2016年 08月 06日
8月6日の朝。
広島に来て11回目の夏、8月6日を迎えた。




昨夜、仕事で遅く帰宅し、
帰宅後も遅い時間までパソコンに向かっているのを知っていた娘達は、

普段の土曜だったら、弁当が必要でない限り、

自分達で朝食を作って食べ、私を寝かせておいてくれるが、


今朝は「お母さん、今日6日よ、わかっとる? おきんさい」と声をかけてきた。

(横浜、埼玉で生まれた娘達だが、人生のほとんどを広島で過ごしているので、見事な広島弁を話す。
小学生の間は、6日は登校日で学校で黙祷をしていた。
広島以外の地では、この6日の出来事はニュースでさっと流れるくらいの事なんだよ、と知ったら驚くだろうな。。。)


中学・高校になり平和登校日はないが、
子ども達はそれぞれ、学校でクラブの練習前に友達と黙祷したいからと、
いつもより早く自主的に登校するのだそうだ。



もちろん私も、
目覚ましは7時半にセットしておいた。


子ども達が出かけ、

ひとりになった家で

8時からのNHKの平和記念式典の中継を見る。


去年、中区のより中心部に近いほうへ引っ越したので、
うちから平和公園まで歩いて30分もかからないが、


今年は家に居ようと思った。




8時15分。


テレビの中から聞こえてくる鐘の音にかぶせるように、
窓の外から、平和記念聖堂と、女学院の鐘の音が鳴り響いて聞こえて来た。


予想外のたくさんの鐘の音に包まれて

正座し黙祷しながら



涙がにじんだ。


思考する前に、鐘の音に誘導されたような感じだった。


音波は、すごい。。。


感情の波動より、身体を動かすチカラと早さがあるんじゃないだろうか?





d0154362_2043153.jpg


これは、3年前の8月6日に撮った、近くの神社の被爆桜。

被爆しても尚、毎年毎年、見事な花を咲かせ、夏はこのように青々と葉を茂らせる。



自然は凄い。
70年草木も生えぬと言われた広島だが、
花も緑も豊かで、
うちの長女は埼玉から広島に引っ越しして以来、喘息が治まった。




人は優しく、

海と山と川に囲まれた

ひろしまが大好きだ。




原爆死没者慰霊碑に刻まれた
「安らかに眠って下さい
過ちは繰り返しませぬから。」

この碑に誓った言葉を、

いつもいつも考えていれば、この先も繰り返さずにいられるのだろうか。


この前の選挙、選挙率、
沖縄の高江のこと、
世界中のテロのこと、
福島のこと

あのこと、

このこと、、



黙祷を終え、
なんだかたまらなくなって、


ジャングルみたいになっているベランダの草木の手入れに没頭した。


5月に植えた、和綿にも小さな花が咲いている。




2016年8月6日、朝。

by marrublog | 2016-08-06 20:50 | 日々 | Comments(0)


<< 夏涼み、が本当によくて      出店の想い出 >>