<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2016年 11月 23日
THE TRUE COST 2回目の上映会を終えて。
d0154362_22124651.jpg

今夜は「THE TRUE COST」の上映会でした。

春に続いて2回目の上映会。


共同主催のkurisumadeの栗栖さんに司会・挨拶をおまかせし、
(今日も私は、名古屋の余韻で声が戻らず^^;、ご挨拶すら出来ない有様でした、、ごめんなさい。
話足りなかったこのモヤモヤを、以下にアンケートを打ちこむというエネルギーに変えました)


何度観ても胸が痛い。
けれど、何度も観るべき映画だと思います。

私個人の今回の感想は、、
「だからマアルをやるしかない!」。

言葉にしきれない想いがいつもいっぱいで、まとめきれないままです。

--------------------------------------
映画をご覧いただいたあとで書いて頂いたアンケート、
公開可に丸をしてくださっていたかたがたのご感想をシェアします。

50名の方々が視聴、ほとんどの方がアンケートを書いてくださって、
全部打ち込みたかったのですが、、
回収してまとめた上から数人様分、無選別・無修正で掲載致します。



・とても深く考えさせられる映画でした。自分が着ている服のことから、それに関わる全てのことを
今一度考えてみようと思います。
自分に出来ることは何なのか、、、学んでみます。

・言葉になりません。。。

・何となく気づいていたことを明確に説明し、克明に記録してあり、こちらがハッとさせたれた。
認識をかえさせられる映画だった。

・とても心に残る、よい映画でした。たくさんの人に見てもらえたらいいなと思います。そして、
少しでも途上国の現状が良いほうに変わるといいなと思います。


・私はラナプラザのニュースを知りませんでした。
ファストファッションの洋服が、このような人々の血と健康の上に出来ているのだと知り、恐怖心と共に、人間の恐れと言うかワガママさも、、、。
物質、洋服って何なんだろうか。properな労働、賃金が与えられたら、、、でもお洋服が大好きな私は大切な服を大切に着ていこうと思います。


・物を買う、ということ、価値を買う、ということを改めて自分、1人の人として考えていこうと思った。本当の豊かさとは。何か一つ気づいた気がする。


・とても複雑な気持になりました。


・前回見た時は自分の中での感動や問題意識が生まれたが、今回は見ている途中からもっとたくさんの人に見て、考えて欲しい、特に若い世代に、今後の経済システムを考えていくためにも見て欲しいと思っていました。
私も含め、もうすぐ社会人になるという段階で自分の消費活動や働き方を考えるきっかけになるような映画だと思いました。ありがとうございました。


・今まで自分が着ている服のどれだけのお金が生産者の手に渡っているかはきちんと考えたことがなかった。ラナプラザの事故のことも知らなかったし、自分の無知を思い知った。
衣だけでなく農業でも同様のことが見れると思う。今一度フェアトレード、それらに関する事項について調べ、自分の価値観やライフスタイルを見直したいです。


・ファッション関係のドキュメンタリー映画を観て涙が出たのは今回が初めてでした。
私が今まで見て来た衣服の世界はあまりに狭く利己的だったように感じます。
上映後、感じることが多過ぎてここには書ききれません。
映画を観て妙に納得したのは、物質主義(消費で解消される)という言葉です。
本来衣服は「衣・食・住」というように生活に不可欠な生きる為に重要なものです。
それが、自分の個性をアピールする道具に変わり、その本質を見なくなった様に感じます。
パリやミラノのショーで活躍するモデルさんはどこか自信が有るように見えます。
それと同じように私も服のカタチを変えて自信や落ち着きを感じることもあります。服を作る全ての人が自分の仕事を誇れるなって欲しいです。



・今まで目を向け、考えすらしなかった「服はどこからきたのか」という問題に、この映画で気づかされたと感じました。
利益だけを求め続けた代償が求めた企業ではなく、生産者にむけられるのはあるまじき事態で、決してあってはいけません。なのに、上記のようなことが起きているのは、大企業の傲慢さとこの世界のしくみのせいではないかと思わせる様な映画でした。



・先進国の傲慢さを改めて知り、私たち消費者は知らないうちにそのことに加担されていることがわかりました。プロパガンダにより物質欲を満たすことに重きを置くことが幸福や豊かさだと信じさせられて来たのだと思います。「もの」の価値は、つけられた値段ではないこと、つくられた方の思いをどう受け止めるかで決められていくべきではないでしょうか。本当に価値ある物に意味の有る物にお金を使いたいと思いました。購入する時に本当に必要なのかを考える。考えていくようにしたいと思います。


・こういったテーマを提示して観客に呼びかける作品を見た後、果たして個人がどのような行動をとれるのか?そこで詰まってしまう場合が多いように思います。次に繋がる指針や各国でのアクション例まで見ることが出来たり、WSなどでディベート出来る場が(カジュアルな雰囲気で)あってもよいかと思います。


・普段自分が当たり前のように着ている洋服の裏側には、このような過酷な状況で働かれている人々がたくさんいるということに、言葉が無くなりました。安いには訳が有るとは思ってはいましたが、想像をはるかに超えていました。ファストファッションの服も着ます。特に仕事着の洗い替えとして,,私も一生懸命働いている。この服を作って下さっている方も「一生懸命」。命をかけて働かれているということ。大切に着ていこうと思います。洋服は大好きです。このような映画を観させて頂く機会をいただき、ありがとうございました。


・ファストファッションブランドの服がなぜあんなに安いのか判りました。
前から何故だろう?とは思っていましたが、ニュースやwebなどからでもうすうすは感じていたことも、ここまで状況が悪くなっていることにショックを受けました。知らない国の遠い人達のことではなく、全体(世界全体)のことだと思いました。もちろん私も含まれます。自分に出来ることは何かを考え、少しずつでも行動したいと思います。この映画をもっとたくさんの人が見て、同じように自分のこととして考え、皆で協力出来たらいいなと思います。すばらしい映画でした。どうもありがとうございました。


・低価格の大量生産、大量消費がここまで環境と生活を破壊していることに驚きです。消費者としての自分の生活を考え直すべきだという思いです!!


・自分で思っていた以上に悲しい現実があると知り、ショックを受けています。改めて物を大切にする心を伝えていきたいと感じました。


・知らなかったことを知る機会を作って下さってありがとうございました。発展途上国の人達が苦しみ、血を流し、涙を流し、日々を懸命に生きている姿と、先進国の人達が物によって欲求を満たしている姿が印象的でした。一概には言えないけれど、農薬をつかったものを買うことは結局、農薬を使った農作物を作っている人の幸せにも繋がらないんだとも感じました。少しずつでも知って、伝えていけたらと思います。確実に私が衣類を買う時の視野は広がりました。ありがとうございました。


・衝撃的でした。頭の中で考えていた以上のことでした。
消費という操作されたものに気づかず踊らされていた自分がすごく恥ずかしいし情けないなと思います。人々の生活、心、そして命まで奪っていることを初めて知りました。
こうして「知る」ことがまず大事ですね。身近な人に伝えたいし広がっていくべき。
知った限りには、自分の小さな「できること」を見つけて行動に移します。
これからも上映会があれば参加します。周りの人を連れて。
この問題に取り組む人々、立ち上がる人々、子ども達の笑顔を応援したいです。ありがとうございました。




--------------------------
ハードな毎日の中、とにかく手分けして会場探し、申し込み、準備、集客等を完全ボランティアでやり遂げた主催の仲間達に心から今回も感謝を。
集る時間が無くって、連日連日メッセンジャーでチャットしながら話し合いました。
マアルのメンバーも、春の上映会で全員が観ているので、店でも視聴の声かけに協力してくれました。
この映画によって、自分達が動く意味、を改めて感じている私たちです。


縫製工場 kurisumade factory 代表  栗栖弘美

起業・創業サポートオフィス port.inc運営 株式会社Hint 代表取締役 中島久美子

途上国の女性の手仕事を使った衣服のデザインと販売をこれから始める広島大学の大学院生、itobanashi 伊達文香

株式会社マアル 櫻木直美

by marrublog | 2016-11-23 22:07 | 日々 | Comments(0)
2016年 11月 09日
【再募集!】棉から糸へ体験ツアー秋
告知ばかりが続いていますね、、、

いろいろ感じることも多く、いっぱい日記を書きたいのだけれど、
新作や、日々の運営、撮影、出店の準備、出張、魚釣り(ちゃんとたまにのお楽しみも入れてるムフ)
1日が24時間じゃとても足りない感じで、どれも大事でどれも面白くて、、
というわけで最近告知をブログに書くだけで精一杯な感じです。

今月はメルマガもまだ出していない、、。

日々のつぶやきっぽいことはインスタにチラッと上げてますのでよかったらご覧下さい。


事務所はメンバーにフル稼働してもらっていつも以上の増員体制でいろいろ望んでいます。

ネットショップご利用の皆様も冬支度でいろいろ(特に本当に今年は、タンクトップとショーツの上下セットが大人気で嬉しいです)お求め頂いて、陶器の湯たんぽも常に出荷待ちみたいな感じで、


朝起きてパチりと瞬きしたら夜になってる感じです。



さてさて、
急に冷え込んで来て、広島では風邪が流行ってます。
今週土曜の「棉から糸へ 体験ツアー 秋」にお申し込み下さっていたご家族連れのかたがたが、
体調不良でやむなくキャンセルとなりまして、

まだまだご参加頂ける状態になりました。

このツアー、春は10人以上のキャンセル待ちが出るほどで、
秋も、

もう面白いこと間違いなし!!!!!
わたしが太鼓判を押します!な、盛り沢山な企画なので、

ひとりでも多くのかたにご参加頂きたいんです。


d0154362_20234284.jpg


以前お知らせしたページにも書きましたが、
春に植えた綿を摘む、という作業はもちろんのこと、

この道具達を使って、綿から種を取り出したり、
糸を紡いだり。


d0154362_20324956.jpg

この道具がまあ面白くて面白くて、、、
子どもはもちろんのこと、大人も夢中でぐりぐりします。


d0154362_20314658.jpg

今回はこのコマ、という道具を参加者の方々がそれぞれ作るところから始めたりもします。
(お子さんは別売り)


d0154362_2034113.jpg

達人、天野さん。
この道具も素晴らしいです。
先人達が残してくれたものって、改めて見るとものすごい工夫と、智恵の結晶。
もちろんこの道具も触ることが出来ます。


そして、、、

お昼ごはんが、私の密かな(ここに書いてしまったから、もう密かじゃないですが)メインのお楽しみ。

庄原の婦人会のみなさまが用意して下さる、
地元の食材を使った野菜を中心とした手料理が並びます!


d0154362_21373066.jpg



和綿を摘む。

ただそれだけでも、恍惚となるほどの体験なのに、
この、糸までの作業を惜しみなく体験させてもらえるツアー。


見ただけで体験した気持ちになるのと、
実際に手で感じるのとでは、

何事も、でしょうけれど、
本当に違うんだなぁって思います。



この週末、庄原へぜひいらっしゃいませんか?


----------------------------------------------------

marru×庄原市東自治振興区女性部
「棉(わた)から糸へ」 体験ツアー【秋】
       
県内で一番広い面積を持つ庄原市。8割を山に囲まれ、その暮らしは今なお、自然と共に生きる知恵をしっかりと育み伝えています。
 そんな庄原市で、2015年から休耕田を利用して、和棉(わめん)の栽培に取り組んでいる東自治振興区女性部。利用した日本古来の和棉の栽培を通して、衣・食・住の「衣」を見直し、自分たちの手で糸を紡ぎ、染め、作品に、と取り組んでいらっしゃいます。
春に植えたワタの種は、太陽と土・雨・風・虫などの自然の力と人に育まれ、無事実をつけました。9月ごろから弾け始め、畑では白いやわらかなワタが風に揺らいでいます。
秋のツアーでは、ワタを摘み、種を取り、日本で古くから使われてきた糸車やインドのチャルカ、コマ(簡易的な糸紡ぎの道具)などで糸を紡ぎます。地域の間伐材を利用したコマは皆さんで手作りし、糸を紡ぎます。作ったコマはお持ち帰り頂きます。
いよいよ棉から糸へ・・・

・日時   11月12日(土) 10:00~15:30  (小雨決行)

・場所   庄原市東自治振興センター(広島県庄原市七塚町11-2)

・アクセス 車―中国自動車道 庄原ICから約4km

・参加費(ランチ・保険料を含む)
  大人4,000円  子ども(小・中学生)1,800円 (未就学児)500円
☆大人料金にはコマキット1セットの代金が含まれています。子ども料金にはコマキットの代金が含まれていません。ご希望の方は1セット500円で販売いたします。当日現地でお買い求め下さい。
☆ランチは地域の旬の野菜などを使った手作りランチをご用意しています。アレルギーなど事前にお伝え下さい。

・持ち物 汚れても良い服装・帽子・タオル・長靴

【定員】30名




【schedule】 (スケジュールは天候などの都合により変更する場合があります。)
9:30~10:00 受付
10:00~10:15 オリエンテーション
10:00~10:45 ワタの収穫
10:45~12:00 天野さんのワタのお話と綿のワークショップ
12:00~12:45 ランチタイム(庄原の旬がたっぷり詰まった手作りランチ)
12:45~15:30 糸に紡ぐワークショップ(糸車、チャルカ、コマづくり・コマで糸紡ぎ)
  
・当日は庄原で収穫された新鮮な野菜、米、加工品など特産品の販売も行います。

【お申込み・お問合せ】
お申し込みは、info@marru.net 宛でタイトルに「棉ツアー」と書いてお名前(ご家族・お友達とご参加の場合は全員のお名前、お子様は年齢性別も)連絡先の携帯電話・現地までの交通手段をお書き添えの上、お申込み下さい。
お申し込みされたすべてのかたに、平日、営業時間内にお返事をこちらから送信いたします。
数日経っても返信が無い場合は、迷惑メールとしてブロックされているか、別フォルダに入っている場合がございますので、ご確認の上、082-836-3667 マアル事務所までお電話でお問い合わせ下さい。

【キャンセルポリシー】お申し込みのキャンセルは開催日2日前のキャンセルから、大人、子供とも参加費の半額の料金をいただきますので、ご了承ください。

【主催】株式会社marru / 庄原市東自治振興区 / クラシノワ舎

by marrublog | 2016-11-09 20:44 | イベント案内 | Comments(0)
2016年 11月 08日
名古屋タカシマヤ『ナチュラルビューティスタイル展』初出店します
d0154362_2265999.png

11月16日(水)〜21日(月)
JR名古屋タカシマヤ 10階 催会場(最終日は午後6時閉場)

「自然が主役。“心地よさ”で満たす冬」


知る人ぞ知る、絶大な人気を誇る「ナチュラルビューティスタイル展」。

オーガニックコスメを中心に、

それはそれは有名なたくさんのブースが軒を連ねるこちらの催事。

ヘアケア、
スキンケア、
メイクアップ、
インナーケア
ライフスタイル。

5つのゾーンに展開されるオーガニックビューティスタイルの中で、
マアルは「ライフスタイル」ゾーンに初出店致します!


d0154362_22573781.png

ジェイアール名古屋タカシマヤHPより


これまでマアルはデパート出店は地元広島しか出ていなかったので、
正直申しますと、、、


ドッキドキです!!!




今回、ナチュビ限定の4つのセット商品もご用意しています!!!
セットのタイトル、コンセプトはまた
後日ご紹介します。

これを決めるのも、いっぱい話し合って考えました。

専用の袋も、オーガニックコットンで作ったスペシャルセットです。






新幹線に乗ってお越しになるお客様もいらっしゃるという
通称「ナチュビ」。

大好きな月桃のコスメ、ムーンピーチさんや、
マアルでも取扱いのある華密恋さん、
そして隣には竹布のナファ生活研究所さん、
ライブコットンさんもいらっしゃいます。

先日の代々木公園のアースガーデンでもお世話になったエコ雑貨組合さんのエリアなので、
初めての名古屋だけど、
見覚えのある方々、大好きな商品に囲まれて、とても心強いです。


私自身は、名古屋は新幹線で乗り換えの為に駅に降りたったことはあるのですが、
まだ一度も!
名古屋の町を歩いたことがありません。

夜は味噌カツ?

いろんな意味でわくわくドキドキです。




こちらの専用ページには、
名だたる出店者さん達のお名前と、地図、商品説明などが書かれています。
ジェイアール名古屋タカシマヤ ナチュラルビューティスタイル展


東京だけでなく、
こうしてマアルの肌着を直接お客様に手にしていただき、
ご紹介出来る機会が出来て嬉しいです。


中京地域にお住まいの方、

マアル初出店です、

ぜひこの機会にお立ち寄り下さい!

by marrublog | 2016-11-08 23:05 | イベント案内 | Comments(0)