2017年 06月 25日
6月もあと1週間
ないのですね、今週のうちに7月に入るのですね。。


一昨日、夏涼み発売のことをブログに書いたあと、
読み返してびっくり。

6月はこのブログしか書いていなかったのかと。


最近は、
個人のインスタグラムを日記代わりのように使っています。


まだまだ投稿数少なめですが、マアルの公式インスタグラムもスタートしているので、
ぜひこちらもよろしければご覧ください↓





先週の夏涼み発売から、
7月1日には価格改定もあり(メルマガやFacebookなどでご案内しております、まだのかたはぜひお読みください
その翌週には春夏秋冬の夏の発売、
さらに7月後半には久留米絣第2弾。

これまで黙々と準備していたことたちが一気に公になる時期です。


定番商品達も着々と縫いあがり、お客様のもとへ。


やることはいくらでもある毎日に乾杯!という日々(笑)。


d0154362_22073605.jpg


昨日の夏涼み発売時、
わたしは子どもの運動会(中学だから体育祭というらしいが、ついつい運動会と言ってしまう)。
生活部部長として、生活部員さんが来場者の自転車整備をしてもらう受付というかつまり雑用いろいろ。
曇り空に油断して、素晴らしく日焼けしておりました。

これはこれで、いろんな準備をしてきたハイライトだったので、終わってほっと一息。


今日はやっとやっと、日曜日らしい日曜日。
ゆっくりできました。

1週間分の新聞を読みながらの新茶が美味しいこと美味しいこと。


さあ、明日からの1週間も盛りたくさん。

新しいカタログも出来上がってくる予定です。楽しみです!
















# by marrublog | 2017-06-25 22:35 | 日々 | Comments(0)
2017年 06月 23日
明日は夏涼みの発売です
d0154362_2025577.jpg



昨年は、たしか6月あたまくらいに発売し、
梅雨が終わって暑さ本番になる頃にはもう完売してしまっていたという「夏涼み」。

真夏の間、

家に帰るとすぐ夏涼みに着替えて、

「ああ快適」「涼しくて最高」と思うたびに、

お求めいただけなかったお客様に申し訳ない気持ちがあったのでした。。


今年は、去年よりも生産数を増やして発売します。

夏涼みがあればクーラーの時間が減るのです。
個人的おススメは、満月パンツか新月ショーツを履いて、夏涼み。 のみ。

涼しいったらありゃしません。
ときどき、腹まき(笑)。


昭和の人はご存知の方が多いかも知れませんが、
おばちゃんたちが夏場、それこそ1枚で着ていた涼しそうな「あっぱっぱ」という、
ワンピース(とはまた違うニュアンス)をもとに作った「夏涼み」。


ちょっとノスタルジックな感じがするところも大好きです。



d0154362_2071127.jpg


特設ページも、すごくいい仕上がりです。

オーガニックコットンのダブルガーゼの優しい風合いが撮れました。


軽くて、肌着のような、ワンピース。

全部、マアルの小さな自社縫製工場で縫い上げました。



明日の10時からカートが開きます。

白島店では試着も出来ます。




明日は新月。偶然だけど、偶然じゃないような。





夏涼み  特設ページ

夏涼み  商品ページ

# by marrublog | 2017-06-23 20:16 | マアルオリジナル肌着 | Comments(0)
2017年 05月 31日
coyashi企画 竹布のおはなし会
マアルで竹布の開発者、ナファ生活研究所の相田雅彦社長にお話して頂くのは、
これが何回目になるでしょうか?
2010年、いやもう少し前かしら、、?

今年は、春からマアルは竹布のガーゼ「守り布」の正規販売代理店にもなったので、
竹布のお話会でも、ガーゼのことをお伝え下さると思います。

d0154362_15402994.png

(次女が幼稚園の頃の写真が出て来ました、竹布のタオルケットと今は廃盤ですが子どもTシャツをいつも着ていたんです。肘や背中がひどかった頃。でも可愛いなぁ。。。懐かしい)

親子でアトピーが、どうしようもないくらい悪化したとき、、、

服が、下着が肌にくっついたり、
お風呂に入って叫び声があがったり、
夜も体が熱くて眠れなかったり、

そういう時期に竹布を知って、
ふぅっと、息がつけるようになったのを昨日のことの様に思い出します。


d0154362_15345571.jpg

あの頃毎日あちこちに巻いていた「ベビーソフト」は、今も1枚有るとすごく重宝する布

社長のお話は、

気持ちが緩むというか、

まるで竹布に包まれているように、ふぅっと緩めるのです。



繊維によって、
こんなに変化があるのか、と私は竹布によって知りました。

オーガニックコットンと竹布。ときどき麻。ときどきシルク。

この繊維に包まれて過ごすことが出来て本当に幸せ。

繊維も、製造する会社のポリシーによって、
いかようにも変化します。

竹布だったら何でもいいのか、
麻だったらどれでもいいのか、
オーガニックコットンと書いてあればどれでもいいのか。

、、、違います。全く違うといってもいい。



ここ数回、私は三越の出展や、出張などと重なってお話会に参加出来ないことが続いていたのですが、
やっと久しぶりに、

参加者のひとりとして、マアルの2階に座ることができそうです。




肌が弱い人だけじゃなく、

さまざまな、さまざまな方々へ聞いて頂きたい。

抗菌力がある繊維、ってどういうことなのか。
静電気が発生しにくい、って体にどう関係してくるのか。


きっと、あ、行ってみようと思われたかた、
間違いなくご縁だと思います。


竹布のこれから、のお話しも楽しみです。


マアルの2階でお待ちしております。

-------------------------------------
以下、白島店ブログ参照 

6月のcoyashi企画は
『竹布の開発者、ナファ生活研究所の相田雅彦社長のお話会』です
マアルでのお話会は7回め
竹布の気持ちよさを知って下さっているみなさまに
ぜひ聞いていただきたい内容です

肌に触れて気持ちいい
もうそれだけで十分
だけど、相田社長のお話を聞くと
それでこんなに気持ちいいんだ~と納得で
心までほんわか暖まります

今回のマアルでのお話会は
「竹のガーゼ」のお話が中心です
辛いとき、そっと寄り添ってくれる
竹のガーゼのお話

みなさまの
お申込みをお待ちしております

【竹布のお話会】
日時:2017年6月4日(日)  
   13:00~(受付は12:45から)
場所:マアル白島店2階  
 広島市中区白島北町10-23
tel 082-225-6740

参加費:1000円(税込み1080円)
よもぎのお茶つき    

定員:15名
小さな店内ですので、
申しわけありませんがお子様はご遠慮頂いております

お申し込み:info@marru.net へ
タイトルに「竹布のお話会申し込み」とお書き添えの上
お名前、携帯番号を送信して下さい
(最近、ブロックされて返信が届かない事があります
お申込みの際に恐れ入りますがinfo@marru.netからの返信を
受け取れる設定になっているか確認のほどお願いいたします) 

お申し込みは先着順です
メールを頂きました全ての方に、近日中にご返信します
会場は畳に小さな座布団を敷いた状態となっております
お体の調子で椅子をご希望される方は、用意しますので
お申し込みの際、必ずお伝え下さい
キャンセル料金は5月27日から参加費の半額をいただきます
ご了承くださいませ


店長megu

マアル白島店
営業時間10:00~17:00
定休日 水曜日
店舗前での駐停車はご遠慮ください
駐車場はございません
近隣のコインパーキングの
ご利用をお願い致します

# by marrublog | 2017-05-31 16:45 | イベント案内 | Comments(0)
2017年 05月 29日
春夏秋冬のパッケージでグランプリ
先週、私たちのもとに嬉しい速報が流れてきました。

広島で毎年開催される、その年のクリエーティブの成果を公開審査のもと、優れた作品を選出するというHADCで、

デザイナーの矢吹菜美さんがマアルの春夏秋冬のパッケージデザインでグランプリを受賞されました。


d0154362_20442942.jpg

春 芽生え。

d0154362_20421689.jpg

夏 空。


d0154362_2043228.jpg

秋 実り。

d0154362_20434968.jpg

冬 雪ノ下。



矢吹さんにマアルに関わって頂いて1年半くらい。

春を待つ満月パンツ、と、今も2クール目が続いている春夏秋冬
白島店のショップカード、
名古屋タカシマヤのディスプレイデザイン、
オランダのmono japanの空間デザイン、などなど、

いろいろとお世話になっています。


今回の受賞の連絡、会場にいる矢吹さんから直接ラインが入ったのですが、

もう興奮して嬉しくて、
娘達から「ちょっと座ったら」と言われる程興奮してしまいました。

マアルの作品で、というのは数日経ってしみじみ感じた嬉しさですが、

まずは「矢吹さんが」というところが私にとって最大の喜びポイント。


彼女と一緒にお仕事をさせてもらうことになって、
外部の方々と「チームでする仕事」の歓びをすごく感じさせてもらっています。



特に春夏秋冬では、

何度、さまざまな面で助けてもらったか。
(これ書き始めると大変な長文になってしまうのでやめておきます:笑)


このパッケージは、もともと事務所にあったオーガニックコットン生地を割いて使うことで、
「あるもの活用」でもあり、
また、お客様がオーガニックコットン生地の包み布を、中の肌着を出したあとも何かしらのかたちで
使って頂けるような
「捨てないパッケージ」であり、
春夏秋冬のコンセプトごとに、画家の春日千尋さんに絵を描いていただいているという
「贅沢なデザイン」でもあるのです。

包んでいる糸も、マアルの肌着を縫っているフェアトレードのオーガニックコットンミシン糸。

春夏秋冬シリーズらしさが集約されていて、大好きです。



「真摯」というのは彼女の為にある言葉じゃないかと思います。
すごいなぁ、矢吹さん。と、よく呟きます。

アンド、
「おっちょこちょい」というのも、これまで様々な場で私の役割でしたが、
矢吹さんがいると彼女には負けるので
すごいなぁ、矢吹さん。と、よく言います(笑)。

可愛い人です。



d0154362_21192787.jpg

矢吹さん応援団が集ってマアルの3階でお祝い会を。

嬉しかったなぁ。

仕事をしていく上で、
こういう仲間達の嬉しいことが起きるって最高ですね。




綿、糸、生地、縫製、輸出入、生地商社、縫製、パタンナー、マアルメンバー、グラフィックデザイナー、印刷、モデル、カメラマン、、、直接商品に関わるだけでもたくさんの人達の顔がうかびます。

全員お客様に紹介したいくらい、
どの人も本当に魅力的で、すごいんです。

# by marrublog | 2017-05-29 21:24 | マアルオリジナル肌着 | Comments(0)
2017年 05月 24日
カラフルボーダーがもうすぐ廃盤になります
数年前、「夏柄ボーダー」と名前をつけて、その名の通り夏に限定で販売したところ、
びっくりするくらいご注文が入って、


慌てて生地を追加購入、
翌年から「カラフルボーダー」に名前をかえ、定番化となった、

オーガニックコットンに麻が12%入ったこの生地。


d0154362_16541416.jpg


大変残念なことに、生地の生産が終了してしまい、
その連絡とともにあるだけの生地を仕入れてパンツに縫い上げていたのですが、


d0154362_1702975.jpg

太陽パンツ も、

d0154362_1725037.jpg

満月パンツ

各サイズいずれも残りが50枚前後となってしまいました。


カラフルボーダーのファンのかたが沢山いらっしゃいますし、
完売する前にお知らせを致します。



私たちマアルにもファンがいっぱいいたので、
残念な気持ちいっぱいです。

いつか、こういう生地もオリジナルで作れたらなぁ、、、と
またムクムクと妄想をしております。

# by marrublog | 2017-05-24 17:03 | お知らせ | Comments(0)