<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2016年 01月 31日
春を待つ 型染め
d0154362_17214055.jpg


私たちが選んだ図柄は、

小野さんが「春を待つ女の子」というイメージだけで、一昨年にデザインされたものだったそうです。

よつめ染布舎ブログ http://yotsume.exblog.jp/24991748/

タイトルを聞いたとき、
マアルがタイムマシンに乗って、一昨年の小野さんのもとへ伺い、お願いしたんじゃないか?

そんな妄想をしてしまうほどの、ご縁を感じる図柄とタイトルでした。


小野さんは手とデジタル両方使い、ご自身のやりかたで図案を校正されます。




図柄が出来上がると、

カッターナイフで型紙に写し込んだ図柄を切り抜き、「紗」と呼ばれるアミを貼ります。

この「春を待つ」の型も、もともとはもっと小さな型を用意されていましたが、
マアルがお願いした生地幅が広かったので、
改めて最初から大きめのものに掘り直して下さったそうです。
(それでも私が見ると、小さくて、いったい何回ずらして糊を置いて行くんだろう、、と途方に暮れます)

d0154362_17281564.jpg



糊も手作り。

炊いた餅米に、糠と塩と石灰をまぜ、水で濃度を調節しながら練り上げていきます。

これが1番使いやすいという、島根県は浜田の鉢に材料を入れて、

ぐるぐるぐる。

「石灰は、夏は腐りやすかったりするのを調節するけれども、多すぎるとダマになったりするので結構シビアなんです」とのこと。


混ぜている時は何か音楽でもかけていらっしゃいますか?と尋ねると
「落語」とのお答え。

頭の中で「ハードロックかな」と想像していたわたしには意外な答えでした。





d0154362_17284346.jpg


マアルが選んだ生地は、
オーガニックコットン100%の一重のガーゼ。

ヘラで均一に、糊を置く作業が始まります。





d0154362_1730915.jpg

縦に、横に。

はっきりと図柄がうかび上がるように、
何度も何度も、糊を落として行きます。


やっと落とし終わったら、
そうっとめくって、隣にずらします。

この作業も、ズレてしまえば柄が台無しになるので、
見ている私は息をのむ程緊張しましたが、
小野さんは、淡々と、淡々と。。。


d0154362_1732624.jpg



この作業を、5メートルの台に乗った生地でいったい何回繰り返すことでしょう。

(しかもそれを、今回27mも、、お願いしているのです。)


ようやく、糊置きがおわり、半日〜1日かけて糊が乾くと、
染め作業が始まります。



原案の色に忠実に、何度染めても同じようにと、色粉のグラム数もデーターで管理しているそうです。


一色、一色、刷毛で色を落としていきます。







1/29 春を待つ プロローグ
1/30 春を待つ 出会い
1/31 春を待つ 型染め
2/1 春を待つ ものがたりが生まれる
2/2 春を待つ 主人公は
2/6 春を待つ エピローグ







春を待つ ものがたりは、明日に続きます。

by marrublog | 2016-01-31 17:36 | マアルオリジナル肌着 | Comments(0)
2016年 01月 30日
春を待つ 出会い
d0154362_1552171.jpg


小野さんは広島県北部で代々続く、老舗の型染めをご家業とするご長男。

2011年マアルの店舗開店を控えた頃、開店記念の手ぬぐいを作ってほしくてコンタクトをとったのが出会いでした。

その時は、様々な理由で手が届かず、製作には辿り着かなかったのですが、
突然にも関わらず丁寧に気持ちを聞いて下さった小野さんの印象が残っていました。



そこから4年。


オーガニックコットンに絵柄が入った生地が欲しいと思い、
いろいろ考えていたときに、

ふっと頭に浮かんだのが小野さん。


連絡をしてみると、この4年の間に小野さんはご家族を持ち、
よつめ染布舎」として独立され、
大分県国東半島の伊美、という海沿いの地に工房と、「すずめ草」というギャラリーも構え、移動されたばかりでした。


d0154362_1564728.jpg


広島から離れてしまった、ということよりも、
なんだかむしろ、新しい地で展開されている小野さんにも興味が湧き、

早速会いに行きました。




国東半島芸術祭の会場として使われていたという、
大きな敷地の古民家。


d0154362_1584810.jpg



d0154362_1514126.jpg



d0154362_159358.jpg





そこで見せて頂いた作品の数々。

作品の周りを彩るように、小野さんと陶芸家の奥さんのエッセンスが散りばめられた古民家での暮らしぶり。
幼い元気いっぱいのお嬢さんを眺めるお二人の優しい目。


ここから生まれるテキスタイルで、マアルの肌着が作りたい。
そう感じました。



小野さんの染める図案は、全てオリジナル。

グラフィックデザイナーでもあり、
パッケージのデザイン等もされています。


マアルの肌着の図案をどうしようか。。



小野さんが色鉛筆やマジックで何年にも渡りデザインした、
まるで宝の山のような図案集をお借りし、

いくつか絞った中から、

マアルのメンバー全員一致で、これがいい、と選んだ図柄。




小野さんにこの絵に決めます、と伝えたところ、タイトルを教えて下さいました。





「春を待つ」。








型染めの工程、に、続きます。





1/29 春を待つ プロローグ
1/30 春を待つ 出会い
1/31 春を待つ 型染め
2/1 春を待つ ものがたりが生まれる
2/2 春を待つ 主人公は
2/6 春を待つ エピローグ

by marrublog | 2016-01-30 15:17 | マアルオリジナル肌着 | Comments(0)
2016年 01月 29日
春を待つ プロローグ
「春を待つ」



何からお伝えしたらいいか、、。

立春に限定発売する、「春を待つ」。


こういうのがあったらな、と
想像していたこと、

マアルの肌着を身に着けていて
心の内側に起こる変化を感じていたこと、

肌着を通じて表現したいこと、
これからむかっていきたいことが


ありきたりな言い方をしてしまえば、
引寄せあって、
そして
想像以上の反応を起こして



大切な人に渡したい、
大切なわたしに贈りたい、
大切な時に身につけたい


そんな肌着が出来ました。





「春を待つ」ものがたりは、

明日からブログで、そしてマアルオフィシャルホームページで、
立春までの間,

すこしずつ、お伝えしてまいります。



みなさま、絵本のものがたりを1枚1枚めくるように、

お付き合い頂きましたら

うれしいです。


d0154362_2215540.jpg



d0154362_22135153.jpg



舞台その1は、大分県国東半島です。


お楽しみに。







1/29 春を待つ プロローグ
1/30 春を待つ 出会い
1/31 春を待つ 型染め
2/1 春を待つ ものがたりが生まれる
2/2 春を待つ 主人公は
2/6 春を待つ エピローグ

by marrublog | 2016-01-29 22:18 | マアルオリジナル肌着 | Comments(0)
2016年 01月 17日
5周年パーティ
d0154362_20325637.jpg



先週の水曜日、開催した「マアル創業5周年パーティ」。

マアルを立ち上げる前から関わって下さっている友人知人、
縫製さんたち、
デザイン、内装、家具、カメラマン、
資材、取扱店さん、仕入れ先さん、出店主催者さん、等々、、

平日の夜にも関わらず、40数人の方々がお集り頂きました。


終わった後も、
たくさんの思いが交錯して、
文章がかけず。。。

ようやく今日、メルマガ(広島版・ネットショップ版)を書き終えました。


だから、もう、ここには勘弁して下さい(書けんのかいっ)。。。




d0154362_20433863.jpg


この日のパーティの様子は、
私がこのようにボワーッと思考の中に漂っている間に、
出席してくださった方々が次々にブログやFBなどでご紹介して下さっています。

緊張のあまり、たどたどしい司会進行にも関わらず、
会の主旨、を大きな心で汲み取って頂いて、、泣けちゃいます。
その二つをご紹介
・マアル取扱店 「むす日」さん → http://kominka-musuhi.com/マアルさん5周年記念パーティ/
・「悪女時代」のブログ→ http://ameblo.jp/hiroshima-akujo/entry-12117462587.html


↑ここすら、メルマガから引っ張って来た文章でごめんなさい(笑)。




マアル、という名前は、「マアルく繋がろう」から、もらいました。

人と人、
生産者と利用者、
地域とわたし、
社会とわたし、
心と身体
全てがマアルく繋がっていけたらいいなと、願ってつけました。


まだまだ、たったの、5年。

むしろ、いよいよ、ここから始まると思っています。


その、基礎となる足元を、
集って頂いた方々が固く、柔らかく、暖かく支えて下さっていることを
全身で感じた、そんなパーティでした。

マアルのメンバーも、皆、それを感じていたようでした。
・マアル白島店のブログ http://marrushop.exblog.jp/22183857/




感謝、という言葉も違和感を感じる程の
圧倒的な、、、、何だろう?言葉が見つからないのですが、


とにもかくにも。

幸せです。


お客様おひとりおひとりにも恵まれて、
ネットショップでは毎度備考欄にお寄せ下さったコメントに力を頂き、
お店では、暖かいお声をかけて下さったり、
創業からずっとご利用し続けて下さるお客様もたくさんいます。




来る2月4日の立春、そして旧暦の新年に向けて、
新たな気持ちで進む、力を頂きました。



私たちマアルと共に、人生楽しんで、噛み締めて、味わって頂けたら
こんな嬉しいことはありません。

肌着は、そういうことも後押しできる力を秘めていると、
最近ますます思っています。


これからのマアルも、どうぞみなさま、お楽しみに!
そしてこれからも、どうぞよろしくお願いいたします!!



マアル 代表 櫻木直美

by marrublog | 2016-01-17 21:15 | 日々 | Comments(0)
2016年 01月 08日
自然育児友の会さんに
ずっとずっと「ここに取り扱って頂くことが出来たらなぁ」と願っていたお店があります。

それは、「自然育児友の会 memoli 」さん。




自然育児友の会との出会いは、

横浜で長女を産み、
彼女のアトピー治療の方向性に悩んでいた頃。

顔もただれて真っ赤の赤ちゃんだった長女は、
どこへ行っても「かわいそう」と言われてしまうし、
電車に乗せたら暖房で温まって痒くて泣き叫ぶので、
引きこもりがちになっていたのですが、

どうしても
聞いてみたい!と思う講座があって、
思い切って出かけたことがありました。

その会場の受付にいたママ達が
「ちゃんとカラダのお掃除してるんだねー」「お掃除の力が強いんだねぇ、頑張っているねー」って
娘を褒めてくれて、

そんなふうに受け止めて下さった人達ははじめてで、

あやうく泣きそうになったのを覚えています。


それが、自然育児友の会の、アトピーちゃんママの会、主催でした。


そこからすぐ入会し、
会に参加すると、
自分が求めていた情報交換も出来たし、
掻きむしって泣き叫ぶ子どもとの夜の時間も、
「あのママも今頃同じように起きているんだなぁ」と孤独じゃなくなったというか、
本当に、
あの頃の救いの場所でした。


会報も、届くのが待ち遠しくて、
毎号、むさぼるように読んだなぁ。


自然育児友の会は、全国に「お茶会」というのがあり、

当時私は転勤族の妻だったので、
埼玉に転勤になっても、
広島に転勤になっても、
最寄りのお茶会に参加することで地元の自然食品店情報や、
幼稚園情報など、
目線が似ている友達を得ることが出来るだけでなく、
情報交換をさせてもらえて本当にありがたい場所でした。


広島に越して数年後,私がお茶会担当になり、
毎月1回、
増える一方の仲間達を迎え、

我が家や、公園で集って、
それはそれは、毎回いい時間を頂いていたのでした。

d0154362_21244423.jpg

その頃のブログ→hidamari「自然育児友の会お茶会


あの会が、

近所ではなかなか見つけられなかった、いわゆる「自然派(この表現はあまり好みではないけど)」な
子育ての孤独から救ってくれたし、
(例えば、予防接種に疑問をもったり、自然なお産、に関心をもったり、鼻水が出たくらいじゃ病院には行かないでいいよね、な感じ)

私は当時、天然酵母パンを作ることが生き甲斐だったので
とにもかくにもみんなに食べてもらったり(笑)

あの会がなかったら、
マアルには繋がっていなかったかもしれない。

そのくらい、

大切な場所でした。

あの頃の仲間達が、
全然普段は会えないけれども、私にとっては大切な仲間たちです。



長い前置きでしたが(得意の)


というわけで、自然育児友の会が、
東京の国分寺にある「カフェスロー」に隣接してお店を設けていると知った時から

マアルとして繋がりが出来たら嬉しいなぁと願っていたのでありました。


願っていたとはいえ、
特にこちらからアピールすることはなく、

きっといつか、
自然な流れがあるんじゃないかという夢のようなことをぼんやりと思っていました。


それが、
昨年秋、アースガーデンに出店させてもらえたことがきっかけで
どんどんお話が繋がっていき。

昨年末から、


満月パンツと、新月ショーツをお取り扱い下さっています。

昨日から、memoliさんでは、冷えとりマルシェ開催中だとかで、
年始早々、また新たにいろいろと入荷して頂いています。



嬉しいなぁ。

なんだか、涙出ちゃうな。


今年は、自然育児の仲間達と同窓会をしたいな。

by marrublog | 2016-01-08 21:42 | Comments(0)
2016年 01月 05日
ippo 7号本日から配布します
みなさま、
新年明けましておめでとうございます。

マアルは昨日1月4日から、店舗ネットショップ、事務所、全て活動開始しております。

昨日のFacebookでもお伝えしましたが、

マアルは
2月4日の立春、そして旧暦の新年2月8日をひとつの「はじまり」としておりますので、

新暦のお正月の、世間の清々しい空気の中で、
より一層スタートにむけ、
しっかりと整え、振り返り、新たなものへ向かう力を養うべく温めている。
そんな気持ちでおります。


よし!と自分を勇気づけたり、
えいや!と始めるきっかけは、多いほうがいいですから
新暦も旧暦も、冬至も、新月も、

いろんな力を借りて、イイトコドリ出来たらいいんじゃないかな。


と。



さてさて、
季節ごとにマアルから皆様へお渡ししている無料の季刊誌、ippo。
本日から、7号が配布スタートとなりました。

ippoは、マアルのネットショップのお買い物商品に同封したり、
白島店でもお配りしております。



今号の特集は、、、、ああ、言いたい。。


ネット上でのお知らせはもう少し先になりますが、

昨年から準備を進めているプロダクツを掲載しています。




みなさま、今年のマアルも、どうぞお楽しみに!!!




d0154362_14122087.jpg


by marrublog | 2016-01-05 14:14 | お知らせ | Comments(0)