2017年 01月 24日
海外への第1歩
タイトルがなんだか大げさな気もしていますが、
今年の初トライ。

海外の方々へ、マアルの肌着をご紹介してみようと思います。


実は数年前から、頭の中ではぼやっとイメージをしていました。

が、

考えているだけでは動いていないのと同じこと。

けれども、英語が出来るわけでもないし、海外出展経験者が会社にいるわけでもないし、

大きな展示会なんて日本でも出たことないし、
そもそも大展示会って、あまり興味も無いし。。。


マアルの、この日本古来の下着ふんどしを現代版にアレンジしたショーツが
海外のかたにどのように映るのか、
海外の人も、足が浮腫んだり、肌が弱い人だっているんだろうから、
気に入ってもらえるんじゃなかろうか?
必要とする人がいるんじゃないか?


まずは反応が知りたい!でもどうやって?


心惹かれるきっかけを待っている状態、でした。


昨年。

白島店の什器から事務所のテーブルから自宅の家具までお世話になっている
さしものかぐたかはし」さんから
この度出展することになった「MONOJAPAN」のご紹介があり、

「おお、興味あるある」と答えたところ
オランダからMONOJAPAN主催の中條さん自らマアルの店にお越し下さり。


MONOJAPANという展示会が
マアルにとってこれ以上ない「はじめの第一歩」だと感じました。




d0154362_21434162.jpg

2016年6月。長崎の出島で開催された説明会。
ここでお話を聞かせてもらった時点で、心は出島から出港しました(笑)。


d0154362_22271221.jpg


MONOJAPAN2017は、
日本のクラフトやデザインプロダクトに特化した展示・即売会。
アムステルダムの、歴史的建造物である「ロイドホテル&カルチュラルエンバシー」で開催されます。
1つ星から5つ星まであるいろんな客室の中の1室を、各出店者が借りて、
室内全体でそのブランドコンセプトを体現する、というもの。

じっくりと、来場者と紹介も、会話も、意見交換も、ワークショップも出来る。
(通訳さんも居ます、ご安心を:笑)

ホームページをご覧頂けたら、
わたしがどうして惹かれたのか、よく判って頂けると思います。



今回マアルは、

さしものかぐたかはし+マアル

展示作品:テーマは「木肌・肌心地」。肌に触れると、身も心もリラックス出来る心地よさを追 求してきた私たちのものづくりの成果を皆様にお伝えします。


として、家具と肌着を融合させ、展示します。


私たちのブース展示をデザインし、ナビゲートしてくれるのは、
春夏秋冬シリーズのパッケージデザイン等でお世話になっている、
coto.toco.の矢吹菜美さん。


3人で、何度もミーティングから船便発送、航空便発送と準備をずっと続けて来ました。


d0154362_22402330.jpg

出来たてほやほや、さしものかぐたかはし製作のpantree.
マアルの肌着をディスプレイする為に作った贅沢な什器。


寝ても笑ってもあと1週間を切り、
他の仕事も山ほどある中ですが、「いよいよ!」感が背中をぐいぐいと押して来ています。


実はこの会期中、オランダ先行発売する新商品があり、
これがなんといっても凄いので、
(みなさま、どうぞどうぞお楽しみに!日本では2月4日の立春に発売致します)
その準備も同時進行中。


昨日は、マアルのHPに、英語バージョンの頁が完成しましたし、


昨日から、私のインスタでもタグをつけてご紹介を始めています。

しかも、私、何を考えたか昨日「monojapanまでは英語でも呟いてみよう」なんて書いたもんだから、
まだ2日めですが、たった数センテンスの文章を書くのにヒーヒー言ってます。

ヒーヒー言いながら楽しんでいる自分も居ます。


珍道中間違いなしの、
このチーム、よかったら会期中も出来るだけ投稿してみようと言っているので、
インスタで #sasimonokagutakahashi_marru というタグをクリックしてもらえたら
嬉しいです。



マアルの定番商品に加え、

昨年の立春に発売した、オーガニックコットンに型染めを施した「春を待つ」満月パンツと、
今年の立春に発売予定の、オーガニックコットンをある、伝統工芸で作ったパンツ達を持って

締めつけない心地よさ、
素材の良さ、
日本の伝統工芸のテキスタイルと肌着の融合を

海外の方々に、ご紹介して参ります。





今、まさにマアルの事務所は年の瀬感がすごく、
整えたい気持ちが高まっていて、
荷物だけじゃなく、働き方、データー、いろんなことを「整えて」いく作業中。

そして、すっきりしたところで週末は旧暦の新年を迎えます。


そして、オランダへ。



みなさま、わくわくにお付き合い頂けたら嬉しいです!

# by marrublog | 2017-01-24 23:08 | お知らせ | Comments(0)
2017年 01月 20日
春夏秋冬ひとめぐり
今日は大寒。

その名のとおり、広島は午後から横殴りの雪が降り、今は一旦やみましたが、
冷たい風が吹いていてからだがギューッとなっています。


12月21日の冬至から明日で1ヶ月。

冬至の日に発売した「冬 雪ノ下」も、昨日でタンクトップのMの上下セットが完売となり、
残すはタンクトップLと新月ショーツLのセットだけとなりました。



d0154362_18434381.jpg

春 芽生え

d0154362_184478.jpg

夏 空

d0154362_18443673.jpg

秋 実り

d0154362_1845590.jpg

冬 雪ノ下


こうして並べただけで愛おしさで胸がいっぱいになります。



「めぐりゆく季節の色をあなたのミカタにつけて」

このコンセプト、企画を考えたのが一昨年の秋。

マアル全ての商品に於いて、製作の基準が「売れるかどうか」よりも、
「こういうのがあったら嬉しいなぁ、欲しいなぁ」を原動力に企画しているので、

発売まで、

お客様にこの企画が受け入れてもらえるのか、
興味をお持ちのかたがいらっしゃるか、

いつもドキドキします。


d0154362_18564033.jpg

春、芽生え。クスノハガシワ染め。
黄色の肌着というのが驚かれましたが、実物を目にされるとほとんどの人が「可愛い!」と気に入って頂けました。
タンクトップ/新月ショーツ 共に完売


d0154362_1913733.jpg

夏 空。琉球藍染め。
水色というのが難しかった。ムラもありましたが、
全てをお伝えし、全てをお客様は受け入れて下さいました。
伸びやかな、水の中に、空の上に居る様な、気持ちでした。

タンクトップ/新月ショーツ 共に完売

d0154362_1965981.jpg

秋 実り。ラックダイ染めと柿渋染め。
レースを藍染め以外に染めたのは初めてでした。コンビネーションがとても印象的で、
大人が着て映える、熟したショーツになりました。

タンクトップとショーツの上下セット新月ショーツ 残数わずか

d0154362_1912553.jpg

冬 雪ノ下。チョウジ染め。
春夏秋冬スタート前、四季の色全ての色を決めていくとき、最初に染めテストで決定したのが
このモスグリーンでした。
なんて美しいんだろう。なんと表現したらいいんだろう。
この色が最後に待っている、、冬が楽しみでなりませんでした。

タンクトップとショーツの上下セット 残数わずか/新月ショーツ 完売


季節が巡るごとに、「春夏秋冬」を楽しみにして下さる方が増え、
とうとう、冬 雪ノ下の新月ショーツ単体の販売は、発売から数時間で完売という事態になってしまいました。
これについては、最初のスタート前から生地は4シーズン同じ量を染めていたので、
ファンのかたが増えていても、冬の生産数を増やせなかった、とか、
増やすどころかチョウジ染めで生地が縮んでしまっていて、普段だったら4つ裁断できるところが3つになった、とか、様々な理由もあるのですが、

それにしても、楽しみにして下さっているお客様がお求め出来なかったということは、
本当に心苦しく、申し訳なく思っています。


それほどまでも、

春夏秋冬、1年ひと巡りを私たちと共にお楽しみ頂いて本当にありがとうございます。


「次はあるの?」というお問い合わせが相次いでいます。





はい、きっと!!!






このシリーズを支えてくれている製作チーム

カラーセラピスト やどり木の荒川ゆいこさん。
デザイナーの矢吹菜美さん。
画家の春日千尋さん。
カメラマンの、ウリボー写真事務所さん。

に感謝を改めて伝えるとともに、


マアル以上に、このシリーズに喜びと楽しみ、共感を持ってお付き合い下さった
お客様に、
心からのスペシャルサンクスを伝えたいです。



冬 大寒の日に。 


マアル 櫻木直美

# by marrublog | 2017-01-20 19:27 | マアルオリジナル肌着 | Comments(0)
2017年 01月 09日
スタッフ募集<検品担当>
検品スタッフ募集


d0154362_2093129.jpg


マアルは、フェアトレードのオーガニックコットン生地や糸を使い、
丁寧に国内で縫製している肌着を、可能な限り完璧な状態でお客様にお渡し出来るように、
日々努力を重ねています。

縫製工場での検品に加え、自社でも一点一点丁寧に検品をしています。


B品市で、お客様がたいてい驚かれるのは、B品になる商品のレベルの高さ。

普通だったらこれは全然オッケーなんだけど、、、という状態のものをBにするのは正直言って苦渋の決断が伴います。

けれど、製造側のこだわりかもしれませんが、モヤっとするものを誤摩化していったら、

どんどん品質が下がり、信頼してくださっているお客様を裏切ることに繋がってしまうのでは、と考えています。

お客様を裏切らないために私たちが独自の観点を含めて綿密に行う検品は、「厳しいねー」と縫製工場さん達に言われます。

だから商品のクオリティには自信があります。


製造数が年々増加している中、この品質を維持していくために、
このたびマアルの大切な検品業務担当の一人として関わってくださる方を募集します。


月4日程度(応相談)ではありますが、とても重要なお仕事です。


○ 業務内容   マアルオリジナル商品の検品作業、製造工程の軽作業など
○必要なスキル
 ・同じ作業をひたすら根気づよく、コツコツとやり続けられる人
 ・同じ作業の中でも目標を持ってレベルアップしていく意識のある人
 ・細かい作業をきちんと素早く出来る人

○勤務日 平日、月に4日程度、1日4時間程度を予定しております。
 勤務日や時間は相談に応じます。

○時給 800円(能力に応じて以後昇給) (当初の記載に間違いが有りました、修正いたします)

○勤務地 (株)マアル 事務所
  〒730-0005
  広島市中区西白島町11-7 やまねビル201 Tel 082-836-3667 
  JR山陽本線 新白島駅及びアストラム新白島駅から徒歩3分
     

履歴書を上記マアル事務所まで1月16日(月)必着(引き続き募集中)で郵送して下さい。

履歴書を確認した全ての方にメールでお返事致します。
スマートフォンや携帯電話のアドレスをお使いの場合、office@marru.net からのメールが受信できるような設定にしておいてください。


応募者多数の場合は、書類選考ののち、面接のご連絡を致します。
1月24、25、26日のいずれかの日中に、面接、簡単な実技試験を予定しております。


-----  -----  -----

2017年、今年初めてのブログが人事募集。
一般公募するのは1年半ぶりで緊張しています。

昨年は事務所スタッフを増やさずに頑張って来ましたが、今年はこの検品担当に加え、
今後も考えていることがあります。

総勢8人の小さな小さな会社ですが、
パート、正社員、それぞれの形態の中でフルに力を発揮してもらっています。

その中でも今回は最も働く日が少ない月4程度ですが、
マアルの質に関わるとても大切な業務。

私こそ!というかた、ご応募お待ちしております。


マアル代表取締役 櫻木直美

# by marrublog | 2017-01-09 20:10 | お知らせ | Comments(0)
2016年 12月 30日
今年のマアル事務所 その2
その1では、ネットショップの出荷関係のことを書きました。

マアルの事務所は、
ネットショップのご注文への対応が出口だとしたら、

入り口というような、
企画、製造(ごく一部)、検品、パッキング、といった製造業的な仕事もしています。


d0154362_1703050.jpg


今年はこの事務所に大きな変化がありました。

2階事務所の真上が空いたのを機に、
上下を借りたのです。

「いつか出来たらなぁ」ってぼんやりと思っていた、
「自社生産」に向けて、一気に動き始めました。

d0154362_1781086.jpg


製造ブースと、ネットショップの発送ブースを分けるために、
パーテーションが必要になりまして、
シックハウス対策も万全にすべく、
大工さんに無垢板で作ってもらいました。

四国の杉板を低温乾燥した無垢板。
低温でじっくり乾燥すると、木のもつ油が残って塗装などせずとも強い板になるんだと
大工さんが教えてくれました。

コットンも油を落としすぎるから柔軟剤等が必要になるわけで、
木も綿も同じだなぁって思いながら聞いていたのが、2016年夏の記憶。


d0154362_1733741.jpg

業務用ミシンや、業務用アイロンを入れ、
小さなミニ縫製工場を動かす前に、
地元の神社様に来てもらい、安全祈願を。

これがすごく、気が引き締まると同時に、嬉しくて。


自社でより一層の生産管理をする商品が出来るとともに、
新商品のサンプルアップにもすぐ対応出来る。

これまでは世話になっている縫製工場さんにお願いしてサンプルを作ってもらっていたので、
どうしても時間がかかるし、
ちょっとまたここを直す、ちょっとこうしてみる、という度に、
時間がかかっていたのですが、

この冬はこの工程が自社ですることによって、
スピードと、細やかな対応がグッとアップしたのを実感しています。

d0154362_17185616.jpg


新たに借りた3階は、おうち感、満載。

広いベランダがあるので、春に庄原の「綿ツアー」で貰って来た和綿の種を植えました。

d0154362_17212154.jpg



d0154362_17202848.jpg


日当りがいいので、どんどん育ち、夏には次々と花を咲かせ。

水やりしかしない、放置っぷりでしたが、
ここまですくすくと育ってくれるなんて!と変なところに感動して。

d0154362_172626100.jpg


綿が次々と弾ける秋。

綿ツアーに参加出来ないスタッフ達に「綿を摘む」という体験がてら(というほど大げさじゃないけど)、摘み取ってもらいました。

「うわぁ」とか「ほえー」とか言いながら摘む姿を後ろから眺めるのが、
私の楽しみ(変態)。

d0154362_17461844.jpg


8人が定例のミーティングをしたりする大きなテーブルは、
私の実家で以前使っていたものを運び込み。

おうち感のある事務所に、ますます実家感が加わり、
パソコンの乗った机や資料や、
昭和の事務所な感じですが、
まあこれもマアルらしいかなと思っています。


このテーブルセットは、巨大なお揃いのキャビネット(まだ実家にある)と共に、
宮古島の祖父が私が高校に入るときに、
実家が大阪でマンションを買ったお祝いに贈ってくれたもので、ざっくり30年前のもの。

その後、父がまた東京に転勤になり、共に東京へ渡り、
定年後、九州へ行き、
祖母の家に預けられたテーブルセット。

まさか巡り巡って、
広島で、直美の事務所で使われることになるなんて誰も(当たり前だけど)想像もしなかったことでしょう。

ぜったい祖父は笑ってるだろうなと思います。

d0154362_1736166.jpg


12月。
収穫した綿の一部は人に差し上げるほど、ベランダ@marruでは沢山綿が採れました。

来年はもっとちゃんと摘芯とか、
お手入れをして、綿栽培をしようなんて思っています。


そして2階のミニ縫製工場では、既に来年に新登場するパンツの縫製も着々と準備中です。



こうしてまとめて書くと、
なんだか、
ちゃんと進んでいますね、マアル。

日々が夢中で過ぎていき、
その場その場で右往左往することもありますが、

やっぱり今年も実り多き1年でございました。



来年も、まずは一同健康で。

朗らかに、かつ真面目に、進んで参ります!


お客様、メンバー、支えて下さっている周りの数々の方々へ、
心からの感謝が溢れて止まりません!
日々思わない日は無いけれども、改めて。ありがとうございます。



(2016年12月の新月に、この日記が書けて良かった!イエイ)

# by marrublog | 2016-12-30 17:44 | 日々 | Comments(0)
2016年 12月 28日
今年のマアル事務所 その1
先ほど、年内の発送が完了し、ふぅっと一息ついた事務所です。

冬至の「冬 雪ノ下」の発売日から、先日のクリスマスをはさんだ三連休まで、
ネットショップでは
たくさんのご注文を連日頂きました。


折しも、キュレーションサイト「キナリノ」さんでマアルの肌着を特集してくださったことも重なり、

新しいかたから、
お馴染みのお客様まで、
私たちの想像の範囲を超える量のご注文。

去年の事務所のキャパだったら対応できなかったかもしれません。

けれど、

なんだか今年は、さらにメンバーひとりひとりが、ぐっとパワーアップしていて、

あれ?もう全てのかたにお返事出来たの?
あれ?もう今日の発送分の準備出来たの?

私がいちいち驚くほどでした。


それも、決して急いで雑にしたでもなく、
いつもどおり、丁寧に、です。
(親ばかならぬ、何バカかなぁ、、でも冷静に見てますがそう思うんです)

納品書に書く、お客様ひとりひとりへのメッセージ、私の字だけが
いつも以上にへにょへにょだった。。。。という情けない事実はちゃんとあるのですが(恥)。

d0154362_17572664.jpg


そろそろお手元にマアルからの宅急便、メール便が到着しているかもしれません。

封を開けたとき、

どんな気持ちで開けて下さるか、

肌着を触って、何を感じられるか、

いつも出荷メンバーはそういうことを想像しながら発送作業をしているのですが、

いかがでしたでしょうか?


ふわっと頬が緩んでくださるといいなぁ。


d0154362_18276.jpg


そういえば今年5月には、

マアル 肌とココロを愛おしむ布ナプと肌着」ネットショップが、

まさかの、全国6万店の中から
カラーミー大賞2016で優秀賞(10店舗)を頂戴するという、
びっくり仰天な出来事がありました。

→その頃のブログ「カラーミー大賞授賞式に
d0154362_18271553.jpg


いろいろな審査項目があったそうですが、
まずは第2次審査の際、期間中毎日ポチっ、ポチッと投票にご協力下さっていた
たくさんのお客様の御蔭あってのことです。

あの期間中、

私たちは全く実感が無くって(それは受賞会場へ行っても実感が無かったのですが^^;)
でも投票数が毎日確実に増えているその「雰囲気」が
すごく興奮して楽しくて、

主任がどんどん熱くなっていって(笑)、、、

いい想い出です。


ただただ、2010年12月にネットショップをオープンしてから
出来る範囲のことをコツコツ続けてきただけなのに、
こうして受賞会場に主任と二人呼んでもらって、
ご馳走を頂いて、
テレビで見たことのあるアナウンサーの人が司会で。


その後も、私がネットショップを立ち上げる際に指導してもらった
広島市営のアキハバラ塾という塾のみなさんからも
受賞パーティまでしてもらったり、


本当に、棚からぼた餅のような、ご褒美を頂いた気持ちでした。


d0154362_19102627.jpg

(この写真がもう、どうしてくれようと唸るほど、本当に好きです)

地味にではありますが、
毎年マアルのネットショップも何かしらの工夫と改良を重ねていて、

今年は
レビュー機能を導入してみたり、
地域別の臨時版メルマガを(出店するときに)出してお知らせしてみたり、

商品説明を随時見直して更新してみたり、、

でも、まだまだ、出来ること、やれることは山ほど有ることを実感しています。


来年2月には、新たな便利機能を導入する予定ですので、
これも地味な改良ですが、便利!って思う人はいっぱいいらっしゃるはず。


せっかく想いのいっぱい詰まった肌着を作っても、

求める人の目に届かなかったり、
説明が不足して必要な人の手に渡らないのは残念だから、

来年も、これからも実店舗同様いっぱい努力を重ねます!


まだ事務所のことについて、いっぱいお伝えしたい。

いや、
店のことも、
製作のことも、、

振り返り出したら止まらないので、
とりあえず「その1」にしてみます。


まだまだ今年中にしておく私の仕事は山盛りで、
パソコンと共に帰省しますが(恒例)、

事務所は今日が仕事納め。

明日から1月3日まで冬期休暇を頂きます。
(白島店は明日まで営業しています)


この間も、便利なことにネットショップは365日24時間営業しておりますので(笑)
ご注文は随時受け付けます!

ご対応が1月4日の年始営業日以降となりますが、ご了承下さいませ。


この12月で7年目に入った、
マアルのネットショップ「肌とココロを愛おしむ布ナプと肌着」をどうぞよろしくお願いいたします。

# by marrublog | 2016-12-28 18:59 | 日々 | Comments(0)