2016年 07月 30日
出店の想い出
d0154362_2133968.jpg


今日は、竹原市の今日は竹原市の里山にある、古民家に設けられた助産院
『つぼみ助産院』さんで、マザーズバースディというイベントにお邪魔してきました。

布ナプキンのお話会と、販売です。

テルミーや、ネイル、足つぼマッサージや、こだわりのコーヒー、ナチュラルスィーツ、自然食品等などなど、たくさんの出店者と、家族連れのお客様たち。

外の庭には、ビニールプールも用意して、小さなベビちゃん達が水遊び。




午後は一息ついてゆっくりペースだったので、
私も爪を磨いてもらったり、
出店者同士でお喋りしたあと、

うちわでパタパタ仰ぎながらちょっと以前を思い出したりしていました。


『マアル』の屋号になる前から、布ナプを広げる活動とともに、
小さなマルシェに出店していたのは、
次女が3歳だったから今から9年前くらい。


子連れ出店が常だったので、

子どもが飽きないように、とっておきの絵本や、おやつなど、
出店以外の荷物も多かったなぁ、、、



d0154362_2113338.jpg

(そう言ってたら出て来た2010年の出店写真。場所は、あの頃よく出店していた太光寺。
次女がゴロゴロ絵本読んでます)




子育てはあっという間、と先輩達は言いますが、

確かに、ほんと、そうなのでしょう。

今日、出店が終わり、事務所に戻って仕事をして帰宅すると

クラブから戻って来た子ども達は洗濯を済ませ、

晩ご飯も作ってくれていました。

いつもじゃありませんが、まぁ、こんな日も最近ちょいちょいあるほど、
子ども達は育っています。



なんかなぁ。

ほんとに、瞬きしたら、孫抱っこして出店してる日が来るとか?

そうなったら、
オーガニックコットンのベビー服とか
オムツカバーとか、

マアルでいっぱい作っちゃうな。


いや、それも子の人生、どうなるか判らないし、

高齢者向けのオーニックコットン衣類が先か?

とか、

とか。。。




想い出に浸るというより、
そこから発展する妄想を繰り広げつつ、


高速道路をハミングして、広島市に戻ったのでした。



つぼみ助産院さん、「マザーズバースディ」いい時間をありがとうございました。

by marrublog | 2016-07-30 21:39 | 日々 | Comments(0)


<< 8月6日の朝。      入浴剤はもうずっと華密恋ひとすじ。 >>