2016年 10月 10日
「棉から糸へ 秋」いよいよ告知です!
d0154362_21373066.jpg


5月に開催された「棉から糸へ」体験ツアー【春】で植えた棉達が2週間前の畑ではこんなふうに育っていました。
キャンセル待ちもたくさん出た【春】ツアーに続き、
いよいよ今度は「糸へ」の工程がリアルに体験できる【秋】ツアーの募集開始です。


【春】の参加者の方を優先的に声をかけており、既にお申し込みを頂いておりますが、
今回は、定員を10人増員してありますので、
【秋】から参加ご希望のかたもお申し込み頂けます。

どうぞ、ピンときたかたはお早めにお申し込み下さい!

<本日10月10日夜このブログで一般告知開始です>

以下、クラシノワ舎さん作成のチラシより

----------------------------------------------------

marru×庄原市東自治振興区女性部
「棉(わた)から糸へ」 体験ツアー【秋】
       
県内で一番広い面積を持つ庄原市。8割を山に囲まれ、その暮らしは今なお、自然と共に生きる知恵をしっかりと育み伝えています。
 そんな庄原市で、2015年から休耕田を利用して、和棉(わめん)の栽培に取り組んでいる東自治振興区女性部。利用した日本古来の和棉の栽培を通して、衣・食・住の「衣」を見直し、自分たちの手で糸を紡ぎ、染め、作品に、と取り組んでいらっしゃいます。
春に植えたワタの種は、太陽と土・雨・風・虫などの自然の力と人に育まれ、無事実をつけました。9月ごろから弾け始め、畑では白いやわらかなワタが風に揺らいでいます。
秋のツアーでは、ワタを摘み、種を取り、日本で古くから使われてきた糸車やインドのチャルカ、コマ(簡易的な糸紡ぎの道具)などで糸を紡ぎます。地域の間伐材を利用したコマは皆さんで手作りし、糸を紡ぎます。作ったコマはお持ち帰り頂きます。
いよいよ棉から糸へ・・・

・日時   11月12日(土) 10:00~15:30  (小雨決行)

・場所   庄原市東自治振興センター(広島県庄原市七塚町11-2)

・アクセス 車―中国自動車道 庄原ICから約4km

・参加費(ランチ・保険料を含む)
  大人4,000円  子ども(小・中学生)1,800円 (未就学児)500円
☆大人料金にはコマキット1セットの代金が含まれています。子ども料金にはコマキットの代金が含まれていません。ご希望の方は1セット500円で販売いたします。当日現地でお買い求め下さい。
☆ランチは地域の旬の野菜などを使った手作りランチをご用意しています。アレルギーなど事前にお伝え下さい。

・持ち物 汚れても良い服装・帽子・タオル・長靴

【定員】30名



【schedule】 (スケジュールは天候などの都合により変更する場合があります。)
9:30~10:00 受付
10:00~10:15 オリエンテーション
10:00~10:45 ワタの収穫
10:45~12:00 天野さんのワタのお話と綿のワークショップ
12:00~12:45 ランチタイム(庄原の旬がたっぷり詰まった手作りランチ)
12:45~15:30 糸に紡ぐワークショップ(糸車、チャルカ、コマづくり・コマで糸紡ぎ)
  
・当日は庄原で収穫された新鮮な野菜、米、加工品など特産品の販売も行います。

【お申込み・お問合せ】
お申し込みは、info@marru.net 宛でタイトルに「棉ツアー」と書いてお名前(ご家族・お友達とご参加の場合は全員のお名前、お子様は年齢性別も)連絡先の携帯電話・現地までの交通手段をお書き添えの上、お申込み下さい。
お申し込みされたすべてのかたに、平日、営業時間内にお返事をこちらから送信いたします。
数日経っても返信が無い場合は、迷惑メールとしてブロックされているか、別フォルダに入っている場合がございますので、ご確認の上、082-836-3667 マアル事務所までお電話でお問い合わせ下さい。

【キャンセルポリシー】お申し込みのキャンセルは開催日2日前のキャンセルから、大人、子供とも参加費の半額の料金をいただきますので、ご了承ください。

【主催】株式会社marru / 庄原市東自治振興区 / クラシノワ舎

by marrublog | 2016-10-10 21:44 | イベント案内 | Comments(0)


<< THE TRUE COST 上...      ippo8号、発刊です。 >>