2017年 10月 11日
布ナプキンアンケート結果 その2
マアルのメンバーにアンケートを実施しました。


1.布ナプキンを使っている、使っていない?

<使っている人>
2.布ナプ使用頻度と歴

3.使い出したきっかけ

4.使ってみた感想

5.好きなナプキンの種類、タイプ

<使っていない人>
6.使わない、使わなくなった理由

7.その他、何か伝えたいことがあればぜひ

----------------------------------
回答を少しずつ、こちらでご紹介しております。
今回パート2(パート1はこちら


d0154362_22342479.jpg
simple is bestで大好きな琺瑯キャニスター



【事務所A】

1.布ナプキンを使っている、使っていない?
使ってます。

2.布ナプ使用頻度と歴
98%(スポーツする時はズレや漏れが気になるのでシシフィーユ使用)、7年半です。

3.使い出したきっかけ
 最初は布ナプお話会(マアル前身のエコママンさんの)に参加して、ちょうど生理中のナプキンのかぶれやかゆみに悩まされてたのでお話会きっかけで使ってみようと思いました。

4.使ってみた感想
 最初は洗濯が面倒かな?と思いましたが子どもが赤ちゃんの頃布オムツを使ってたので
 月一回だけなら苦ではなかったです。
 不規則だった生理が規則正しくくるようになり
 ダラダラ一週間続いていたのもピタリと4日間で終わり、
 生理痛も解消されたように思います。

 最近は夜更かしやダラダラスマホ生活のせいで生理痛(腹痛や頭痛)がひどいので
 生活リズムの改善も必要だなと思っているところです。


5.好きなナプキンの種類、タイプ
 環布ナプキン(各サイズ)、ふわふわあったかいので多い日も安心です。
 生理終わり頃はさらっとしている竹布ナプキン(Mサイズ)を併用しています。

d0154362_22472648.jpg
竹布のナプキン、抗菌性が嬉しい。爽やかで柔らかいです。


【店舗 M】

1.布ナプキンを使っている、使っていない?
 使っている

2.布ナプ使用頻度と歴
 100%
 10年

3.使い出したきっかけ
 布ナプキンの存在は知っていて、よさそうなのもわかっていたけど、
 踏み込めずに何年かいた。
 偶然にも友人二名が、来月から使い始める、という話を聞いて、
 今だ!これをきっかけにしよう!と思い、自分で工夫して作って、使い出した。

4.使ってみた感想
 他の人の使い方など話をほとんど聞くこともなく、我流だったので、
 数々の失敗もしたけど、その度に使い方のコツがわかっていった。
 市販の紙ナプキンは肌にあわず、毎回大変苦痛だった。
 布ナプキンは洗ったり、持ち帰ったりと手間はかかるけど、
 ゴミもでないし、なによりもそれを上回る心地よさだった。

 毎月布ナプキンを洗っているうちに、生理や、女性性についてもがらりと価値観が変わり、
 娘にも自分の言葉で生理について伝えることができた。
 性教育、と身構えるのではなく、日常生活の延長で、息子にも、
 性について私が大切と感じていることを伝えることができた。

 自分の体もどんどん変化していったので、苦痛なだけだった生理が楽しみにさえなった。

5.好きなナプキンの種類、タイプ
 環布ナプキンL、M、S

7.その他、何か伝えたいことがあればぜひ
 たかが布ナプキン、されど布ナプキン。
 わたしがわたしを大切にする方法のひとつだと感じています。

 マアル白島店はスタッフみんな、実体験をもとにお話をすることができますし、
 時にはそっと、時には楽しく、生理について話せる場所です。

 無理することなく、心地よく。
 一人一人のペースで、できるところから、始めてみませんか?
 お手伝いができたら、嬉しいです。




-----------------------------
10月1日から31日までの1ヶ月間、
環(めぐる)布ナプキン2周年ありがとうキャンペーン!実施中」
と称しまして、
 マアルオリジナル布ナプキン環(めぐる)シリーズを会員様ご優待価格で販売!
 (会員の方は必ずログインしてからカートに入れてください)
さらに、
環ナプをお使いの方々がキャンペーン対象商品にレビューをお書き添え頂きましたら
1投稿につき通常50pointのところを100pointが加算されます(レビューは匿名でマアル公式facebookやこちらのブログ等でシェアされることがあります。ご投稿後、事務所営業日に担当者が確認後アップされますので、point加算までにはお時間がかかります)。


by marrublog | 2017-10-11 22:51 | 布ナプ | Comments(0)


<< 布ナプキンアンケート その3      ジェイアール名古屋タカシマヤ ... >>