2016年 02月 28日
ザ・トゥルーコスト上映会のご案内
d0154362_18592818.jpg


一昨年の秋(だったかなぁ、、)配信したメルマガで、
岩国の山奥の縫製工場を尋ねた日の事を書いたことがあります。

その他、このブログや、ippoでも前編、後編に分けて、
私が知りうる、ちっぽけな範囲ですが、
縫製に関わる仕事をした事によって感じたこと、
知るたびに、なんとかしたい!と思う事実を
少しずつ書いて来ました。

そして、そのたびに、
このことも、、と頭に浮びつつ、これを書くにはもっと調べなくちゃとか、
わたしが拙い書き方をして、
それを読んでいい気持がしない人がいるであろうとか、
いろいろ考えてしまい、
書けなかった事が有ります。

バングラディッシュで2013年に起きた、縫製工場の崩落事故にまつわることです。
1000人を超える人が死亡した事故なのに、日本ではほとんど報道されませんでした。


そうこうしているうち、
この映画が出来たと知り、

まずは見に行こう!と、出張の度に、出張先の上映日程とあわないか
探していたのですが機会が無く。。

ならば、
今年、広島で上映会をすればいいのでは、とお正月に考えていたら、
なんと、マアルの環めぐる布ナプキンの縫製でお世話になっているkurismadeの栗栖さんが
この上映会をしようと思う、とおっしゃるので、

ぜひ一緒に!と、手をあげ、このたびの運びとなりました。


私たちと一緒に、ご覧になりませんか?



------

肌着を作る仕事をするようになって、
たくさんの現実を知り、驚き続けています。

綿のこと、
生地の加工のこと、
縫製する人達のこと、
衣類の価格、のこと...。

「安い」には理由があります。
必ず、理由があります。
その理由を考えたことがありますか?

この映画には、きっと、目を背けたくなるようなことが映し出されているでしょう。
だけど、フィクションではなく、悲しいかな、ノンフィクション=現実です。


この映画を私たちと一緒に見てみませんか?

裸で暮らしていないのなら、
必ず私たちが関わっているであろう現実が、ここにはあります。

私たちの暮らしが作り上げている「現実」のひとつを知り、
これからの「買い物」を考えてみようではありませんか。

【実施要項】詳細は必ずこちら
http://marru.net/?mode=f28 をお読みの上、お申し込み下さい 

開催日/2016年4月2日(土)
会 場/port.inc(ポートインク)
参加費/事前入金(お申し込み受諾メールと共に、入金先、振込先を連絡致します)
    上映会 午前の部・午後の部 各1,200円
    座談会 800円(お弁当、ワンドリンク付)

時 間/ ○上映時間
      午前の部 9:30 開場 10:00上映開始
      午後の部 16:00開場 16:30上映開始
     ○座談会   19:30~21:00

【座談会について】
縫製工場の現場からの視点 kurisumade 栗栖ひろみ
衣料メーカーからの視点 株式会社マアル 櫻木直美
インドの現地を知る者として itobanashi 伊達文香
蚕の生産から縫製までフェアトレードで携わる 株式会社TTJ 長谷川和博 
(以上 敬称略)
の話を交えて、皆さんと映画の感想をシェアする会


【お申し込み方法】
http://marru.net/?mode=f28 から

by marrublog | 2016-02-28 19:01 | イベント案内 | Comments(0)


<< ANITYA new moon...      新月ショーツがNOCオーガニッ... >>