<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2016年 07月 30日
出店の想い出
d0154362_2133968.jpg


今日は、竹原市の今日は竹原市の里山にある、古民家に設けられた助産院
『つぼみ助産院』さんで、マザーズバースディというイベントにお邪魔してきました。

布ナプキンのお話会と、販売です。

テルミーや、ネイル、足つぼマッサージや、こだわりのコーヒー、ナチュラルスィーツ、自然食品等などなど、たくさんの出店者と、家族連れのお客様たち。

外の庭には、ビニールプールも用意して、小さなベビちゃん達が水遊び。




午後は一息ついてゆっくりペースだったので、
私も爪を磨いてもらったり、
出店者同士でお喋りしたあと、

うちわでパタパタ仰ぎながらちょっと以前を思い出したりしていました。


『マアル』の屋号になる前から、布ナプを広げる活動とともに、
小さなマルシェに出店していたのは、
次女が3歳だったから今から9年前くらい。


子連れ出店が常だったので、

子どもが飽きないように、とっておきの絵本や、おやつなど、
出店以外の荷物も多かったなぁ、、、



d0154362_2113338.jpg

(そう言ってたら出て来た2010年の出店写真。場所は、あの頃よく出店していた太光寺。
次女がゴロゴロ絵本読んでます)




子育てはあっという間、と先輩達は言いますが、

確かに、ほんと、そうなのでしょう。

今日、出店が終わり、事務所に戻って仕事をして帰宅すると

クラブから戻って来た子ども達は洗濯を済ませ、

晩ご飯も作ってくれていました。

いつもじゃありませんが、まぁ、こんな日も最近ちょいちょいあるほど、
子ども達は育っています。



なんかなぁ。

ほんとに、瞬きしたら、孫抱っこして出店してる日が来るとか?

そうなったら、
オーガニックコットンのベビー服とか
オムツカバーとか、

マアルでいっぱい作っちゃうな。


いや、それも子の人生、どうなるか判らないし、

高齢者向けのオーニックコットン衣類が先か?

とか、

とか。。。




想い出に浸るというより、
そこから発展する妄想を繰り広げつつ、


高速道路をハミングして、広島市に戻ったのでした。



つぼみ助産院さん、「マザーズバースディ」いい時間をありがとうございました。

by marrublog | 2016-07-30 21:39 | 日々 | Comments(0)
2016年 07月 24日
入浴剤はもうずっと華密恋ひとすじ。
d0154362_17403911.jpg


暑くて、忙しくて、ついシャワーが続きがちになるけど、

やっぱり華密恋のお風呂を続けたら全然肌が違う。


先月、シャワーを使っていて、「あ、キタ!」塩素の刺激が増えたことに気づいた。


水道局によって量はマチマチらしいが、

気温の上昇とともに水道水も雑菌が増えるため、塩素量を増やすので

例年、梅雨あたりから水の刺激を肌で感じるようになった。


華密恋は、塩素も中和するチカラがあると聞いたので、
肌がしんどいときは特に、洗面器に水を入れてカミツレを垂らして顔を洗ったりしている。


カモミールの消炎作用があるからか、
以前は
お風呂上がりにカァーッと乾燥して痒くなっていたが、華密恋を使い出してからはそれがない。



7月は、春夏秋冬ブランドの「夏 空」の発売があり、
蒸れにくいブラパッドの発売も同時にあり、

その後も満月農園のポテトチップも限定80食ネットショップに出したら二日足らずで完売し、

とにかくネットショップの対応で大忙しだった。

たくさんの準備してきたことを、「出す」ひと月だった(まだあと1週間残っているけど)。


発売までの準備のほうがはるかに時間も、
ものすごいプレッシャーもかかるので、
今月はたくさんのお客様が新商品を喜んで下さり、

想像していた以上に「蒸れにくいブラパッド」も「夏 空」も好評で、
忙しくても達成感があって、ストレスは無かった。

休日もとれたし、
やっと釣りもいけたし、
マニアックなすごい整体(仙骨生命力活性法整体)も受け(釣りと、自然療法は私の趣味だなとつくづく思う)、

昨日もたっぷりとカモミールの香りに包まれ半身浴してから、友人達と夜の海に出かけて
ああ、夏だなぁ。って。



ひとつひとつゆっくり書きたいことがいっぱいあるけれど

まとめてしまうと、いい7月だった、というわけである。さ、お風呂入ろ。

by marrublog | 2016-07-24 18:08 | アトピー、アレルギー | Comments(0)
2016年 07月 09日
つぼみ助産院主催 Mother's Market
d0154362_17192788.jpg


マアルの肌着達を取り扱って下さっている「つぼみ助産院」で、

古民家のつぼみ助産院まるごと開放し、マーケットが開かれます。

参加出来る講座や、ワークショップもあり、
マアルとしてはブース出展に加え、わたしは「布ナプキンのお話会」も設定してくださっています。


d0154362_17222019.jpg


d0154362_172310100.jpg


どれもリーズナブルな設定、
まずは参加してみて、リフレッシュしたり、これからの生活のご参考に、という桑原助産師さんのお気持ちがいっぱい。


春に初めてお邪魔してきましたが、
のどかーーーな雰囲気のところ。

こういうところで深呼吸して、テルミーあててもらったり、美味しくて安心なもの買って、
ベビちゃんとの写真撮ってもらって、
いいですね。(あ、よかったら布ナプの話も聞いてみて下さい)


7月30日( 土)10:00〜17:00

つぼみ助産院 竹原市下野町大井

問い合わせ・申し込み 090-7895-7281(院長 桑原助産師)

by marrublog | 2016-07-09 17:31 | イベント案内 | Comments(0)
2016年 07月 03日
春夏秋冬『夏 空』へ伸びやかに!
梅雨のもやもやを、さっき通り雨が洗い流していきました。

夏が、すぐそこまで来ているのを感じています。


春の新月の日に生まれた「春夏秋冬」。

--------------------------
人生には、春夏秋冬=四季のようなサイクルが有るそうです。
巡り、移ろいゆく自然のように
私たちにも春の時期、夏の時期、秋の時期、冬の時期が訪れます。
--------------------------

春 芽生え」を送り出してみて嬉しかったことは、

ぱっと、この色をご覧になり「あ!わたし、この色好き!!!」と
直感でお選び下さる人が多かったこと。

「ほっこりした黄色のショーツ」と、文字で表しただけでは、
とてもこんな反応は頂けなかったことでしょう。

それだけ、「色」って、
文字から入るイメージ=それは記憶から作り出したもの 
と、
目から直接入るイメージに差異があるんなと実感しました。

さらに、
これを肌に身につけた時に感じる、何とも言えないパワー。


色。

たのしくて、わくわくします。


d0154362_16574018.jpg


「夏 空」

太陽 / 弾ける / 伸びる / 強さ / 澄んだ空 / 素直 / 明るさ / 希望


イメージカラーは明るい青、水色。

特設ページはこちら→
d0154362_1658977.jpg



草木染めでどう表現出来るか探しあぐね、

「琉球藍」と出会いました。

赤みの少ない青が特長のひとつです。

日本で一般的なタデ科の藍ではなく、キツネノマゴ科の琉球藍は現在とても希少で、
染められる職人さんが少ないのですが、

京都の亀岡市で藍染めを長年専門にしていらっしゃる職人さんのもとで染めていただけることに。


薄いからといって、染め回数が少ないわけではなく、
薄い色にした藍を何度も(今回のマアルの肌着は10回)染め重ねています。


薄いからといって、液を薄めてさっと染める、と思いきや、
薄い色を重ねて行くのは、とても難しいのだそう。



今回仕上がって来た「空」さんたちをみて、最初、唸りました。

事前にモデル撮影分だけ染めてもらった色と、
差があるものがあったということと、
色ムラ、濃淡、いろんな色味がまざりあっています。

これ、、、どうやってお伝えしようか、、。




発酵させて毎回染料を作っている藍の製品染め(かたちに縫い上げてから染める)は、
発酵具合や、気温、お日様の具合、、様々な要素で毎回変わります。

d0154362_17334291.jpg

(濃いめもあれば、薄めもある)
(ネットショップの商品ページには、ムラの写真も、いろいろアップしています)

事務所でスタッフKと検品しているうち、
どんどんこの「空色」さんたちが愛おしくなって
そもそもの、「夏 空」の初心を思い出しました。


「夏 空」

太陽 / 弾ける / 伸びる / 強さ / 澄んだ空 / 素直 / 明るさ / 希望

d0154362_17123852.jpg

あら!それならこの子達はぴったりじゃないか!!!

この「一期一会」の色こそ、まさに「夏 空」。
それぞれ「みんなちがってみんないい」って顔をしている、
おおらかさ、
伸びやかさ、

周りを気にしない、その勢い。


「空色」だけに、「雲」を浮かべてくれたタンクトップも居ます。


「おー、きみたちー、身も心も『夏 空』なんだねー!!」という

喜びの空気に満ちあふれました。



現実的な「藍染め」の注意事項は、今回もしっかりと記載しました。
いろいろ、ご理解をいただき、ピンときたかたのもとへ旅立つ「夏 空」


いよいよ明日、7月4日新月の日、朝の10時にカートがオープンします。


広島の店舗2階では、春夏秋冬のアドバイザーとしてお世話になっている
荒川さんをお招きして、「色のお話会」が開催されます。
すでにこちらは定員満員御礼ですが、

後日何らかの形でまたお伝えしようと思っています。



夏へ。


向かいましょう!

by marrublog | 2016-07-03 17:28 | マアルオリジナル肌着 | Comments(0)
2016年 07月 02日
乳首や胸の蒸れ、痒みに、、蒸れにくいブラパッド販売開始します
d0154362_20204396.jpg

マアルの陰の人気者、オリジナルタンクトップ<パッドポケット付き>をお求めになるお客様から
「ブラパッドの別売りは無いのですか?」
と、聞かれること、はや数年。。。


ブラパッドはパッドポケットの中に入れる為、直接肌に触れるのはオーガニックコットンだから
ひとまず安心の低刺激だけれども、

その「パッド」の違いでも多いに蒸れや痒みを感じていたので、
お客様に自信を持ってお薦め出来るパッドをずっとずっと探していました。

d0154362_20244280.jpg


これらはほんの一部。

この中にも、1日で蒸れて「うぎゃー!」と胸がカイカイになったものもあります。。
(身体張ってテストしているなぁ、本当に。。。)


d0154362_20274825.jpg

ちょっと「盛り」ぎみのもの、
逆にペタッと胸が潰れたようなカタチになるもの、
左右決まっていて間違えて入れるとヘンテコリンになるもの、
間違えて洗濯機に入れるとすぐダメになるもの、



いろいろありますね。女は大変だ。

まあ、それも楽しみのひとつなのかもしれませんが。

でも、かぶれていちゃ楽しめません。



まず、第一優先は「蒸れない」こと。


巡り会った国内の資材メーカーさんにたくさん相談して、
(次々に資材は生産の場を海外の廉価なモノに変えていっている事情があり、国内のメーカーさんは潰れて行く一方だそうです。縫製工場と同じですね。。。そういうことも今回改めて痛感しました)


お薦め頂いた不織布で出来たブラパッド。


素材はポリエステルなので、んー。。。と当初思っていました。


(オーガニックコットンはもとより、コットンでのオリジナルのパッド作成には、
腰が抜けそうな金額とボリュームがのしかかり、それも作ってみないとうまく行くのか判らないということだったので、今のマアルの規模ではとても無理で、、既存のものでベストを探す旅が始まりました)



慎重に、慎重にテストし、

気づけば、ほかのものと比べてこれが1番蒸れにくく、だんだん手に取る日が増えて来て、

より一層、ほかのものとの蒸れ度の違いを体感するようになりました。


d0154362_2036589.jpg

これは一般的な「ウレタン」で出来たパッド。
肉厚感があり、洗濯し続けると黄ばんできます。蒸れやすいです。
(わたしは全然ダメです、もう痒くて数日胸の肌が回復するまでパッドは入れられなくなります)


d0154362_20375133.jpg

そしてこれが、お薦めの「蒸れにくいブラパッド」。
織りの荒い、そして薄い、不織布で出来ています。
こうして写真で見ても、エアリーな感じが判りますか?


d0154362_20405848.jpg

気づけば2年。何度も洗濯を繰り返し、
わたしの知りうる範囲で最も蒸れにくく、使いやすいと思ったので、

ようやくこの度の生産となりました。


直径約11cm、高さは約3cmです。

左右両方同じ、上下も何も無いなので、
急いでいる朝も「あ、反対!!!入れ直し!」てなこと(あるある)なりません。

d0154362_20463933.jpg

パッドポケットの口から折り曲げてこんなふうに差し込み、

d0154362_20464826.jpg

入れて下さい。これ以上ない簡単さです。



もちろん、蒸れや肌の感度は100人いたら100通りあり、
全ての人に「蒸れにくい」とは決して言えません。

これから真夏に向い、
パッド無しでも、このオーガニックコットンのタンクトップはパッドポケット部分と身頃あわせると
生地が胸のところは3重になるので、
十分暑いのです。。。

それでも私は、ブラみたいに胸の下が擦れることがないので
暑い暑いといいながら、このタンクトップを着ますが、
パッドは、この蒸れにくいタイプですら毎日は使いません。


寄せたり、
上げたり、
天使だったりと
随分と世間の胸メイキング事情から遠いところの話ですが、


先行発売をした、昨日と今日のB品市開催中の店舗での売れ行きをみても

「胸の蒸れ・痒みに悩んでいる人は多いのだ」と、再認識致しました。


マアルで扱っている竹布のブラにも入れて使えます。



d0154362_2103131.jpg

お洗濯はパッドポケットからちゃんと出して。
中に入れたまま洗うと、タンクトップ自体乾きにくいし、
中でパッドが折れて、長持ちしづらくなります。

私はネットに入れて(時にそのまま)洗濯機で洗ったりもしましたが(単にスボラなんですが、まあそれもテストということで^^;)、
工場長さんが言うには

「手洗いして、形を整えて陰干し」するように、と。



7月4日(月)、朝の10時から、このブラパッド発売を開始します。

その日、その時間から、春夏秋冬ブランドの「夏 空」が発売になるので、
一緒にスタートということにしました。


どうぞ必要な人のもとへ。

by marrublog | 2016-07-02 21:08 | マアルオリジナル肌着 | Comments(0)