2017年 02月 09日
オランダ日記2
案の定、「日記」なんてタイトルにまでつけたというのに、
今日帰国するまで更新出来ず。

そんな予感がしていたのだが、やっぱりそうなりました(笑)。

それでも書き残しておこうと思います。

前回の日記1、ではいよいよ明日から開催!というところまで。

d0154362_18434825.jpg

私たち「さしものかぐたかはし+マアル」が使わせてもらったのは、Room422。

そもそもこの「モノジャパン」は、ロイドホテルの1つ星から5つ星までの部屋を事前にセレクトし、
その部屋全体でブランド・コンセプト・プロダクツを表現するというもの。

空間デザインを担当して頂いたcoto.tocoの矢吹さんを中心に、悩みながら何度も相談し決めたのだが、
もうここしかない!というくらい私たちにピッタリでした。

普段は会議室として使われているというこの広い部屋。

d0154362_18555221.jpg

大きな壁面にはプロジェクターでさしものかぐたかはしとマアルの画像を流しました。


初日2/2はバイヤーやマスコミ限定のオープン日。

2名の通訳さんが期間中ずっと手伝って下さいましたが、
それでも接客中に他の方々のご来場も重なる事も多く、

勇気を出してハローと声をかけると必ず皆様笑顔でHi!とか、ハローとか答えて下さるのに、

続く言葉が英語がなかなか出てこなくって、
もどかしくてもどかしくて。

初日は時間が経つのが遅く、夕方にはぐったりでした。

d0154362_20444262.jpg

夜はオープニングパーティ。
来賓の方々が鏡割りを。

ワイン片手に、この空間に居ること自体が、まだ狐につままれたような、フワフワしたような、、

思ったのは、宮崎のキクちゃん(祖母97歳→親族から訂正が入った!キクちゃん93歳でした、ゴメン!)がコレみたら腰抜かすだろな(笑)なんてこと。


d0154362_2054562.jpg


次々と話しかけて下さるのもありがたく、あっという間に19時になり。

急いでブースに戻り、パーティ後に回ってくる方々へ商品説明など。

夜9時過ぎ、最後のお客様を見送るとクタクタでしたが、
また下のレストランにおり夕食。


部屋に戻り、セッティングしたものを壁に寄せ、エキストラベッドを運び込んでもらって。

そう、出展者のほとんどが、展示部屋に寝泊まり。

私たちが借りた422は普段会議室なのでベッドが無い為、
毎晩エキストラベッドを運び込み、朝は運び出してもらうという作業が必要なのでした。

ロイドホテルのスタッフさん達もさぞや大変だったと思います。
いつも笑顔で、ありがたかったです。


で、この日はこれで終わりではなく、

私はここから2月4日発売の久留米絣のブログを書くという、、、
時差が半日以上あるので、2月3日の夜に作業をすると、その時点では日本は4日の朝になっている、
つまり、
MONO JAPAN初日の2月2日夜には作業をしておかないといけないのだという
驚愕の事実に気づいたのはオランダに着いてから。

d0154362_2165550.jpg

久留米絣の紹介コーナー。kimonoに使われていたテキスタイルをオーガニックコットンで織って実現した、と説明すると皆様、Fantastic!と仰っていました)


昨年から温めてきたこの久留米絣なので、
オランダのことも大事だけど、どうにかこの良さを伝えられるようにと、
いやぁ、、本当に、、頑張りました(笑)。

4日の立春、日本で発売となり、白島店でもとてもお客様の反応が良かったとラインで連絡が入ったりして、
ほっとしました。
この久留米絣のパンツ、本当に皆様に手にして頂きたい。
空気をはらんだ織り、ってこういうことかと驚かれるはず。
これは限定商品じゃないので、ゆっくり、時間をかけて広げて行くつもりです。


2月3日から5日までは一般来場。

今年から入場料金を払って来場出来ると言うシステムなので、
来場されるかたは「お金を払ってでもモノ・ジャパンで日本のプロダクトを目にしたい、手にしたい」方々ばかり。

皆さんじっくりじっくり部屋をみて回り、質問もかなり具体的です。
クラフト、に関心が高いということが見てとれました。

日本から、ヨーロッパ近隣の国々からお越しのお客様がお多いのも驚きでした。

デザイナー、学者、建築家、音楽家、お客様のお仕事も多岐に渡り、
たくさんの刺激をご来場の方々から様々なお話を通して得ることができました。


d0154362_2152934.jpg

日記3に続く

# by marrublog | 2017-02-09 21:09 | 日々 | Comments(0)
2017年 02月 03日
2月4日立春に「久留米絣」のパンツが発売されます。
立春2月4日に新しいプロジェクトが生まれます!

旧暦新年号のメルマガでだけ、こっそりとお伝えしておりましたが、
いよいよ2月4日立春発売のマアルの新たな取り組み、公開致します。
d0154362_81966.jpg


昨年の夏から動いていました。

勿体付けずに言うと、
オーガニックコットンで、久留米絣を織ってもらいました。

久留米絣って、「ああ、着物のね」もっと詳しい人は、「ああ、丈夫な日常の着物としても使えるあれ」
「分厚くなかったっけ?」そういったイメージがあるかと思います。

今回のことで何が嬉しいかというと、

日本の伝統工芸がこんなにも身近に毎日のように身につけられるものであるという発見、
そして、こんなにも、こんなにも、(何度でも繰り返したい)
柔らかいんだぁーーー!!!
そして
暖かいんだぁー!!!
という驚き。

先行発売となった本日、オランダでの出展先MONOJAPANでこのテキスタイルとパンツを持って行きました。

みなさん気持ちよくて、何度もこのパンツを触っていらっしゃいました。


d0154362_822633.jpg


30以上もある工程は、実際に工場で眺めていても、
たくさんの資料を読んでも
複雑すぎて、まだまだ理解出来ていません。

でも、これほどまでに手をかけて作り上げる模様を
身につけられる贅沢。

そして、今回もガツンと思ったのは、
いつも何度も皆さんにお伝えしている日本の縫製工場の現状と同じく、
絣の工房だって、利用者がいないと消えてしまう。。ということ。

けれど、「残す」ために「買う・使う」というのはなんだか違うと思っていて、
(そういう富豪の恩恵で世の中芸術が残されて来たという側面もあるのだけど、、、それはちょっと横においておいて)

「気持いいから、好きだから、使い続けたいから買う!!」という動機があってこそ、
商業も技術も生き残れるのではと思います。

なので、オーガニックコットンの糸を選び、
特別に織ってもらったこの久留米絣の生地で
サンプルのパンツを履くまでは
正直不安がいっぱいでした。


d0154362_8235115.jpg


そして何度も履いた今。

先に書いた感動の感想、となったわけです。

胸を張ってみなさまにお薦め出来る織りができました。
この素晴らしい織りを微力でもみなさまにお伝えし、
身につけていただいて、文字通り「身近に」感じて頂きたい!!

そう思っています。

日本人ってすごいなぁ。

久留米絣のパンツを履く度にそう思います。



今、出来る限り分かりやすく工程を説明した店頭用の冊子や、ホームページ、ippoを作りました。


特設ホームページは公開をしております。
ぜひご覧下さい。


まずは、満月パンツと太陽パンツでお目見えします。



2月4日立春の発売から2月末までのあいだ、
ちょうどバレンタインもありますので、
『太陽パンツ久留米絣』は、ネットショップ会員様は10%オフに致します。

どうぞ「久留米絣」のパンツ達、お楽しみに!!!

# by marrublog | 2017-02-03 08:25 | マアルオリジナル肌着 | Comments(0)
2017年 02月 02日
オランダ日記1
1月30日に出発して、今日で3日め。
明日からいよいよMONO JAPAN開幕。
長時間の設営もどうにか一応カタチになった感じで、あとは明朝、微調整をしてオープンです。


初日の11時間半の飛行機の中で、
「そうだ、書きなぐりでいいから日記をつけておこう」と思い立ち、
すごい長文を打った(ほとんど徹夜で出発したので今思えば変なテンション)のだけれど、
3日経って、
ここにコピペするのはとても恥ずかしく、、

やっぱり何でもフレッシュなうちに出すものは出しておかないと、
変に酸化して煮ても焼いても食えないものになるのだなと思った。


なので3日分は、インスタにアップしている写真に何枚か加えてサラッと記録しておこうと思う。


d0154362_6511671.jpg

朝の6時発の新幹線に乗り、関空へ。
私は1時間程寝て来たが、残る2人は貫徹でやってきた。
広島駅に寝過ごさず集合できた時点で60%成功した気分。
新大阪ですんなりと特急はるかに乗れた時点で80%成功
関空で両替もチェックイン出来た時点でもう皆、終わった,感があるほど。
これからなんだけど。。

d0154362_652369.jpg

KLMという航空会社。飛行機の設備がとてもよかった。
11時間半のフライト。何度画面を見ても進まない。
パソコンで仕事をしたら頭が冴えてしまって私は眠れなかったが、貫徹のふたりはグーグー。


d0154362_6534332.jpg

オランダの首都アムステルダムにある「スキポール空港」。
人は少なめ。
列車にのり、さらにトラムという路面電車みたいなものにのり、会場のロイドホテルに付いたのは夕方。この時点で日本時間では深夜。時差8時間。8時間分、プラスされて、すごく長い1日になった。

----------------------------------
1月31日

d0154362_6541626.jpg

ロイドホテルの朝食は凄い。
パンも、ライサワー種系、レーズン酵母系、いろいろとにかく美味しい。
中でもサーモンがものすごく美味しくて気に入った。


d0154362_65541.jpg

写真が横になっちゃったけど直す余力が無いのでこのまま。
翌日は船便が14時到着とのことで、朝から設営に必要なものを買い出しに。
バスに乗ってホームセンターへ。
KEKKAIというさしものかぐの作品に入れる多肉植物を購入。
包むのは、自称「梱包隊長」矢吹さん。
昔、某有名ショップで発送業務を担当していたらしく、梱包にはこだわりがあるそうだ(笑)。
「オランダで包むなんてー」と嬉々としている姿。

d0154362_6554662.jpg


オランダは運河だらけ。
そして電線がない。
そして自転車道路が確立していて、ちょっとふらりと自転車道を歩こうものなら、
チリンチリンとかなり鳴らされる。でも人は穏やかなので、
睨む、とか、そう言うことは無い。感じ。

d0154362_655268.jpg

たまたま入ったレストランも、すこぶる美味しかった。
葉っぱものが甘くて岩塩だけでいくらでも食べられる。
スーパーに入ってもBIOのものが沢山。
簡単に手に入る。

d0154362_7301167.jpg

いろいろ買い出しを済ませホテルに戻ると、入り口に「ロロ段ボール」が!!
さしものかぐたかはしのロロスツールが入った箱。の、中に
マアルのパンツもいっぱい入っている。
激寒の12月頭に、オランダに向け発送した段ボール達が、えっちらおっちらと船便で届いたことに大感動。


d0154362_7332719.jpg

これを(ここに写っている以外にもある)開けるだけで日が暮れた。
「よーし」とか、「よっしゃ」とか、誰とも無く呟いてテンションを保つ。
矢吹さんが可愛いくて面白い。

ついつい日本時間の時計を見て「ああ、もう夜中の3時〜」とか叫ぶ。
私以外の二人は見事に時差ぼけの様子。
私は飛行機で寝なかったのが功を奏し、すんなりオランダ時間。
マアルの事務所からじゃんじゃんラインが入るのが、
インターネットはどこまでも繋がってるんだな。、と今さらながら実感。

インスタグラムでモノジャパンの紹介をしているという
凄い人数(何万人)というフォロワーがいる、というカメラマンさんが
ブースを回って来て、
たった1投稿なのにすごい時間をかけて撮影を。
そしてインタビューを受ける。
なんだかビックリする様な経験が次々ここである。


夕食のあと、日本からのメールに返信したり、
もうすぐお披露目の新作のカートの準備をひたすらする。
我ながら本当によく働いている(笑)。

-------------------------
2月1日

d0154362_741776.jpg

ひたすら設営。
これは私たちが出展するRoom422の前の廊下。
さすが歴史的建物ロイドホテル。廊下だけでも感動する。


d0154362_7493927.jpg

昼間、明日からお世話になる通訳さんお二人とランチミーティング。
二人とも日本人だが、1人はドイツで働いていて、
もう1人はオランダで起業されている20代と30代。

オランダで、たくさんの日本女性が働いている姿を見た。
男女差別も無く、働きやすいのだと主催の中條さんが仰っていた。
MONO JAPANスタッフのかたがたもここオランダで働く女性ばかり。
皆、テキパキしていて、気もちいい方々。



尻切れとんぼみたいな終わりかただが、
まぶたが限界。

もう日本は朝8時すぎ。こちらは夜中の0時を過ぎました。

明日に備えて休むとするか。





オランダ日記2

オランダ日記3

# by marrublog | 2017-02-02 07:53 | 日々 | Comments(0)
2017年 01月 29日
白島店が4周年を迎えます
d0154362_142828.jpg

この写真は2013年にオープンしたての頃。


最初の1年間は「5の倍数」だけオープンするという(!)
今思うと、大変我がままな設定をさせて頂いておりました(笑)。


2月4日の立春で、マアル白島店が4周年を迎えることが出来るのも、

オープン当初からお越し下さるお客様、
そして
ちょっと判りにくい場所ですが、探して訪ねて来て下さるお客様の御蔭です。

みなさま、本当にありがとうございます。


2月2日からの1週間、今年もアンプドゥルポさんに周年記念クッキーを作って頂き、
期間中お買い物をして下さった先着50名のかたがたにプレゼント致します。


ぜひお立ち寄りくださいませ。


今、マアルのお店は店長をはじめとして3人のメンバーが
皆様をお出迎えしています。


店内も、オープンの頃よりずっと商品も増え、
季節ごとの工夫を凝らしていますので、
楽しんでいただけたらと思います。

実はネットショップには出していない、「白島店限定」の商品もあったり。


お店のメンバーが交代で、
ブログFacebookを更新してお店の情報をお伝えしていますので、

ぜひぜひこちらもチェックして頂けると嬉しいです。


d0154362_1545581.jpg

この看板も、今は飴色に育ち、
先日も2度目のメンテナンスをしてもらったところです。



最近この白島界隈は、どんどんお店が増えております。


d0154362_15135690.jpg

昨年10月中旬には、minetteさんが白島に戻って来て下さいました!
大人が使って満足出来る文房具や雑貨、そして私も大好きで時々着ているsisisiの洋服等、
いろいろあります。
紙ものも充実しているので、見ているだけで小鼻が膨らみます。
店主のminetteさんの会話も楽しく(マアルのネットショップを立ち上げる前からの、アキハバラ塾先輩なんです)いつもガハハと笑ってあっという間に時間が過ぎます。



d0154362_15184723.jpg

(雲間さんから写真拝借致しました)
そして、「雲間」さん。

店主の温泉茶さんの淹れて下さるお茶が好き過ぎて、
プライベートでは(実はこう見えて人見知りな私も)何度か足を運ばせて頂いていたので、
このお店のオープンのお知らせを聞いたとき、思わず喜びの声が漏れました。

先日お邪魔して来ましたが、もう入り口に立った時点で
茶の香りと家元の御顔にリラックスしてしまい、
写真は撮り忘れるわ、時間も忘れるわで、
予想通りでした(笑)。





新幹線の停まるJR広島駅から山陽本線で1駅目JR「新白島駅」が出来たのが一昨年。

マアルの店が出来た頃には予想もしていなかったラッキーな展開で、
増々交通の便もよくなりました。

住宅街だし、駐車場の用意が無くて申し訳ないのですが、
先述のJR「新白島駅」に加え、
アストラムの白島駅・新白島駅 いずれの駅からも徒歩3〜4分圏内です。

さらに路面電車の白島駅からも徒歩13分程度。


ぜひ、公共機関で白島の街にお越しいただき、てくてくお散歩してくださると、
まだまだご紹介しきれませんが、たくさんいいお店があります。


街と一緒に、
お客様と共に
育って行く店、というのがいいなぁと思っています。


これからもマアル白島店をどうぞよろしくお願いします。


< マアル白島店 >
広島市中区白島北町10−23
電 話/082-225-6740(店舗直通 営業日のみ)
営業時間/10:00~17:00
定休日/水曜
駐車場はございませんので、お車でお越しのかたは必ず近隣のコインパーキングへお停め下さい。
店の前での駐停車は、近隣の方々のご迷惑となるため、おやめ下さるようお願い致します。

# by marrublog | 2017-01-29 15:46 | マアル実店舗 | Comments(0)
2017年 01月 24日
海外への第1歩
タイトルがなんだか大げさな気もしていますが、
今年の初トライ。

海外の方々へ、マアルの肌着をご紹介してみようと思います。


実は数年前から、頭の中ではぼやっとイメージをしていました。

が、

考えているだけでは動いていないのと同じこと。

けれども、英語が出来るわけでもないし、海外出展経験者が会社にいるわけでもないし、

大きな展示会なんて日本でも出たことないし、
そもそも大展示会って、あまり興味も無いし。。。


マアルの、この日本古来の下着ふんどしを現代版にアレンジしたショーツが
海外のかたにどのように映るのか、
海外の人も、足が浮腫んだり、肌が弱い人だっているんだろうから、
気に入ってもらえるんじゃなかろうか?
必要とする人がいるんじゃないか?


まずは反応が知りたい!でもどうやって?


心惹かれるきっかけを待っている状態、でした。


昨年。

白島店の什器から事務所のテーブルから自宅の家具までお世話になっている
さしものかぐたかはし」さんから
この度出展することになった「MONOJAPAN」のご紹介があり、

「おお、興味あるある」と答えたところ
オランダからMONOJAPAN主催の中條さん自らマアルの店にお越し下さり。


MONOJAPANという展示会が
マアルにとってこれ以上ない「はじめの第一歩」だと感じました。




d0154362_21434162.jpg

2016年6月。長崎の出島で開催された説明会。
ここでお話を聞かせてもらった時点で、心は出島から出港しました(笑)。


d0154362_22271221.jpg


MONOJAPAN2017は、
日本のクラフトやデザインプロダクトに特化した展示・即売会。
アムステルダムの、歴史的建造物である「ロイドホテル&カルチュラルエンバシー」で開催されます。
1つ星から5つ星まであるいろんな客室の中の1室を、各出店者が借りて、
室内全体でそのブランドコンセプトを体現する、というもの。

じっくりと、来場者と紹介も、会話も、意見交換も、ワークショップも出来る。
(通訳さんも居ます、ご安心を:笑)

ホームページをご覧頂けたら、
わたしがどうして惹かれたのか、よく判って頂けると思います。



今回マアルは、

さしものかぐたかはし+マアル

展示作品:テーマは「木肌・肌心地」。肌に触れると、身も心もリラックス出来る心地よさを追 求してきた私たちのものづくりの成果を皆様にお伝えします。


として、家具と肌着を融合させ、展示します。


私たちのブース展示をデザインし、ナビゲートしてくれるのは、
春夏秋冬シリーズのパッケージデザイン等でお世話になっている、
coto.toco.の矢吹菜美さん。


3人で、何度もミーティングから船便発送、航空便発送と準備をずっと続けて来ました。


d0154362_22402330.jpg

出来たてほやほや、さしものかぐたかはし製作のpantree.
マアルの肌着をディスプレイする為に作った贅沢な什器。


寝ても笑ってもあと1週間を切り、
他の仕事も山ほどある中ですが、「いよいよ!」感が背中をぐいぐいと押して来ています。


実はこの会期中、オランダ先行発売する新商品があり、
これがなんといっても凄いので、
(みなさま、どうぞどうぞお楽しみに!日本では2月4日の立春に発売致します)
その準備も同時進行中。


昨日は、マアルのHPに、英語バージョンの頁が完成しましたし、


昨日から、私のインスタでもタグをつけてご紹介を始めています。

しかも、私、何を考えたか昨日「monojapanまでは英語でも呟いてみよう」なんて書いたもんだから、
まだ2日めですが、たった数センテンスの文章を書くのにヒーヒー言ってます。

ヒーヒー言いながら楽しんでいる自分も居ます。


珍道中間違いなしの、
このチーム、よかったら会期中も出来るだけ投稿してみようと言っているので、
インスタで #sasimonokagutakahashi_marru というタグをクリックしてもらえたら
嬉しいです。



マアルの定番商品に加え、

昨年の立春に発売した、オーガニックコットンに型染めを施した「春を待つ」満月パンツと、
今年の立春に発売予定の、オーガニックコットンをある、伝統工芸で作ったパンツ達を持って

締めつけない心地よさ、
素材の良さ、
日本の伝統工芸のテキスタイルと肌着の融合を

海外の方々に、ご紹介して参ります。





今、まさにマアルの事務所は年の瀬感がすごく、
整えたい気持ちが高まっていて、
荷物だけじゃなく、働き方、データー、いろんなことを「整えて」いく作業中。

そして、すっきりしたところで週末は旧暦の新年を迎えます。


そして、オランダへ。



みなさま、わくわくにお付き合い頂けたら嬉しいです!

# by marrublog | 2017-01-24 23:08 | お知らせ | Comments(0)