2016年 12月 19日
春夏秋冬シリーズ『冬 雪ノ下』冬至に発売します
明後日21日には、冬至を迎えます。

日が照らす時間が増えていく分岐点=冬至がやってきます。

古代から、農作物を糧に生きている人達にとって日照時間は生死を分つほど重要なことでした。
冬至は、減る一方だった日照時間がここを境に増えていくという、嬉しい日。
今でも世界中に冬至を祝うお祭りがあります。

d0154362_14453088.jpg



心を静かに、巡って来た季節を感じたいと思います。


d0154362_14481927.jpg



春の新月の日に始まった、「春夏秋冬」シリーズもいよいよ、最終章。

--------------------------
人生には、春夏秋冬=四季のようなサイクルが有るそうです。
巡り、移ろいゆく自然のように
私たちにも春の時期、夏の時期、秋の時期、冬の時期が訪れます。
--------------------------

「冬 雪ノ下」

準備 / 備える / 休息 / 内省 / 探求 / 労り


d0154362_14423665.jpg



終わりであり、始まりでもある「冬 雪ノ下」。


春、夏、秋。

心と身体はどう反応しましたか?

動きましたか?
見つめましたか?
歓びましたか?



冬。


シンと静まり返った一面の雪景色。

無に見える様でも、
その下には、秋に落ちた葉が幾重にも重なり

さらにその下の土の中には、

葉が養分となるのを待っている種があるかもしれません。


d0154362_14444433.jpg


人によってサイクルはさまざま。
ゆっくりしたスパンで巡っていくときもあり、
くるくるとテンポよく螺旋階段を昇っていくがごとく巡るときもあり。


同じトーンは続きません。

春、夏、秋、冬。

そして、冬の次に、前の春ではなく、

また一段上がった

春、夏、秋、冬を進むのだそうです。


d0154362_14591567.jpg


恐れず、しっかりと、冬を味わって、包まれて。




「春夏秋冬」シリーズのコンセプト

『めぐりゆく季節の色をわたしのミカタにつけて』


実は、一番最初に草木染めのサンプルで決定したのがこの「雪ノ下」。

草木染めでこんなにも優しく、こんなにもシックで、こんなにも美しい色が出来上がったことが
「春夏秋冬」シリーズを立ち上げ、進めていく支えになりました。


「雪ノ下」に辿り着くように、

春・夏・秋の色が導かれるように染め上がっていったのも不思議なことでした。

特設ページ

d0154362_15134614.jpg

今回に限り、製作の大半が「タンクトップとショーツの上下セット」になっています。
全身で「冬 雪ノ下」を味わって頂けたら幸いです。



「冬 雪ノ下 タンクトップ(パッドポケット付き)と新月ショーツの上下お得セット」
http://marru.net/?pid=107409903


「冬 雪ノ下 新月ショーツ単品」
http://marru.net/?pid=107409859



ネットショップでは冬至の12月21日(水)の日付とともに発売開始、
広島の白島店では、20日(火)に先行発売致します。

by marrublog | 2016-12-19 15:13 | マアルオリジナル肌着 | Comments(0)


<< 今年のマアル事務所 その1      宮古島の祖父 >>