、股の部分に一般的なショーツについている「クロッチ(当て布)がありません。

吸水性のよいコットンなので、二重にする必要がないから、というのが1つの理由。

もう1つの理由は、クロッチを重ねることでさらに蒸れやすい状態を作るからです。



股部分でさらに説明をすると、
新月ショーツの股下の幅は一般的なショーツの1.5〜2倍近くあります(満月パンツはもっと)。

履くと、若干ですがふわっと空気の通り道が生まれるので、
べったり生地が肌に密着しないようにしています。

d0154362_17270269.jpg

新月ショーツは、いえ、マアルの肌着は全て、縫っている糸もフェアトレードのオーガニックコットン。
適度に油分を残した柔らかいその糸は、
一般的なポリエステル糸よりずっと、肌が弱い人にとっては刺激が少ないです。

これも私自身、体感していることですが、
汗をかいた肌で、ポリ糸のショーツを履いていると、足ぐりのところが特に痒く真っ赤になります。
ふやけた肌は簡単に皮が剥けてしまい、より刺激を感じます。
履かないわけにいかないので、なかなか治りにくい、、という悪循環に陥ります。


この特集パート2でお伝えしたように、新月ショーツはレースも特注の100%オーガニックコットンです。
詳しくはこちら→「新月ショーツにご注目 その2 レース



お寄せいただいているお客様からのレビューも、肌トラブルにお困りの方が楽になったというお声が多く、

また、お客様とお話していても、肌に合う肌着探しに何年、何十年費やした方が
「やっとマアルのパンツで落ち着いた」とおっしゃって頂けるのが
本当に嬉しいのです。

下着かぶれの人は人に言えずに対策を探している方が多いので、記事のシェアも大歓迎です。






<新月ショーツにご注目!投稿>
・「どれにしようかな
「その2 レース」
・「その3 マタニティにもオススメ







by marrublog | 2018-07-29 17:32 | マアルオリジナル肌着 | Comments(0)


<< 新月ショーツにご注目その6 社...      蒸れない男性パンツ。「太陽パン... >>