2016年 02月 02日
春を待つ 主人公は
ここから、舞台は変わります。


よつめ染布舎さんが精魂込めて染め上げて下さった布を
ひとつひとつ、マアルが満月パンツに仕立てています。


d0154362_18424766.jpg



これを手にして下さる人の居るところが舞台。



わたしが居るところ、だったり、

わたしが贈りたくなった大切な誰か居るところ、だったり。

誰かに贈りたくなったわたし、の心の中だったり。






肌が弱くて身につけられるものがないから、
下肢がむくんで辛かったから、

そんなきっかけで作り始めたマアルの肌着でしたが、

日々当たり前に身につけるようになって、

ますます肌着のもつ、単なる衣料品だけではない力を感じています。




締め付けず、
血液やリンパを巡らせて、
循環のよい身体にしていくと、
自律神経、そしてホルモンバランスにも影響を与え、


ひいては


気持ちも思考も巡り始め、

動き出す、

踏み出す勇気がわいてくるのです。



レースも糸も、身頃も全てオーガニックコットンで出来たマアルのショーツは、
自然からの贈りもの。


いつも優しく肌に寄り添ってくれていることで、

常に安心感も与えられていきます。




何かをはじめたり、踏み出すことだけが美徳でもなく、


どんな状態であれ


選んで、決めて、そこに居る、そうある。



その選択をする、
しようとしている、

その決断をした、
しようとしている「わたし」というものを


応援したいのです。


d0154362_18442782.jpg

(よつめ染布舎小野さんの奥様、陶芸家の岡美希さんの作品)




「春を待つ」。



この絵を、すぅっと導かれるようにマアルが選んだのは

いつも思い描いていた「肌着からの応援」を

この絵が表してくれていたからなのでしょうか。



d0154362_20373163.jpg


メルマガにも書きましたが、

「春を待つ」は、

大切な「誰か」に贈りたくなる、そんな作品になったと思うのです。

マアルの肌着で「作品」という言葉を使ったのは、
今回が初めて。


「誰か」は、自分だったりもします。


新しいところへ向かっていこうとしている人、

ある大仕事を終えた人、

おめでとう、という言葉をかけたい人、

一大決心をした人、、、。


その気持ちを、揺らぎそうになったとき、
思い出して頂けるような箱も作りました。


広島の職人さんが、「張り箱」という美しい仕上げにするため、
箱に優しい色の紙を貼り、

さらにひとつひとつ、型抜きをして下さいました。

まるで宝箱です。


中には、広島県大竹市で生まれた紙に、
小さなものがたりが書かれ、
そっと入っています(プレゼント出来るよう、お値段は書いていません)。









さあ、


つむじ風がわき起こりました。


後ろから背中を押してくれているかのようです。


馬も嘶(いなな)き、さあ、行こうと呼びかけています。



わたしの準備が整ったら、



春は、もうすぐそこです。





d0154362_20542381.jpg







2月4日(木)立春。朝10時から
ネットショップ白島店舗で限定販売を開始致します。




「春を待つ」特設頁が出来ました→











1/29 春を待つ プロローグ
1/30 春を待つ 出会い
1/31 春を待つ 型染め
2/1 春を待つ ものがたりが生まれる
2/2 春を待つ 主人公は
2/6 春を待つ エピローグ



「春を待つ」ブログ記事に登場した写真
ROAM DESIGN 大前洋和
よつめ染布舎 小野豊一
矢吹菜美


by marrublog | 2016-02-02 21:01 | マアルオリジナル肌着 | Comments(0)


<< 春を待つ エピローグ      春を待つ ものがたりが生まれる >>