<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2016年 08月 13日
夏涼み、が本当によくて
d0154362_17271017.jpg
d0154362_17265793.jpg


今年の初夏の反省として、この「夏涼み」の生産数が少なかった、ということがある。


といっても、2種類、各2サイズで、それぞれ数十枚ずつ作ったのだけれど。


まだ暑さを感じていなかった6月の梅雨頃に発売し、
あっという間に、2週間くらいで完売してしまった。

中には2枚、3枚お求め下さるかたもいて、

「家用のあっぱっぱー」(←3年間の企画段階から私たちの間ではすっかり「あっぱっぱー」と呼び続けているので、いざ商品名を「夏涼み」とつけても事務所内では「あっぱっぱー」なのだった。)が売れるんだろうか??という心配は吹っ飛んだ。


やっぱり、自分達が欲しいと思っているものを忠実に作っていけばいいんだな、と
この商品でも確認できた。




さて梅雨が明け、
全国各地「うだるような」暑さが続いている。

わたしも、家に帰るなりこの夏涼みに着替える。

休みの日は、もちろん。



ほんとうに、「いい!」。

クーラーをつけない限り、
下着1枚で、あとはこの夏涼みだけ。

暑さでイライラしないので、家事もはかどるというものだ。

(着心地の悪さや蒸れ、暑さは、本当にやる気を奪うと思うなぁ)


子ども達も、お母さんがワンピースを着て台所に立っている姿に
(日頃が日頃だけに:汗)
「ちょっといい感じ」って、思っているようなまなざしで私を見ている(気がする)。


子どもの頃の夏の記憶には、
母や祖母が、あっぱっぱーを着て、スイカを切ってくれたり、
お仏壇にお線香を上げていたり(これはもろお盆の記憶か)、

ちょっとくたびれたふくらはぎとか、
触ると気持ち良さそうな二の腕とか、

なんだかそんな記憶があっぱっぱーと入れ混ざって存在している。



今度は自分が、そんな風景のひとつになっているような(気がしている)。



とにかく、
オーガニックコットンの夏涼みが本当によくて、
ああ、もっと作ってお客様にお渡ししたかったと、
この暑い今こそ、これがいいのだ、と痛感すればするほど、生産数を反省しているのです。


夏涼みをお求め下さったお客様、

ぜひ、商品ページにレビューをお寄せ下さい。



来年の生産数や、生地選びを考えるにあたり、
参考にしたいと思います。



d0154362_17462140.jpg

モデルちゃんも思わずスキップした、この軽やかさ、来年はもっとたくさんのかたに伝えたいのです。

by marrublog | 2016-08-13 17:48 | Comments(0)
2016年 08月 06日
8月6日の朝。
広島に来て11回目の夏、8月6日を迎えた。




昨夜、仕事で遅く帰宅し、
帰宅後も遅い時間までパソコンに向かっているのを知っていた娘達は、

普段の土曜だったら、弁当が必要でない限り、

自分達で朝食を作って食べ、私を寝かせておいてくれるが、


今朝は「お母さん、今日6日よ、わかっとる? おきんさい」と声をかけてきた。

(横浜、埼玉で生まれた娘達だが、人生のほとんどを広島で過ごしているので、見事な広島弁を話す。
小学生の間は、6日は登校日で学校で黙祷をしていた。
広島以外の地では、この6日の出来事はニュースでさっと流れるくらいの事なんだよ、と知ったら驚くだろうな。。。)


中学・高校になり平和登校日はないが、
子ども達はそれぞれ、学校でクラブの練習前に友達と黙祷したいからと、
いつもより早く自主的に登校するのだそうだ。



もちろん私も、
目覚ましは7時半にセットしておいた。


子ども達が出かけ、

ひとりになった家で

8時からのNHKの平和記念式典の中継を見る。


去年、中区のより中心部に近いほうへ引っ越したので、
うちから平和公園まで歩いて30分もかからないが、


今年は家に居ようと思った。




8時15分。


テレビの中から聞こえてくる鐘の音にかぶせるように、
窓の外から、平和記念聖堂と、女学院の鐘の音が鳴り響いて聞こえて来た。


予想外のたくさんの鐘の音に包まれて

正座し黙祷しながら



涙がにじんだ。


思考する前に、鐘の音に誘導されたような感じだった。


音波は、すごい。。。


感情の波動より、身体を動かすチカラと早さがあるんじゃないだろうか?





d0154362_2043153.jpg


これは、3年前の8月6日に撮った、近くの神社の被爆桜。

被爆しても尚、毎年毎年、見事な花を咲かせ、夏はこのように青々と葉を茂らせる。



自然は凄い。
70年草木も生えぬと言われた広島だが、
花も緑も豊かで、
うちの長女は埼玉から広島に引っ越しして以来、喘息が治まった。




人は優しく、

海と山と川に囲まれた

ひろしまが大好きだ。




原爆死没者慰霊碑に刻まれた
「安らかに眠って下さい
過ちは繰り返しませぬから。」

この碑に誓った言葉を、

いつもいつも考えていれば、この先も繰り返さずにいられるのだろうか。


この前の選挙、選挙率、
沖縄の高江のこと、
世界中のテロのこと、
福島のこと

あのこと、

このこと、、



黙祷を終え、
なんだかたまらなくなって、


ジャングルみたいになっているベランダの草木の手入れに没頭した。


5月に植えた、和綿にも小さな花が咲いている。




2016年8月6日、朝。

by marrublog | 2016-08-06 20:50 | 日々 | Comments(0)