<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2014年 10月 23日
チェンマイとバンコクに
あまりに感動・充実度が高いと、「頭を整理してから書こう」といって結局そのままになることを
過去何回も繰り返しているので、


とりとめもなく記しておきます。



タイのチェンマイとバンコクに行ってまいりました。


d0154362_2218896.jpg

チェンマイのホテルから。
市内中心部は想像していた以上に都会だった。



d0154362_22184459.jpg

d0154362_22191570.jpg

今回、タイに行く事になったのは、
マアルをずっと見守って下さっている三宅曜子先生からのお声かけがきっかけ。

日本の伝統工芸を世界に発信している一流企業数社と三宅先生が関わる「結プロジェクト」と、
タイの工芸を繋いでコラボレーションしていくという、
タイ政府のプロジェクト。


結プロジェクトの各社長さん達が、
100年以上続いている家業を世界中に発信している模様をプレゼンテーションされた後に、
マアルも発表させて頂く機会を
急に(前夜)与えて頂き。。。

会場には80人を超えるチェンマイの企業の方々。
みなさん優しくて、
たぶん先輩方のプロフェッショナルなプレゼンのあとに私だったから、
「がんばれよ」という応援の気持を込めて下さったのだろう、
うん、うん、と頷いて、すごく温かい拍手をくださった。


d0154362_22451195.jpg

タイはお米の国。
私は辛いものが苦手なので、どうなるかと思ったが、
ノー・プロブレム。
毎食美味しくて美味しくて。

d0154362_2246461.jpg

LIFE IS A JOURNEY のスニーカーを連れて行った。
彼(私の中では男性名詞)を旅に連れて行かずしてどうする。
やはりこのフェアトレード・オーガニックコットンのスニーカーは秀逸だ。
とても歩きやすい。
(みなさま、3月には追加生産で販売いたしますのでお待ち下さいね)


d0154362_22481649.jpg

チェンマイでは、
オーガニックのはちみつ企業、
女性の雇用支援を促進している企業、
ものすごくスタイリッシュな家具を作っている工房、
これまた洗練されたお洒落な皮と布製品を作っている工房、
陶器の代表メーカーetc,,,

タイ政府の方々と先生のご尽力で、
見学だけでなくいろいろとお話もさせていただいた。


女性雇用促進の作業所。
たくさんの女性たちの笑顔が印象的だった。

あるオーナーの奥様(イギリスの人)とは、夕食の際、2時間もお話を。
「彼女達はとても器用で、繊細な仕事をしてくれ、尊敬している。彼女達に正当な給料を支払いたい。けれども、世の中は値下げ値下げで、メーカーには低価格を要求される。
おかしいと思わない?だから私は、真っ当なところにだけ販売したいのよ」

私が聞き取れるように、ゆっくりと、はっきりとした英語で、
何度も何度も話してくれた。

私も全く心から同意します。
だから、私も、フェアトレードのオーガニックコットンを仕入れているし、
さまざまな工程で「正当な賃金」と向かい合っています。と伝えたかったけど、
I really think so,too. としか言えないのが悔しかった。
しかもこれがあっているのかどうか。

日本に帰ってすぐ、英会話を教えてくれているMr.Manabuに「私もっと頑張りますっ!」と宣言した。



d0154362_22582259.jpg

チェンマイが好きになり過ぎて、
どうしよう、と思った。

月に一度はタイを訪れて現地の人達をサポートしているという先生がいてこそのことだが、
人に対しての礼節、
おもてなし、
笑顔。


沖縄の祖父のことを何回も思い出した。
祖父が、こういう人だった。


最近、付き合いや、いろんなことがどんどんドライになっていないか。
関わりあうことを、遠慮していないか、
受けたご恩を、返す努力をしているか、、

学ばせて頂くことがたくさんあった。


d0154362_2325332.jpg

バンコク。

暑かった。そしてものすごく都会だった。
で、思った通りエネルギッシュだった。

車のぶっ飛ばし方がすごかった。




d0154362_2352681.jpg

タイ政府主催の国際ビジネスショー。

オープニングには、主要幹部の女性たち。
タイは、企業幹部に女性がたくさん。
そう言われてみれば、紹介されたメーカーさんたちも、プレゼンテーションを聞いてらっしゃった方々も、半々か半分以上が女性だった。
「女性が働く」という特別感は一切無いんですよ、と通訳のこれまた女性が教えてくれた。


d0154362_23264791.jpg


d0154362_2327043.jpg


そして、このビジネスショーでもプレゼンテーションを。
緊張も多少したけれども、
このありがたい機会を、大切に、丁寧に、と思った。

オーガニックコットンの生産者の人達と、
繋がることもできた。


d0154362_2341635.jpg

発表が終わり、竹布の清布ショールも少しヨレヨレ。

とても広い会場を埋め尽くすブースを見るだけでも
相当歩いた。
さすがにスニーカーは、、なので、
普段履き慣れているオーロラシューズを履いていった。
あの靴も、もう8年くらい履いている。
タイに連れてくるとはね、、思い出が増えた。


d0154362_23353649.jpg

都会だが、南国。

花も咲き乱れ、フルーツも美味しい。


d0154362_23364154.jpg

タイはアーユルヴェータの国です、と通訳さんが教えてくれたときに、
あ!と思ったのは、

ずっと食事に「温かい汁物」が出ていたこと。

沖縄も暑い時でも「温かいもの」を食べるし、
発汗させたほうが身体が楽になるから、というのもあろうが、

蓮村先生も私に「毎食汁物をとりなさい」と言った。
アーユルベータの観点からも、食事に汁物が出ているんじゃないかな。


6日も外食が続くと、
私は肌が辛くなる。
家の食事が恋しくなる。

けれど、今回のタイでは、まったく問題無し!
美味しくて美味しくて。

揚げ物やベイクした小麦系が特に少なかったということも私にはありがたかった。

こう書いていてももうタイ料理が食べたい。




---------
今回のタイ渡航、
ご縁を頂いて参加させて頂き、
本当にありがたくて、何度も胸が熱くなった。


三宅先生、
タイ政府のかたがた、
タイのかたがた、
結プロジェクトの素敵な大先輩たち、
留守中のマアルを和気あいあいと守ってくれていたメンバーたち、
「毎日おばあちゃんのご馳走だー」と元気に普通に過ごしてくれていた子ども達、家族。
そして、元気にハードスケジュールを乗り越えている私の身体と心。
今年の冬・春の不調から思えば、本当にありがたい。

旅行会社を使わず、自分でチケットを買い、ひとりで国際線に乗り、
一人でバンコクの空港でチェンマイ行きのロビーに辿り着けたのも
43歳にしてちょっと大人に近づいたような、嬉しい気持ち。



きっと、いや、必ずまたタイに行くことになる。(宣言)

今日も、関わっているあるプロジェクトの打ち合わせがいよいよ大詰めだったのだが、
その大切な核をなす生地の生産地がチェンマイ。


そういえば、このプロジェクトがスタートした数ヶ月前、
その栽培方法を聞いて「私、チェンマイに行きたい!」って叫んだ。



言うことは、大切ですね。




新月の夜に。タイの記録を。





長文お読みいただき、ありがとうございました。


nao







マアルの日々の新着情報はこちら!
新商品のご案内や、季節のオススメなど、ほぼ毎日1投稿でご案内しています

http://www.facebook.com/marru.tsunagaru
ぜひ「いいね!」をクリックしてねん♡

by marrublog | 2014-10-23 22:19 | 日々 | Comments(0)
2014年 10月 23日
フードフェスティバルひろしま「ラブグリーンひろば」出店
ふと気がついたら明後日!


広島の大きなお祭り、
フードフェスタひろしま開催中、
広島城のお堀北側のひろばで開催される

「ラブ・グリーンひろば」に、

今年も出店させて頂きます!


d0154362_1846872.jpg



10月25(土)・26(日)
10時〜17時

詳細はこちら→
自然の豊かさをコンセプトに、
商品や素材にこだわったお店が並びます。


ワークショップもいろいろあるし、
美味しい、こだわりのものも♡
森のコンサートとして、生演奏もあります。


ラブグリーンひろば、今年で開催から3年目で、マアルはスタートから毎年参加させていただいておりますが、
今年は土日両日の出店!

しかも、毎年「雨。。。」なのですが、
今年は晴れ渡りそうではありませんか!


私も、土日両方お店番するので、楽しみです。


土曜は、広島城から歩いて7分程度の、マアルの実店舗もあけておりますので、
ハシゴというのもおススメです♡



優しい肌着の冬支度に、
どうぞお越し下さいませ。






マアルの日々の新着情報はこちら!
新商品のご案内や、季節のオススメなど、ほぼ毎日1投稿でご案内しています

http://www.facebook.com/marru.tsunagaru
ぜひ「いいね!」をクリックしてねん♡

by marrublog | 2014-10-23 18:52 | お知らせ | Comments(0)
2014年 10月 12日
マアルの肌着、下半身の冷えに有効なことが証明されています
下着の締め付けが冷えやむくみ、自律神経にどう影響しているか〜という観点で
マアルの肌着を調査・研究して頂いている
県立広島大学の井上准教授のポスター発表が
広島大学であるというのでお邪魔してきました。


d0154362_18294798.jpg

キャンパス奥にある、素敵なレンガの建物。


d0154362_183033100.jpg


余談ですが(早速余談か)
こういう、「スーツで行くのであろう」的な場所へ行くときの格好って、
いつも悩ましい。
昨日は、オーガニックコットンのガーゼの白いシャツに、
evam evaの紺グレーのパンツを履いて、それっぽくしたつもり(当社比)。
(紺や黒のスーツでタイトスカートでパンストでパンプス、って、もう、、出来ない)


d0154362_9285561.jpg

質疑応答時間に限らず、
いろいろご質問を受けました。
他大学の研究者の方々にも興味を持って頂いたのが嬉しかったです。


研究は、
今後も血流量調査や、いろいろと進んでいく予定ですが、

研究を開始して1年経過した時点での報告をいくつか。


一番大きな収穫は、
「下半身の体温が、締め付けている(一般的な)ショーツから、
マアルの新月ショーツや満月パンツに履き替えると、平均して1.5度、高い人では2度もアップする」というデータ。


d0154362_9341661.jpg

医療従事者(看護師や病院、大学医学系で働いていらっしゃる方々)を対象に調査しました。

ソケイ部を締め付けず、
下肢に流れ込むリンパや血を遮らないことが
こんなにも下半身の冷えに影響するということ、
データで示すことが出来て嬉しいです。



自律神経調査もすすんでいますが、
リラックスを示す値も高く、
これもいい感じです。

(詳細なデータは学会発表前なのでここまでしか公開出来ないのですが)

私も昨年、県立大学に行き、
サーモグラフィー調査に立ち会わせて頂く機会がありましたが、
最初は皆さん、満月パンツの形に「わ」とか「お!」とか、若干抵抗感も示されているのですが、

「履いている感じがしないわね」
「気持いいわ、これ」等、いい感触のお声もたくさん頂戴いたしました。



私個人的には、
「気持いいから好き!」という直感派というか、右脳派というか、短絡的というか(汗)

そういうタイプなのですが、

やはりお客様からたくさん
「浮腫がらくになった」
「毎年しもやけが出来てた足が今年は大丈夫!」などなど、お声を頂いていたことを

こうやってひとつひとつ
データとして確証できて、


安心したといいますか、
ホッとしたといいますか。





発表会場に、
たまたま治験者のかた(マアルのパンツを調査時から履いて下さっているかた)もいらして、
「すごく気持いいからずっと使ってます、丈夫ですね」という嬉しいお声もかけてくださいました。





マアルのオーガニックコットンの締め付けないパンツは、

いわゆる「自然派指向」なかたが興味をお持ち下さるのは自然な流れ。


けれども、
冷えや、むくみ、しびれ、生理痛、さまざまなお悩みを持つ、
いわゆる「自然派、と言う感じでもない」かたがたにだって、知って欲しいし、
使って欲しい。


だから、こういうデーターというのも、大切だよなぁと私も勉強させてもらっています。



今年冬には、全国集会の学会でも発表予定とか。


お知らせできることがありましたら、
またここでシェアさせて頂きます。






-------

ちょっと緊張の会場を出て、
広島大学のコンビニにフラリと。

どんなものが置いてるのかなぁ〜?と、興味津々で回っておりましたら
「櫻木さん!」と声をかけて下さる方が居て、
ネットショップを立ち上げようと3年前、広島市の塾生になって頑張っていた時の先輩ご夫婦でした。

d0154362_9552239.jpg

d0154362_9554378.jpg


新たな試みで、地産地消、オーガニックに近い形を広げていこうと、
手作りパン、お弁当等、作っていらっしゃいました。
素敵!
将来お医者さんや看護師さんを目指す学生さん、
大学病院に通う人達、
近所の人達も利用できる、キャンパスのコンビニがこういう展開をしていらっしゃることに感動。




どんどん、こういう視点の店づくり、商品作りが広がっていくといいな。



d0154362_1082225.jpg



新月ショーツ、満月パンツ見た目はこんなに生地面積が小さいので
「寒い?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

下半身の体温が上がるので、
ますます「冷え防止ショーツ」としてお伝えしていきたいと思います。





ブラ無し生活が出来るタンクトップとショーツのセットだと、
全身の巡りがよくなるのは間違い無し!ね。



私、どこへ行くにもこのタンクトップなので、
だからあまり緊張しないのかなぁとか、そんなことも思っています。

そういうこと、データとれるのかなぁ?
今度先生に聞いてみます☆





マアルの日々の新着情報はこちら!
新商品のご案内や、季節のオススメなど、ほぼ毎日1投稿でご案内しています

http://www.facebook.com/marru.tsunagaru
ぜひ「いいね!」をクリックしてねん♡

by marrublog | 2014-10-12 10:10 | マアルオリジナル肌着 | Comments(0)
2014年 10月 03日
さんごいろな日々
10月1日11時に(イチ並びが好きなんです)発売となった、
「珊瑚色」の新月ショーツとタンクトップセット。


予想を上回る反響で、
この3日間、事務所は一気に「珊瑚色」で埋め尽くされました。


d0154362_2245758.jpg



マアルのオリジナル肌着は、
縫製こそ、プロの方々にお願いしておりますが、
検品やパッキングは、すべてマアルメンバーが手作業で行っています。


メルマガに詳しい事は書きましたが、

今回の草木染めは、どうしても「和紙」に包みたくて、
探しぬいた結果、

国の重要文化財にも指定されているという島根県の「石州和紙」に巡り会いました。

薄くて柔らかいのに、
洋紙に比べ何倍もの強度を持つので、
珊瑚色の肌着を取り出した後、
お菓子を包んだり、アクセサリーを包んだり、汚れたくない何かを包んだり、、

使い捨てじゃない、何かの用途になるパッケージになりました。


ですが、畳む時間は通常のパッケージの数倍かかる。。。


ま、発売してから徐々に畳んでいけばいいわよ、的なペースで発売日を迎えましたが、

嬉しい誤算。



私は、和紙を切る係(和紙にこだわった言い出しっぺなので、頑張る:笑)。

ひたすらひたすら、中腰で和紙を切り続けました。

優しい和紙だからでしょうか、
黙々と和紙に触れていると、すごく集中できて、気持いい。




作業台の上に珊瑚色のタンクトップを積み上げ、ピンクに埋もれているパッキング担当のKも、

「珊瑚色を畳んで、赤い水引を触っていると、おめでたいきもちになりますぅ」って、
頬っぺたが少しピンク色になっていました。



d0154362_22363227.jpg


優しい品を触り続けているからか、
発売から、3日間「年の瀬ですか?」な感じのマアル事務所でしたが、

なんだか疲れていない。

というか、全然疲れていないのです。




ご注文頂いた方々は、9割り、リピーターの方々。

受注欄に並んだお名前は、ほとんど見覚えがある方ばかりで、
こうして繰り返しマアルと繋がって下さっていることが
本当に嬉しく、ありがたく。



よけい、私たちの気持も珊瑚色になりました。




d0154362_22421196.jpg

余談ですが、うちのチビ助、珊瑚色発売の10月1日から今日まで、
野外活動でお泊り。

自分の身体より大きいんじゃないか?という荷物を背負い、出発。

d0154362_22422383.jpg

帰って来た今日は、
楽しかった報告が止まりません。

私が帰宅早々、片付けや夕食の準備をしながらあたふたと聞くよりも
ゆっくり話が聞きたかったので(という言い訳でもあったりしますが:笑)
近所で晩ご飯。

「うどん伸びるよ」と何度言ったでしょうか、

行きのバスがあっという間だった、という話から、
みんなでお風呂に入ったこと、
キャンプファイヤーが終わったとたんに雨が降りだしてラッキーだった話、
ごはんが多くてお腹が苦しかった事、
男子がふざけすぎだとか、
お風呂の後、髪を自然乾燥するからリンスにこだわったとか(誰かの聞きかじり)
まあ楽しいこと楽しいこと。



「ふう(次女)が最高に楽しんでいる間、お母さんも珊瑚祭りだったんだよ」

と言ったら

「それはそれはお互い楽しゅうございましたなぁ」と
まだまだ変に高いテンションでかえってきました。




さて、その珊瑚色。

タンクトップのLは、本日完売しました。
Mサイズはあと十数枚。

ショーツは、タンクトップよりも多めに作ったのでまだ大丈夫です。

こんなに珊瑚色でハッピーになるなら、
定番にしてもいいんじゃないか、と思ったりもしています。








マアルの日々の新着情報はこちら!
新商品のご案内や、季節のオススメなど、ほぼ毎日1投稿でご案内しています

http://www.facebook.com/marru.tsunagaru
ぜひ「いいね!」をクリックしてねん♡

by marrublog | 2014-10-03 22:19 | マアルオリジナル肌着 | Comments(0)