2010年 10月 25日
いのち〜性教育と、ピアノの奏でる音と
布ナプを広める仕事をしているせいか、
よくお客様から「性教育」はどうしていますか?
って聞かれます。

大葉ナナコ著 「いのちはどこからくるの」
この本がワタシの性教育のバイブルだったりします。

商業的な「性」に触れて、
「やー、エッチ〜!そんな話せんとって〜」なんて切り返しが来る前に、

いのちを育むカラダ、命の神秘、大切に大切に伝えたいな。

女性には「生理」があって、それはとっても大事だよっていうのも、
折にふれ話しています。

当たり前の生活の中に、大切な性があると思うから。

d0154362_21495615.jpg

よく聞く話ですが、「私に生理があるってこと、うちの子たち知らないかも」っていうお母さん方。
「今更、どんな風に性教育したらいいんだか?」って悩んでるお母さん達。

出産してる、していないに関わらずとも、「いのち」に向き合っている人たち。

お勧めします。

重松壮一郎さんのピアノの音色と、姫宮助産師さんの「いのちのお話」。


マアルなお、個人的にスタッフしております。
チケットも預かっていますので、欲しい方はお声をかけて下さいね。

下記貼付け
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とき:2010. 10 .31(日)

ところ:太光寺 和氣殿ホールにて
    広島市西区田方1-551-1
    http://taikouji.jp/


●昼:姫宮万寿子×重松壮一郎

   いのちのお話とミニライブ
      ~ことばと音で紡いでゆく かけがえのない時間~

広島で大人気の姫宮さんのいのちのお話に、
sosoさん(ピアノ、メロディカ)が、即興でいのちの音を重ねます。

皆で想いをシェアした後は、 sosoさんのミニライブ!

すべてのいのちに向けられた深く優しいことばと音が、
まるでゆりかごのように、私たちをつつみこんでくれるでしょう。

    10/31(日) 開場12:30 開演13:00~

料金 大人: 1000円
小中高: 500円
幼児: 無料





●夕:重松壮一郎ピアノソロ、キャンドルナイトコンサート

~いのちの音があふれだす~


美しく空の色がうつろう夕ざりの時間。
温かく、優しくゆれるキャンドルの灯火。
その風景に溶け込んでゆく いのちの音。

生きとし生けるもの すべてと交感、共鳴する
この瞬間だけの重松壮一郎の世界を
全身で感じてください。


◇注意:お天気がよければ、野外コンサートになるかも!
敷物、防寒着をお持ちください。


10/31(日) 開場 16:00 開演 16:30~

料金 大人*1 2000円
中高生 1000円
小学生*2 500円

◇注意
*1:昼の部から参加の大人は1500円になります。
*2:音楽を静かに楽しめるお子様はどうぞおいでください。


■問い合わせ、申込み■

●安藤(もものいえ)
090-6652-5384
chiekoro5656@gmail.com
●下岡 090-5691-1805


# by marrublog | 2010-10-25 21:53 | 日々 | Comments(0)
2010年 10月 24日
田舎の古民家でもあたたか
d0154362_13453012.jpg
昨日は、広島県山間部の戸河内(とごうち)にある古民家で、ワタクシ=なお、と娘二人、
「囲炉裏でおでんパーティー」なるものに参加してきました。

広島市内、日中は暖かい日でしたが、戸河内の古民家は冷えるだろうな〜と、
この秋、購入しておいた竹布の八分袖インナーを初めて着てみました。

ぴったりと吸い付くようなシルエットなので、重ね着するのにもモコモコしないでいい感じ♡
昨日は、その八分袖インナーの上に、
無印○品のオーガニックコットンのタートルネック、そしてボーダーのTシャツ。
d0154362_140524.jpg

めちゃくちゃ暖かかったっていうか、暑かった(汗)。

囲炉裏を囲んでの夜、外の扉も開け放していましたが、冷え性のワタシも全然大丈夫でした。

そういえば、先日の箸作りワークの際、めぐも竹布シャツ着てまして、
「暑い暑い」ってふーふー言ってました。


汗を素早く吸い取り、放出する、夏に大活躍の竹布でしたが、
これからの時期は「遠赤外線効果」が高いことも注目!

乾燥した肌に優しく、そして自然と暖まる竹布。

冬場の、あの「びりっ」とする静電気も綿に比べると12分の1の少なさ!

竹布、正直お値段高めかもしれませんが、
肌へのストレスが本当になくて楽だし、長持ちするし、
こんなに温かなら、暖房費も節約出来るし、結局お買い得なんじゃないかと思っています。

あと2〜3枚買い足そうっと♡



TAKEFU八分袖インナー 
色:ナチュラルモカブラウン、ブラック
サイズ:S、M、L
5040yen

1枚ならメール便80円で送れます。
お求め、お問い合わせはマアル info@marru.net まで。



おまけ
d0154362_14115626.jpg
古民家の土間には、テコの原理を使った「もちつき」の道具が。
脱穀にも使われていたそうです。
電気を使わなくても工夫で乗り切ってた昔の道具の数々。感動します。
年末はここでお餅つきを計画してくれるらしく、めちゃくちゃ楽しみです!

# by marrublog | 2010-10-24 14:13 | TAKEFU竹布 | Comments(0)
2010年 10月 20日
自作の箸で食べるイタリアンは最高だ
marruと「マアルク繋がった」素敵な人々を講師にお招きして、
日々の生活にちょっと栄養を与えよう、
「ワタシ」の肥やし=coyashi、になるような何かを教えてもらおう!という coyashi 企画。

横川のイタリアンレストラン「ラ・コッチネッラ」にて、M.SAITo.Wood.WoRKSのM.Saito氏にご指導頂き、マイ箸を作り、
その出来立てほやほやのお箸で、広島の野菜を豊富に使ったイタリアンランチを食べる
という、2度美味しい企画でした。
d0154362_21395596.jpg


大人の工作時間。
斎藤氏が選んでくれた材は、広島産の「槐=エンジュ」という木。
縁起が良いと言われ、水にも強く、引き出物とかにも使われるそうです。

大人の工作は、材料も贅沢。
皆さん夢中になって削っていました。
約2時間。
同じ木なのに、出逢った木の節や、堅さ、制作者の性格、、、いろんな要素で、
それぞれ違った表情のお箸が出来上がっていました。
d0154362_21541736.jpg

d0154362_2202128.jpg
ラコッチの大胆かつ創作的なイタリアン。
前菜に茄子のソースをかけてあったり、野菜いっぱいのイタリアンオムレツにはサツマイモが入っていたり。
ラコッチの嬉しいところは、予約の時点で伝えればアレルギー対応してくださるところ。
ワタシ=なおは、昨年から若干小麦アレルギー気味で、今日は乳製品と小麦を除去したバージョンをお客様の人と二人分作ってもらいました。
皆さんは瀬戸内の魚介を使ったパスタ、ワタシはリゾット。
オリーブオイルと塩だけのリゾットなのに、もんのすごくコクがあって、お米の触感もいい感じ。
添えたお野菜もそれぞれの旨味を焦げ目をつけたり蒸してあったりして、
シェフのこだわりを感じます。
d0154362_22314366.jpg

デザートには、斎藤氏の器も登場。
サクラの木:漆黒仕上げのお皿にデザートが映えます。
デザート、先日のTreeマーケットでラコッチは「焼き林檎のアイス」を出店し、かなりその虜になったお客様も多かったのですが、それほどラコッチのデザートは定評が。
今日は、豆乳を使ったパンナコッタ、ヴァローナのチョコレートをふんだんに使ったアイス。
これが本気で美味しかった!
乳製品なしのデザートプレート、皆さんも同じものを。
でも、「何か除去している」感がなく、あえてこれがベストに美味しいからこうしたんだ!的なところが感動でした。
お客様たちも、斎藤さんを囲んで、木の話から食の話、お客様同士の交流、
おいしいものを前に、話が弾んでいました。

d0154362_22423930.jpg

「お箸」
ただの道具のひとつではあるけれど、
こうして、自分の住んでいる近くで採れた木を使い、
素敵なモノを作り出すプロに教えてもらい、
自分の手で削り上げたら、、、

そんなお箸で囲む食卓が、温かくない筈は無い。

そんなお箸を大切にする生活なら、
きっとマアルイ気持で暮らせることでしょう。

ああ美味しかった。
ああ幸せ。

モノを作る人=斎藤氏の手にほれぼれしながら、そう思っていたのでした。


ご一緒して下さった皆様、
斎藤さん、
ラコッチネッラさん、
Ust中継してくださったPETAーDeginさん、
ありがとうございました。


# by marrublog | 2010-10-20 22:55 | coyashi | Comments(2)
2010年 10月 18日
太光寺に虹がかかった
不思議な時間でした。

今日、出店していた、「シューマッシュ族の伝説」。
ネイティブアメリカン、シューマッシュ族の長老の講演が、西区の太光寺で行われたのですが、

それが終わり、出店者たちもそろそろ片付け、、と思ったら

瀬戸内海を望む庭のほうから「虹が出たよ!」の声が。
d0154362_222331.jpg




雨が降った訳でもないのに、夕焼け、沈みかけたお日様の上の方に、虹が出たのです。

不思議。

でも、ここは太光寺。そして、それまでの講演会で感じたタタチョ氏の存在。

虹が出ても、不思議じゃないかも。って、思ったのは私だけじゃなかったみたいでした。
d0154362_2226296.jpg


彼も外に出て来て、祈りを捧げていました。


オープニングの壱太郎の太鼓も、素晴らしかった。
お腹の底まで突き破られるような、なにか揺さぶられるような鼓動、でした。



いい時間を過ごさせてもらえました。
主催のchie姉、スタッフの皆様、優しい目で見つめて手を包んで下さった長老タタチョ氏、、、
ご一緒させて頂いた皆様、ありがとうございました。


追伸:お陰さまで、また満月パンツ、完売、、予約待ちとなりました。
お待ちのお客様、出来次第ご連絡させていただきます。

# by marrublog | 2010-10-18 22:33 | 日々 | Comments(2)
2010年 10月 17日
「地の木で箸作り&地の野菜でイタリアン」ワークショップ
Treeマーケットでも憧れのまなざしを受けている、木の器&木と鉄の家具職人、M.SAITo.Wood.WoRKSのsaitoさん。

彼のナビゲートで、箸作りをし、出来立てのマイ箸で美味しい野菜たっぷりのイタリアンランチを。

イタリアンは、野菜をたっぷり使った独創的なお料理で大人気の横川の「ラ・コッチネッラ」。


d0154362_12563957.jpg


画像は斎藤氏の木の器、上に恥ずかしげに乗っているのは、ワタクシが前回作ったお箸です。
細めに仕上げてあり、おのずと背筋が伸びる、使い易いお箸です。

第1回目に参加されたお客様の満足度が相当高く、
このたび2回目の企画となりました。

当日、斎藤さんの木の器も販売します。
また、マアルの布なぷ達や竹布の下着等も販売しますよ。


まだ空席あります、ぜひぜひお申し込みを。

マアルクツナガロウcoyashi vol.4  「地の木で箸作り、地の野菜でイタリアン」

2010年10月20日wed 受付9:45〜 
            ワークショップ開始10:00〜
            解散2:30前後
会費 3950円

会場 ラ・コッチネッラ 広島市西区三篠町1丁目11-26 三篠神社横
               (JR横川駅徒歩5分) 
           駐車場が有りませんので
           近くのコインパーキングもしくは公共交通機関をご利用下さい。

大変申し訳ありませんが、刃物を使いますので、お子様連れのお客様は今回ご遠慮させて頂きます。
定員20名になり次第閉め切らせて頂きます。
申し込みは、info@marru.netへ。

ランチは、アレルギー対応しますので申し込み時にお申し出下さい。
marruからの返信をもちまして、受付完了とさせていただきます。

# by marrublog | 2010-10-17 13:02 | coyashi | Comments(0)