カテゴリ:アトピー、アレルギー( 17 )

2016年 09月 20日
化学物質過敏症の方々への衣類カタログに
d0154362_20445044.jpg

化学物質過敏症の方々が少しでも安心な衣類を選べる手がかりになるように、と、
NOC(日本オーガニックコットン流通機構)が製作し、CS(化学物質過敏症患者)支援センターを通じて配布している冊子があります。

今年の春から、マアルの新月ショーツ(生成り・茶)も記載して頂いておりましたが、

この秋冬号には、それに加え、
タンクトップと、大人用腹まき、子はらまきも、掲載して下さいました。



可能な限りの化学物質を使用せず、
信頼できる工場のもとで生産した商品ということが認められています。
(マアルはNOC(=日本オーガニックコットン流通機構)賛助会員でもあります。)


今号の特集は、「暖ったか快適生活」。

化学物質過敏症の方々の中には、
暖房そのもの(灯油や、ガスヒーター、エアコン等も)が辛いかたもいて、
重ね着で冬の寒さを乗り切ろうとされるかたもいらっしゃいます。



症状の程度、反応するものは千差万別で、
皆様にとって必ず100%大丈夫とは言い切れません。


それでも、
気軽にお店で買い物が出来ないかたがた、
衣類の薬品等にも反応し、気軽に試すことが難しいかたがたの選択肢が
少しでも増えるように。

そして、出来ることなら、身につけて嬉しくなるようなものが選べるように。



今年の春から関わらせていただき、

少しずつ、その扱いの品目が増えていけることが嬉しく、
より一層の安全性を高めていこうと思っています。


もっともっと、出来ること、あるはず。


この冊子、マアルでも何冊かお預かりしております。



ご希望のかたは、
ネットショップでお買い物の際、備考欄にお書き添え頂くか、
info@marru.net までお伝えくださいませ。


化学物質過敏症のかたは、インターネットも電磁波の影響でしていらっしゃらない方も多い為、
もし身近にいらっしゃったら、
この冊子に掲載されている商品購入の窓口をして下さっている
NOC さんのことを
伝えて頂けると嬉しいです。




掲載品目
d0154362_20515578.jpg


<新月ショーツ 生成り>

<新月ショーツ 茶>

<タンクトップ パッドポケット付き 生成り>


<タンクトップ パッドポケット付き 茶>


<腹まき>


<子はらまき>


d0154362_20543356.jpg


by marrublog | 2016-09-20 20:55 | アトピー、アレルギー | Comments(0)
2016年 07月 24日
入浴剤はもうずっと華密恋ひとすじ。
d0154362_17403911.jpg


暑くて、忙しくて、ついシャワーが続きがちになるけど、

やっぱり華密恋のお風呂を続けたら全然肌が違う。


先月、シャワーを使っていて、「あ、キタ!」塩素の刺激が増えたことに気づいた。


水道局によって量はマチマチらしいが、

気温の上昇とともに水道水も雑菌が増えるため、塩素量を増やすので

例年、梅雨あたりから水の刺激を肌で感じるようになった。


華密恋は、塩素も中和するチカラがあると聞いたので、
肌がしんどいときは特に、洗面器に水を入れてカミツレを垂らして顔を洗ったりしている。


カモミールの消炎作用があるからか、
以前は
お風呂上がりにカァーッと乾燥して痒くなっていたが、華密恋を使い出してからはそれがない。



7月は、春夏秋冬ブランドの「夏 空」の発売があり、
蒸れにくいブラパッドの発売も同時にあり、

その後も満月農園のポテトチップも限定80食ネットショップに出したら二日足らずで完売し、

とにかくネットショップの対応で大忙しだった。

たくさんの準備してきたことを、「出す」ひと月だった(まだあと1週間残っているけど)。


発売までの準備のほうがはるかに時間も、
ものすごいプレッシャーもかかるので、
今月はたくさんのお客様が新商品を喜んで下さり、

想像していた以上に「蒸れにくいブラパッド」も「夏 空」も好評で、
忙しくても達成感があって、ストレスは無かった。

休日もとれたし、
やっと釣りもいけたし、
マニアックなすごい整体(仙骨生命力活性法整体)も受け(釣りと、自然療法は私の趣味だなとつくづく思う)、

昨日もたっぷりとカモミールの香りに包まれ半身浴してから、友人達と夜の海に出かけて
ああ、夏だなぁ。って。



ひとつひとつゆっくり書きたいことがいっぱいあるけれど

まとめてしまうと、いい7月だった、というわけである。さ、お風呂入ろ。

by marrublog | 2016-07-24 18:08 | アトピー、アレルギー | Comments(0)
2016年 05月 10日
化学物質に過敏な方のための衣類冊子に
いつか、関わることが出来たら。

そう願い続けてきたことが、4月から、小さな小さな一歩ですが、歩みを進めました。

d0154362_17223245.jpg


このカタログは、NPO法人 NOC日本オーガニックコットン流通機構さんが、
過敏な体質の方々のために、特に厳選し認定した製品を収録したもの。

掲載されている商品は、漂白、染色、柔軟加工など、一般の繊維製品では当たり前に行われている化学薬剤処理をせずに仕上げられたものばかりです。

その冊子の中に、マアルの新月ショーツ 生成り・茶を案内して頂き、
このカタログを通じて、化学物質過敏症の方々への販売を開始致しました。


d0154362_18505734.jpg


「化学物質過敏症」という症状のこと、

アレルギーをお持ちのかたの中にはご存知のかたも多いのでは無いでしょうか?

※詳しいことはこちらのHPがおススメです
化学物質過敏症支援センター


反応する化学物質、そして反応の度合いは、もちろん人それぞれですが、


日常身につけるものを求める際も、

街に出てお買い物、となると、すれ違う人の香水、立ち上る柔軟剤の匂い、店舗の消臭剤、カーペットの防カビ剤、、とても出かけるどころではない、と言う人もたくさんいらっしゃいます。

ネットショッピングも電磁波に反応して辛いかたもいらっしゃいます。


私自身、日頃から香りがキツい場所にいると顔が火照って真っ赤になりますし、
満員電車で衣替えシーズン等、人々の服から防虫剤の香り、柔軟剤、化粧品、、頭痛がしてきます。



なので、
とても他人事とは思えない「化学物質過敏症」。

私たちともちろん同じように、お洒落も楽しみたいし、選択肢がたくさんあって
人生を楽しむ権利がある。

なのに、衣食住に於いて、その選択肢はとても限られていて。。。


d0154362_1740470.jpg

今年の2月に新月ショーツ 生成り・茶はNOC日本オーガニックコットン流通機構の厳しい基準に合格し、認証を得ております。


選択肢のひとつ、の中に、我が子「新月ショーツ」が加わった事は、

マアルにとって念願の道筋の第一歩。


もっとご対応できる品目を増やしていけたらなと考えています。


d0154362_1985388.jpg


このカタログは、化学物質過敏症支援センターに登録していらっしゃる会員のかたや、NOCに履歴がある方々等へ直接お送りしているそうです。

もしこういったものをお探しのかたがいらっしゃいましたら、
NOCさんにご連絡をされるか、

マアルでも数冊お預かりしていますので、
こちらから発送もいたします。
info@marru.net へご連絡下さい。



※通常マアルのネットショップでお渡ししている新月ショーツと全く同じものですが、
このカタログ経由でご注文頂いたかたには、
NOCさんの指導のもと、発送方法を化学物質に敏感なかたへの対応方法にしています。

by marrublog | 2016-05-10 19:09 | アトピー、アレルギー | Comments(0)
2015年 02月 13日
薬草カモミールの恩恵
「肌にあうもの探し」を、
もう諦めよう、と思ったのが昨年。


水すら痒くなってしまい、
「肌断食」という本を読んだのがきっかけで、
一切何もつけなくなりました。


何週間か、竹布マスクが手放せない、ぼろぼろ皮剥け期が続いたあと、
夏にさしかかったのもあり、
ようやく
ボロボロが治まり傾向に。

けれども、

唇、アゴ等、部分的にまだカサカサが続いていたため、
人前に出るときだけ付けるものを探していました。

d0154362_18585868.jpg

そんな時に出会った「華蜜恋のバーム」。
オーガニックコットンのスニーカーLIFE IS A JOURNEYの製作をしているBIO HOTELS JAPANさんが
東京でお会いした時に紹介して下さいました。



いつも、「最初は大丈夫」なものが多いけれど、2〜3日後、1週間後、1ヶ月後使い続けるとダメになってしまう私。


が、

これは、もう半年以上、毎日愛用しています。


嬉しいことに、これひとつで、
リップはもちろん、
ハンドクリーム、
そしてヘアワックスにも。


冬になり、乾燥が激しいこの時期、毎日お世話になっています。


これはいいぞ、と、
調べてみればみる程、安心できる内容。
しかもシンプル、しかも、製造されていらっしゃるカミツレ研究所さんの企業ポリシーが
とてもとても、共感、尊敬できることばかり。


このたび、マアルで取り扱いさせてくださることになり、
先週、東京でカミツレ研究所さんにお会いしましたが、


聞けば聞く程、マアルが大切にしていることと重なっていて。


「いい製品、いい生産者さん達とのご縁は、私の場合、肌が連れて来てくれる」とこの時も本当に思いました。


d0154362_1933075.jpg


バームに20%も含まれるカミツレエキス。


華蜜恋薬用入浴剤は、
このカミツレエキスだけで出来ているのです。

もはや、入浴剤であって、入浴剤じゃない。

華蜜恋の原点が、この入浴剤だそうで、30年間、製法を変えず
ずっと作り続けているのだそうです。

d0154362_19122224.jpg


ある印刷会社の社長さんが、ご自身の体調をわずらったことからハーブの勉強をされ、
ジャーマンカモミールと出会い、
以来、「あらゆる方の肌と健康によいものを作って、お役に立ちたい」とカミツレ研究所を立ち上げたとのこと。

そしてご自身の故郷、長野県安曇野に、
30年以上前は耳にすることすらなかった、化学肥料を使わない循環型農業で土づくりから取り組まれ、
自社農園と、賛同する契約農家さん達との連携でこのカモミール(和名:カミツレ)を育てているのだそうです。



マアルのスタッフ達みんなに使ってもらい、
華蜜恋化粧水等も、とても気持がいいことも実証済みなのですが、
いかんせん、
私自身が化粧水をまだ使う段階の肌ではないので
(やっと肌断食で何もつけないで大丈夫になってきた部分があるから、
ちょっとまだこの状態を試しておきたいのです。
もっと肌が安定したら、やっぱり「肌にまとう」という行為自体はとても好きなので
ぜひ試したいと思っています)

まず、マアルでのご紹介は、


入浴剤バームからスタート。



ネットショップの説明文もよく読んでお試し下さい。



以前からご紹介しているヨモギ商品、
そして今回のカミツレ。

薬草の素晴らしさを、改めて実感する日々です。






マアルの日々の新着情報はこちら!
http://www.facebook.com/marru.tsunagaru
ぜひ「いいね!」をクリックしてねん♡

by marrublog | 2015-02-13 19:07 | アトピー、アレルギー | Comments(0)
2014年 07月 17日
痒みやアトピーの改善には、下着だけじゃなく、
下着かぶれや、アトピー症状の一因として、

下着そのものだけではなく、

実は使う洗剤にも関係がある、ってこと、
案外見落としがちです。

d0154362_19264955.jpg




合成界面活性剤は、残留性が強く、すすいだ後の洗濯物にも付着しています。

繊維が汗等の水分で濡れたとき、肌のバリア機能を壊し、
肌に浸透していきます。


肌が弱い方は、その時点で火照りやかゆみが現れる場合があります。
繊維に残してこそ効果を発揮する柔軟剤も、
注意が必要です。



また、これは私の体感ですが、

石けん洗剤は洗濯機に石けんカスが発生しやすく、
カビの一因になるため、
(タオルに黒いポツポツ、、出来ませんか?)

カビに反応するアレルギーがある人には
その洗濯機で洗ったもの自体に反応が出ることも。




界面活性剤ゼロ、しかも汚れ落ちがとてもいい、
「バジャン」。

先日のショップでもお客様が話してくださいましたが、
このバジャンを使い始めてから
洗濯槽の汚れが無くなったと。


この梅雨時期も、洗濯物が生臭い匂いがしません。




優しい素材の肌着達だからこそ、
優しいもので、洗って下さったら
いい巡りが生まれるなぁ。




<バジャン>
http://marru.shop-pro.jp/?pid=56446963
<ドラムバジャン>
http://marru.shop-pro.jp/?pid=56510234
<バジャンお試し用>メール便可
http://marru.shop-pro.jp/?pid=58278340
<バジャン5kg入>最近リピーターさんが増え、このお徳用が人気です
http://marru.shop-pro.jp/?pid=58697594





☆この記事は、Facebookでアップしています。
Facebookを見ないかたも多いとのことで、こちらにも貼付けておきますね。
マアルのオフィシャルFacebookは、アカウントを持っていなくても見る事が出来ますよ〜








マアルの日々の新着情報はこちら!
新商品のご案内や、季節のオススメなど、ほぼ毎日1投稿でご案内しています

http://www.facebook.com/marru.tsunagaru
ぜひ「いいね!」をクリックしてねん♡

by marrublog | 2014-07-17 19:29 | アトピー、アレルギー | Comments(0)
2014年 03月 08日
私の肌は
ラブリー♡。


今日から、そう言ってみる事にしました。



この2年、よくなる一方だった肌に不調のかげりが現れたのが去年の夏。

だましだまし、どうにかこうにか冬を迎え

冬には毎年調子がよくなるからホッとしていたら、この冬は違っていたようで。



1月中旬に参加したあるWSで学んだある動きをすることや、

歩く事、より一層の養生、そして一切の砂糖をやめて一旦はよくなったのだけど、



仕事がまた忙しくなって疲れて来たら、

その動きをする気力も薄れて

毎日5000歩の目標はどこへやら、

家と事務所の往復、
あちこち車で走り回り、
パソコンに10時間以上向かう事もしょっちゅう。


頭ではわかってることが、
なかなか出来ない。




で、春スイッチon!

先週は、ずっと空が霞み、
花粉や、ほにゃらら2.5(あえて言う気がしない)やら。


薄くなって、すぐいろんなモノに反応する肌は、火照りと刺激を感じる一方で、

ああ、きた、来てる、、、と思っていたら


昨日の朝。

鏡を見て、「おお、この2年でピーク」と感じました。
(そんな真っ赤な顔でのお話会。それもまたひとつのネタにするほどになった自分を自分で褒めました)



休みの今日。

気持も底値。


起きて、鏡見たくない。

見なくても、この熱く熱く火照った感じと
何よりも敏感な手のひらの感触がもう察知しています。

リンパが、首から上に集まっている感じ。



昼から、1月中旬以来のワークショップがあるけど
先日まで、この日を楽しみにしていたんだけど、、


でも。


ベッドの中で、悶々ゴロゴロしていたら、

朝ごはんもすっかり自分で済ませた次女が
入り込んで来て。
(長女は既にクラブ練習へ。せめて休みの朝だけは起すまいとしてくれている2人。ありがたいです)



遊んでいるうち、

「しりとりしよう」ということになり。



「いいきもちになる言葉しりとりしよう」と提案しました。


次女は「いいよ、ふぅ(次女のあだな)からいくね〜。」





「ありがとう」






ああ、すごいな、あなた、一発めに「ありがとう」って言ってくれるんだ。



もうこの一言で、

いい気持になる言葉、と提案して、まず「ありがとう」が出てくる10歳のおかげで


私のいつになくどす黒く沈みきっていた気持が浮上しました。



そのあとは

「ありがとう」(次女)→

「うれしい」(ワタシ)→

「いきしちに」(次女) で、「なんでイキシチニやねん!まあ、ええわ」と笑って、

「ひみいりい」といいかけて、「しりとりになってへんやん!」って大阪弁で突っ込んで

もうすっかり春の土曜の午前中を迎える気持になったのでした。






口にすると、定義されて、カラダが素直に反応する。

判っていたけど、

今日、結局参加したワークショップでも同じような事を聞いて

そうだよな、またこれも意識してみようって思ったのでした。


ここのところ、あちこちからありがたいお声がかかり

毎週のように出張している「布ナプお話会」で、必ずする自己紹介。


30歳で、突然発症した私のア○ピー。(それを今からラブリーと言ってみる)

食に気をつけ、
肌に触れる繊維や住環境にも気をつけ
でも、黄砂が降ったりすると赤くなるんですよ、
精神的ストレスがかかってもね、、、

なんて自己紹介してるからいつまでもそうなってるのかも。

前から、チラチラ思ってましたが、

次のお話会のときから、

あえて過去形で言ってみるとか(笑)。

なんのこっちゃ?と思われるかもしれないけど、やっぱりラブリー♡って言ってみるとか?



口にしないことが一番近道かもしれないけれど、
私の場合は、伝える事もひとつの仕事。





布ナプのお話会でも時々言いますが、

使い捨てナプキンの使用後、「汚物入れ」に捨てますよね。

まるで生理が「汚物」のように扱われている。

あれがありきで、命が生まれるのに、汚物って名前を付けられたらやっぱりそういうけがれた扱いになってしまう。
(この話はいろんな側面もあって、別方向に話が長くなるので今日はやめておきますが:既に充分長い)


それと同じで、わたし、ラブリーを、やっぱり嫌なもの扱いしていたかもしれません。


もちろん、発症していなかった30歳までは、
肌は白いほうでトラブルもなかったけれど、
小学校もよく休むカラダの弱い子だったし、
20代でもいろんな不定愁訴を抱えていたし、

それに比べて、
発症自体はとてもつらくしんどいものだったけれども
そのことで出会えた世界、
感じることができた様々な感覚、
人の見かけに左右されず付き合う事が出来る人達との出会い。

そして、今の仕事。

エエ格好するわけではなく、やっぱりこの流れがありがたい。


だから、
「おー、今日もなかなかラブリー♡」な感じで可愛がってみようと思います。


今まで、本当に、本当に、
色んな事を試して来たから、
次は、愛するニックネーム方式じゃ♡



ちなみに今日の長くなった文中に出てくるワークショップは、
明日もあります → 
興味のあるかたは。私は明日は都合で参加できないかも、なのですが。





久しぶりに、
試行錯誤中&発展途上中の日常を吐露してみたりして。

長いことお読み頂きありがとうございました。






マアルの日々の新着情報はこちら!
http://www.facebook.com/marru.tsunagaru
ぜひ「いいね!」をクリックしてねん♡

by marrublog | 2014-03-08 22:05 | アトピー、アレルギー | Comments(0)
2013年 07月 25日
過去から繋がる〜その2、なずな農園
1週間が、本当にひゅん、という勢いで過ぎていきますね。


と、夏休みに突入した次女に言ったら

「わたしの1日は、なっがーーーーーーーーーいよ」と、
スカートをふわりと回しながら1回転しつつ答えてくれました。


なんだか、子どもらしい答えでホッとしました。

(この毎日の暑さで、出来るだけ動きたくないって感じ=トド化している私と中2をよそに、
まだまだ次女は、くるくる回ったりする全く無駄な動きが日常の大半を占めていて、
いやはや「子どもって素晴らしい」なぁ、、と目を細めているトド母=私)




さて、なずな農園の「なずな通信」に手記を書かせていただいたことがきっかけで、

いろんなことを思い出し〜

た、頃から微熱が出始めたのですが(ここまでがその1

微熱と同時に、この1年で一番くらい上半身の肌の調子が悪くなりました。


ずいぶん前にブログに書いたことがあると思うのですが、

「来た」と、判るんです。


前向きなときはそれを「浄化スイッチ」と呼んでいるのですが

スイッチがカチリと入ると、


遠赤外線ヒーターがブーンと暖まり赤くなっていくような感じで、
肩、首、顔が熱くなり、熱を持ちます。

火照って火照って、

乾燥して、痒くなる仕組みです。


そのスイッチが、今回はかなり強く入ってしまったようでした。

体の中から熱くて熱くて眠れない日が続き、

スーパームーンと呼ばれた先月の満月の日(1年で一番月が近づいていた日)がピークでしんどかったのです。


黄砂の時期でもないのに、
どうしてこんなに?と考えましたが、

生理前だったからか
その数日前に釣りに行き、UVカットの服は来ていたけど日に当たっていたからか、
皮膚科の先生は「疲れすぎ!寝なさい」と。ということでお疲れだったのか、
ある方が教えて下さったのですが、そのころ、ある数値もかなり広島は高かったらしく、
それに反応していたから、か、、、

まあきっと全部なのでしょうが、


今回は気持が本当に凹みました。


発症した30歳の、一番ピークの時の記憶が強くて、

また、あそこまで酷くなっちゃうんじゃないか、って。



アトピーは、1直線によくなるのではなく、
よくなったり悪くなったりの波を繰り返しながら改善していくもの、

とはよく聞きますし

生理が来て、満月が過ぎればきっと良くなってく、思いつつも、

今回ばかりは、その体の芯から熱い感じが尋常じゃなかったので、
怖くて。





思えば毎年春夏は吹き出したり、
花粉や黄砂に反応したり、
汗で痒くなったりで調子が悪いんです。


何も、今年が特別じゃないのですが、

どんどんよくなっていっていく中で、

「今年はもう春夏も大丈夫!」と決めていた(アファメーションしていた)のに


大丈夫、じゃなかったことが悲しかった。


自分が30歳でまさかのアトピーを発症したことは、

今では、それによって得たことが、とてつもなく大きいので納得済みなのですけど


今回のスーパームーン時は
「なんでみんなは平気なのに、私は反応するんだぁ!!!」とか
「何にも気をつけないで生活している人がツルツル肌で、なんで私だけ!」とか
理不尽さを久しぶりに感じて、

もう子どもレベルのところまで気持がいってしまって

情けなくもあり。

でも、こういう気持がまだ私にも残っていたんだなぁと、
俯瞰で自分を見る余裕が少しだけあったので


もう、思いっきり、ぐちゃぐちゃな心の荒波に揉まれまくってやりました。




同時期、
たまたま別件でやりとりをしていた友達もすごく心境が落ちてしまっていて、
「恐るべし今年のスーパームーン」とお互いで笑いあったのですが

「笑っていても、楽しくないんだよね」とか言いつつ。

こういう人、結構いらっしゃったみたいですね。




さあさあ、
話が長くなっていますが(得意の文字数オーバー)



そして、満月が欠けはじめ、
生理が来て、
食生活、睡眠時間、「気をつけましょうキャンペーン」強化月間(自主的)に入り

するするすると良くなっていったのです。


簡単な人間なので、
改善に向かうと心はめきめきと本来の前向き思考に戻り、

「よっし、これで一層浄化してやる」と。


でも、今回は2週間後にまたぶり返し、
自分の免疫が下がっていることも実感しました。


それもまた落ち着いて2週間経ってはいますが、

引き続き、


わたくし、「絶賛ご自愛下さいキャンペーン中」なのです。


ほぼ毎晩、こんにゃくシップを肝臓のお手当にして、

時に足湯をして、

毎日お弁当を作って(なずな農園と、満月農園の野菜に、天然塩ふってソテーしただけのおかずが多いのですが、野菜がおいしいから毎日同じメニューでも飽きません)

そして、ここ2年間くらいで一番「白砂糖のあまいもの」を避けています。

焼いた小麦ものもほとんど口にしていません。



そうそう、小麦は、なずなで私は「きっと貴女の今の体に小麦はあわん」と教えてもらい、
「えー、私、この6年くらい、国産小麦しかほとんど口にしていないんですけど」と答えたら
「でもそれは無農薬?」と聞き返されて気がついたのでした。
その頃、ずっと私は天然酵母パンづくりにハマっていて、
販売もしていたことがあったくらいだったので、
それはそれはたくさんの小麦を食べていたんだろうと思います。

ポストハーベストが入っていない国産小麦だから大丈夫だろうと。

でも、考えてみれば、お米は出来るだけ無農薬や減農薬を探すのに、
小麦は国産というだけで満足しているのって、ちょっと変?

私に限らず、小麦は腸内に溜まりやすいので、
アレルギー持ちの人は常食しないほうがいいとも言われます。

ほほや首は、小麦の反応とも言われる=私、ビンゴ。

という理由が納得出来て、
なずなから帰って来て2年間、パンを断ち、
パンづくりという仕事にまでしたかったシュミを諦めたのでした。
(今思えば、これもマアルをすることに繋がっていて本当によかった)

でもこの1年、調子がいいことを幸いに、
常食は全然していないけど、
結構口にしていたなぁ、焼いた小麦。。。


d0154362_22545779.jpg


砂糖を絶ったら、
より一層、トマトが甘く感じます。
仲良しの満月農園が作ったトマト。大好き。



今回の不調で、
もっと色んなことを感じて、
後で書こうと思っていたのですが、


体調が良くなると、もう書く気がしなくなるっていうのは
なんなんでしょうね(の、わりに長い日記ですが。)





今日は、すこぶるいいペースで仕事が出来たので、
やっと夜に髪を切りにいけました。

スッキリさっぱり!


詳しくないですが、今日はマヤ暦の新年だそう。

なんか嬉しいじゃないですか。




私に与えられたカラダ=車だから、

いいエンジン必要とするし(笑)、
メンテナンスも手がかかるけど、

大事に乗ってあげようと思います。







マアルの日々の新着情報はこちら!
http://www.facebook.com/marru.tsunagaru
ぜひ「いいね!」をクリックしてねん♡

by marrublog | 2013-07-25 21:33 | アトピー、アレルギー | Comments(0)
2013年 07月 17日
過去から繋がる〜その1、食=なずな農園編
赤嶺勝人さん。

大分で「なずな農園」という無農薬・無化学肥料の循環農法の農園を開き、

全国でも講演に引っ張りだこの人なので、

その名を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。


たくさん本も出ています、
中でもオススメは下記の2冊。

d0154362_14203591.jpg
ニンジンの奇跡

d0154362_14222963.jpg
アトピーは自然からのメッセージ










今から遡ること4年前の夏。

私は、長女と次女を連れて3人で、なずな農園が開いている「食養研修」に参加したことがあります。

1週間、農園の敷地内にある平屋の建物で

赤嶺さんが推奨する食事を作り方から一緒に教えてもらい、いただく、
というのがメイン。

薪でお風呂を湧かしたり、
自然療法のお手当てを学んだり。

とてもとても、のんびりと、
濃密で、
充実した1週間でした。


そこに滞在していた時も感じたのですが
今、思い出しても
あの1週間を挟んで
前と後で、運命がグググと変わった。のです。


-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
d0154362_155389.jpg

毎月、全国のなずなの会員さん向けに発行されている「なずな通信」。

その7月号で、手記を書かせて頂きました。
「会員さんのお店紹介」という欄です。


先月、お話を頂いて、
原稿を書くとき、
これまでも時折思い出してはいましたが、
4年前の夏の1週間をしっかりと思い出して

感じることがとてもありました。




500文字で、といわれた原稿を、
想いのままに書き上げてみたら2000文字以上あったくらいです(笑)


手記にも書かせて頂いたのですが、
研修に向かう時には、私のアトピーはすっかりなりを潜めていて、
「もう自分のアトピーは終わった(漢方のクリームは手放せないけど)、長女がいつまでも痒そうなのが気になる」という状態だったのです。


研修でご一緒した人たちの中には
とても大変な状態のアトピーの人も、
ガンが再発した人もいましたが、
赤嶺さんは私のお腹の状態と足の反射を診て
一番、今回のメンバーの中で私が弱っている、と仰ったのです。


「へ?まさか?」とビックリしたのは本人=私。

あくまで、長女の付き添いというか、料理方法を学ぶために来たつもりだったのですから。

が、

見事、なずなの命溢れる野菜と、玄米、
そして、今思うと「今に繋がる必要な道のり」、の為に「出す」力を与えられた私は


帰りの新幹線では、顔がパンパンに倍近く腫れあがり、目も半分くらいしか開かない
状態でした。


手放せなかったクリームの秘密、抱えていた精神的なこと、、
何も言わずとも、赤嶺さんにはお見通しだったようです。




-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --


そんなことを色々思い出し

今。

マアル、という、心から「与えられている」と感じる仕事を得て、
夢中で日々過ごしておりますが、

「なずなであんなに「食こそ命」と教えてもらったのに、
ワタシ、今、乱れてる!」と大反省したのです。


そして。

その翌週から、微熱が出始めました。

体が教えてくれることは、本当にスゴいです。

たまたま時期が重なったのでしょうけど、
でも、反省したとたんに、さらに反省をせざるを得ないようなことが続くっていうのは、

やっぱり「与えられてるんだな」と思います。


で。


長くなりそうなので、続きにします(こうやって文字数超過しちゃうんだよなぁ):笑





マアルの日々の新着情報はこちら!
http://www.facebook.com/marru.tsunagaru
ぜひ「いいね!」をクリックしてねん♡

by marrublog | 2013-07-17 13:52 | アトピー、アレルギー | Comments(0)
2013年 06月 20日
下着にかぶれた時の工夫
昨夜は(も)脱線ブログとなってしまったので、今日は真面目に。


このブログの覧、右下の「記事ランキング」には、閲覧者が多い順に過去の日記が並んでいます。

ここのところずっと上位を占めているのが
下着かぶれに満月肌着
ゴムにかぶれない下着」という日記。


マアルのネットショップ「肌とココロを愛おしむ布ナプと肌着〜marru」でも
「下着かぶれで検索しました」
「ショーツが蒸れて汗疹になって困っています」
「夏場、アトピーが悪化して身につける下着がなくて困っている」

等のお声が日々寄せられています。
d0154362_15181159.jpg



お声を寄せて頂くたび、
「うんうん、わかりますよ、そうですよね。。」と
頷きながら
お返事させて頂いております。


私もこれまでどれほど沢山のショーツやブラ、タンクトップ等を
1度身につけただけでダメになって捨ててたことか!ohhhhh.....


今は、おかげさまで毎日、
満月パンツ新月ショーツ竹布ショーツとローテーションで履いていているので
日常的にはかぶれなくなりました。


たまにそこに、
オリジナルの試作品や、
お試しの他社のショーツを試すので
そこでダメになったりもするのですが。



もちろん、かぶれかたや、
弱い場所、
締め付け感は人それぞれ。

100%全員に
この下着が大丈夫!なんて言えないのですが、


リピートして下さっている人たちが本当に多いところを見ると
お役にたてているのではないか、、と思う次第です。



蒸れや痒みに関する満月肌着の記事は上記の添付ブログをお読み頂くとして、


今日は、もうひとつ、
肌の弱い人が持っていたら重宝するひとつを。

d0154362_15273186.jpg

竹布の「ベビーソフト」。
柔らかい柔らかい、竹布のガーゼです。

なぜ「ガーゼ」と言わないのかは、
日本の法律で「ガーゼ」と名乗るには漂白等の工程が必要だから。
柔らかく優しい竹布、
抗菌力にも優れているので、雑菌が繁殖しません。
水分も綿の2倍吸水します。

首や、ひじ、ひざの内側、脇の下などに直接包帯のように巻いてあげるのも
定番の使い方ですが、


お手持ちのブラのワイヤーや、ポリ素材が辛い、という人にお勧めの一工夫として
d0154362_14402057.jpg

このブラは、オススメの竹布の優しい「ソフトブラ:前開きタイプ」ですが、
これを普通のブラで応用してみて下さい。


暑い中、歩いて汗びっしょりになって、
胸の谷間が痒くなったり、肩ひものところ、
アンダーバストが擦れて真っ赤になったりする人(ワタシ)。

こんな風に、ベビーソフトを巻いておいて、
汗をかいたら、交換すれば
汗疹に寄るかぶれはだいぶ防げます。

d0154362_14402945.jpg

脇の下が汗でかぶれる人は、こうやって脇の下へも出してみるといいかも知れません。

(こういう風にするときは、白いシャツ類は変に透けるから、
透けないものがいいかも知れませんね)


私は昨年、ちょっと血迷ったブラを(たまに血迷ったものをつけたくなるのです、一応女性ですから:笑)して、
一日、よりに寄ってめちゃくちゃ蒸し暑いところに1日でかけまして、
たったその1日で、ブラのカタチに汗疹というか湿疹が出て、
冬になってやっと治った、という痛い経験をしました。


今年はもう血迷ったブラは捨てたのでつけませんし(懲りた)、
ブラが基本大嫌いなので
夏場でも満月タンクトップと竹布ブラをしぶしぶつける以外は
人様の目の毒にならぬようなアウターの工夫で
ノーブラ生活をしています。
(っていうか、余談ですが、どうしてここまでして日本人はブラをつけないといけないのか!
選択肢自由でいいんじゃない?と思うこともありますが、
たしなみとか、人様に逆に迷惑という意見もわかるし、、難しい問題です。
この手の話をすると熱く長くなるので今日はやめておきます:笑)



ちなみに、
竹布のブラ、私は以前からかぶりタイプを愛用していましたが、
それだと脱ぎ着が上に着ている服も脱がないと出来ません。


後ろホックタイプだと、
外出時はちゃんとつけて、
仕事中はさりげなくホックだけ外しておける(それだけでも1日締め付けているのとはずいぶんちがいます)、でも竹布では後ろホックタイプがない、、

d0154362_1440638.jpg

というわけで、
最近この前開きタイプを使い始めました。

いい!です。

前開きタイプって、
授乳中や、腕が上がりにくくなったお年頃の方々が使う感じのイメージでしたが、
竹布のこの前開きブラは背中がしっかり面積があるので(ちょっと暑い時も正直ありますが)
前ホックを外しても服の下でバラバラに(わかりますか?この感覚)ならないし
この夏はコレを愛用しそうです。



d0154362_14404332.jpg


日々発送している全国の方々へ、
マアルがご紹介している肌着たちが、毎日の肌のトラブルや、冷えや体調不良などの面で
少しでもお役に立てて、
心がホッとするようになれば、、と願っています。




マアルの日々の新着情報はこちら!
http://www.facebook.com/marru.tsunagaru
ぜひ「いいね!」をクリックしてねん♡

by marrublog | 2013-06-20 14:40 | アトピー、アレルギー | Comments(3)
2013年 04月 23日
優しい洗剤、とは?
<かなりの長文になってしまいましたと最初にお伝えしておきますスミマセン


直感で動くタイプですし、
知識云々よりも「肌」が教えてくれることのほうが多いと常々思ってはいるのですが、


「洗剤」については、
ちゃんと意見以前に成分や科学的根拠をまとめて書こう、と思っていたので
かなりここのところ調べまくりました。



後述の商品も入荷し、
ツイッターでも「セーターのお洗濯待ってね!いいのがある!」と言ってから
、、、
どんだけ待たせんねん?状態。

スミマセン。

d0154362_2315651.jpg


実は、「界面活性剤」について改めて考え始めたのは、3月初旬に
マアルでバジャンの取り扱いを決めた頃。

ブログでご紹介しようと思ったのです。



バジャンの一番の特徴は「界面活性剤を使わない洗浄剤」。

界面活性剤って、油と水を混ぜる作用があるから、
肌の表面に付着すると繊細な肌の人はバリアが壊れ、刺激が増えたり乾燥したりいろいろと悪さをする為、アトピーには良くないぞ、環境にもよくなさそうだぞ、というイメージ。


合成洗剤はアトピーになったと同時くらいに使わなくなったのですが、
バジャンを使い始めるまでは「洗濯石けん」を結構使っていて、
「優しい、と思っていた”せっけん”、にも界面活性剤が含まれているんだよな」と再認識したあたりから、
私の「界面活性剤」への混乱が始まりました。


おりしもバジャンをネットショプにアップした翌朝から、東京出張
とうとう、ブログでは細かくご紹介しきれぬままでした
(調べれば調べる程混乱。。。)


その出張のメインのミッションは、
KITTEで中川政七商店の東京本店にてマアルの満月肌着を扱って下さるということで
オープン前に販売員の方々へ説明やポリシー等をお話しさせて頂くというものでした。

ずっと、新幹線の中でも「界面活性剤」について考えたり、調べたり、ブログを途中まで書いてみたり、、していたのです。

調べれば調べる程、こんがらがってしまっているうち
東京駅へ到着。


ここからがスゴいのです。
いわゆる「引き寄せの法則」と思わざるを得ない出会いが(笑)。


中川政七商店では、数メーカーさんが呼ばれていたので、
自分のレクチャータイムを待つ間、他のメーカーさん達といろいろお話させていただきました。

その中に、
前から気になっていた「生分解する洗剤「海へ」」のメーカーさんがいらしたのです!

マンツーマンで、洗剤、しかも「環境を一番に考えて」いるプロから
ペットボトルに入れた水の実験までしてもらいつつ説明してもらえたのは
本当にラッキーでした。


とても判りやすく、
納得できたので、

ならば試してみなくては!ということで
広島へ戻り、「海へ・・・」で様々なものを洗い続けていたのです。

で、これが、本当によくて。


恐れていた「界面活性剤」というものには相当いろいろあって。
粉石けん(合成、ではないもの)に含まれる界面活性剤は比較的安心なものもあるようです。
(それについては書ききれないし把握しきれないのでこちらを参考に→石けん百科「界面活性剤とは」

なのですが、粉石鹸も、使い方次第で結構面倒なことをアトピーちゃんには引き起こすことが。

これは私の体感も含め、なのですが、
・粉石けんは、洗濯後に泡の小さな花が立つくらいじゃないとちゃんと洗浄する力が発揮されない
→(私が思ってた以上の結構な量を必要とする)
→量の目安は温度や地方によって違う軟水や鉱水など水の質、温度もよるので、ちゃんと把握が必要
→しっかりとすすがないと、衣類に汚れが再付着
→それが洗濯槽の黒カビになったり、衣類の黒いプツプツになったり(どちらも何度も経験アリ:私)
→アトピーちゃんやアレルギー体質のひとは、カビにも石けんカスにも弱い
→炭酸塩などの助剤を加えたり、よごれによって工夫をしたり、上記のいろいろをしっかり把握してこそ、石けんでの安心なお洗濯ができる。

d0154362_1812476.jpg


なので、すすぎが1回ですみ、軟水とか鉱水とか気にしないで使えて、
根本的にもう界面活性剤自体を使いたくない!という人は、

「界面活性剤」が含まれていないのに、
しっかり汚れを落とすことができるバジャンを使ってたほうがやっぱり安心じゃないかな。という私の見解です。

アトピーちゃん達の肌にも、下記の理由でオススメです。

『バジャン』は成分の約95%が炭酸塩や重炭酸塩などの無機塩であり、有機物はわずか5%
そのためカビや雑菌が繁殖しにくい洗浄剤となっている上、
すすぎも1回でオッケー。
部屋干しでも匂いがしません。
一切の香料も含まれていないので、匂いが苦手な人は嬉しいかと。


ただ、唯一の難点(これもなれてしまえばどうということはないし、石けん生活の人には当たり前のことなのでスライドしやすいかと思うのですが)は、
縦型の洗濯機の場合、事前に洗濯機に水を注いでバジャンをふり入れて溶かす、
水温が低い時は、洗面器等にお湯をはって溶かしてから注入する、という手順が必要。
細かい粉末なので(溶けやすいように、の工夫ゆえ)
飛び散らないように、吸い込まないような注意は必要。


→しかも本日4月25日、バジャンご好評につき再入荷しまして、
その際、「1回分お試し用」90円のものも初登場!
こちらはメール便でお送りできますので、ぜひインナーをお求めの際に一緒にいかがでしょうか?

バジャンについての詳しいことはこちら→「ライトウエーブ(バジャンのメーカー)HP」をご参照下さい。


d0154362_2325663.jpg


そして、もうひとつ。
「界面活性剤は含まれているのにどうして安心で心地いいのか」を
もう一度しっかりと考えさせてくれた
「海へ・・・」

こちらは、使用されている界面活性剤が
一般的な洗剤の1/10。石けんと比較すると1/30(このことからも石けんが意外に界面活性剤が多いことがわかります)。そのために衣類への残留も1/10、1/30とごくわずか。
→ゆえに1度のすすぎでオッケー。すすぐと、ナノテクノロジーにより衣類の再付着は無く、
配水管の汚れをもとりこんできれいに分解しながら流れていく。
水温が5度でも解け残らず、鉱水でも使用可能。
・溶けがいいので、事前に溶かさなくても大丈夫。
シルクもウールも洗える
・海洋タンカーの事故処理研究から生まれた生分解する洗剤。
→1日で97%、7日で100%生分解されます。
・ラベンダーの淡い香り。部屋干しでも匂わない
環境への負荷を生産から流通までトータルで考えているので、少量で洗濯が出来ることで、流通の際の負荷が減る(重かったりかさばると、それだけ運ぶためのco2や使用後のゴミが増えますよね)


私は毎年この時期、セーターを洗う為だけに「アク○ン」等の香料のキツい中性洗剤を超しぶしぶ買っていて、でもそれが嫌で嫌で。。。
今年は、海へ・・・と出会って、もう何度かセーターを洗いましたが
本当にふっくら!
シルクの毛布も洗濯機で洗ったし、クリーニングに出さなきゃ、と思っていたシルクのスカートも洗いました(これは海へ・・・で手洗いしました)。

d0154362_23253564.jpg


↑この小さな10センチ程度のボトルで40回つまり1ヶ月以上のお洗濯がまかなえるのです!


文字ばっかりの記事になってしまってゴメンなさい。

でも、まだここには書き足らないことが山ほど有ります。

海へ・・・の詳しいことはぜひこちらをお読み下さい!→「がんこ本舗HP「海へ・・・」HP

バジャンと、海へ・・・


両方、惚れ込んでしまって、
その理由を説明するには、私はまだまだ力不足だし、申し訳ないのですが、
それぞれのHPをご覧になって、
どちらがご自身のライフスタイルや好みにあっているか、
また実際試して頂いて、肌の状況や使い心地と相談し、
お選び頂くしかないかな、と
思う次第であります。

両方、というのも本当にオススメです!





求めよ、さらば与えられん。という言葉がありますが、
脱:合成洗剤からの石けん生活12年後、様々なものを試して
たどり着いた二つ。

そういえば、アトピーが本当に酷かったとき、竹炭と天然塩で洗濯機を回していた時期もありました。
酵素洗剤とか、いろいろ使ったなぁ。。




マアルの作る、扱う、肌に優しい衣類達や布ナプキンは、
やっぱり、安全な、自分にも環境にも優しいものであらっていただきたいな、
と願っております。

そして、毎日のことなので、「シンプルで、楽チン!」というのが嬉しいですよね!






調べまくっていた数日、
参考にしたサイト
せっけん百科
ライトウエーブ(バジャンのメーカー)
がんこ本舗(海へ・・・のメーカー)
ほか、多数(書籍も含め)。
化学的背景、実際の洗濯方法、皮膚科医の見解など様々なサイトがあります。






マアルの日々の新着情報はこちら!
http://www.facebook.com/marru.tsunagaru
ぜひ「いいね!」をクリックしてねん♡

by marrublog | 2013-04-23 23:39 | アトピー、アレルギー | Comments(3)