2017年 11月 29日
冬のB品市と布ナプキン枇杷の葉染めワークショップ
マアル白島店で開催される、
12月の目玉イベント2つがいよいよ近づいて来ました。
d0154362_11101213.jpg
まずは今週末!
白島店の店長やスタッフ達が連日絶賛準備中の、恒例「冬のB品市」です。

ここのところ、B品市は夏と冬、どちらも2日間の開催をしていましたが、
現在稼動してもらっている縫製工場さん達とのお付き合い年数も長くなり、
B品がかなり出なくなって来た(これはマアルにとっては嬉しいことでもあるのですが)ことと、
B品市のお客様が年々増えて、手元にあるB品が少なくなって来たという理由で
今回から1日限定の開催になりました。

ご理解下さい。


とはいえ!

「わぁーーー!これ、あったの!!!??」という発売当日に完売してしまった超人気のアレのB品とか、
新商品のサンプル作成時に作った、もちろん一般には出回らないアレとか、
撮影で一瞬着ただけの(その後お洗濯済)、美品とか、
そうはいっても今まで通りのB品含め、結構いろいろあります(笑)。

裁断時に出てしまう良質なオーガニックコットンのハギレも、一切捨てずに、
これまで通りB品市で格安でお渡ししておりますので、
手作り好きな方や、
赤ちゃんのお口やお尻拭き等や、様々な使い方をして頂けたら私たちも嬉しいです。

B品市開催   2017年12月3日(日)10時〜17時

詳しいことはこちら、白島店のブログをご参照下さい↓


そして、こちらも毎冬恒例の

「枇杷の葉染めワークショップ」。

下に並べた写真を見ているだけで、半分からだが緩む私が居ます(笑)。

d0154362_10572805.jpg

枇杷の葉のスチームと、ゆっくりゆらゆらとびわの葉色にオーガニックコットンのナプキンが染まっていく様を
思い浮かべるだけで
身体が温まってトイレに行きたくなってしまう。
(実は毎回、私はこれに参加するとおトイレが確実に近くなります)


今年も山口県の祝島から、無農薬栽培の枇杷の葉をたくさん送ってもらい、
染め液の準備をします。

びわの薬効を移し込んだオーガニックコットンの環ナプキンは、
本当に、本当に、最高です。

マアルを始める前からずっと、続けている活動のひとつ。
参加者募集が始まっています。↓




ちくちくワークショップで作った自分で手縫いした布ナプキンもそうですが、
さらにこのびわの葉染めした布ナプキンの愛おしいことといったら!

このワークショップでは、
染めるだけではなく、びわの葉の薬効についての話しや、
家庭での利用法なども白島店店長からレクチャーがありますよ〜。

ここ数年、このイベントでは、
私はすっかり気楽な立ち場のいち参加者にさせてもらっています。
(だから余計緩むのかも)

楽しみだなぁ。

ぜひ、ご一緒しませんか?
d0154362_10582041.jpg
B品市とびわの葉染めのご案内。

マアルの冬がやってきました。




by marrublog | 2017-11-29 11:28 | マアル実店舗 | Comments(0)


<< マアル公式LINE始まります      ナチュラルハウス青山本店で肌着... >>