2016年 01月 08日
自然育児友の会さんに
ずっとずっと「ここに取り扱って頂くことが出来たらなぁ」と願っていたお店があります。

それは、「自然育児友の会 memoli 」さん。




自然育児友の会との出会いは、

横浜で長女を産み、
彼女のアトピー治療の方向性に悩んでいた頃。

顔もただれて真っ赤の赤ちゃんだった長女は、
どこへ行っても「かわいそう」と言われてしまうし、
電車に乗せたら暖房で温まって痒くて泣き叫ぶので、
引きこもりがちになっていたのですが、

どうしても
聞いてみたい!と思う講座があって、
思い切って出かけたことがありました。

その会場の受付にいたママ達が
「ちゃんとカラダのお掃除してるんだねー」「お掃除の力が強いんだねぇ、頑張っているねー」って
娘を褒めてくれて、

そんなふうに受け止めて下さった人達ははじめてで、

あやうく泣きそうになったのを覚えています。


それが、自然育児友の会の、アトピーちゃんママの会、主催でした。


そこからすぐ入会し、
会に参加すると、
自分が求めていた情報交換も出来たし、
掻きむしって泣き叫ぶ子どもとの夜の時間も、
「あのママも今頃同じように起きているんだなぁ」と孤独じゃなくなったというか、
本当に、
あの頃の救いの場所でした。


会報も、届くのが待ち遠しくて、
毎号、むさぼるように読んだなぁ。


自然育児友の会は、全国に「お茶会」というのがあり、

当時私は転勤族の妻だったので、
埼玉に転勤になっても、
広島に転勤になっても、
最寄りのお茶会に参加することで地元の自然食品店情報や、
幼稚園情報など、
目線が似ている友達を得ることが出来るだけでなく、
情報交換をさせてもらえて本当にありがたい場所でした。


広島に越して数年後,私がお茶会担当になり、
毎月1回、
増える一方の仲間達を迎え、

我が家や、公園で集って、
それはそれは、毎回いい時間を頂いていたのでした。

d0154362_21244423.jpg

その頃のブログ→hidamari「自然育児友の会お茶会


あの会が、

近所ではなかなか見つけられなかった、いわゆる「自然派(この表現はあまり好みではないけど)」な
子育ての孤独から救ってくれたし、
(例えば、予防接種に疑問をもったり、自然なお産、に関心をもったり、鼻水が出たくらいじゃ病院には行かないでいいよね、な感じ)

私は当時、天然酵母パンを作ることが生き甲斐だったので
とにもかくにもみんなに食べてもらったり(笑)

あの会がなかったら、
マアルには繋がっていなかったかもしれない。

そのくらい、

大切な場所でした。

あの頃の仲間達が、
全然普段は会えないけれども、私にとっては大切な仲間たちです。



長い前置きでしたが(得意の)


というわけで、自然育児友の会が、
東京の国分寺にある「カフェスロー」に隣接してお店を設けていると知った時から

マアルとして繋がりが出来たら嬉しいなぁと願っていたのでありました。


願っていたとはいえ、
特にこちらからアピールすることはなく、

きっといつか、
自然な流れがあるんじゃないかという夢のようなことをぼんやりと思っていました。


それが、
昨年秋、アースガーデンに出店させてもらえたことがきっかけで
どんどんお話が繋がっていき。

昨年末から、


満月パンツと、新月ショーツをお取り扱い下さっています。

昨日から、memoliさんでは、冷えとりマルシェ開催中だとかで、
年始早々、また新たにいろいろと入荷して頂いています。



嬉しいなぁ。

なんだか、涙出ちゃうな。


今年は、自然育児の仲間達と同窓会をしたいな。

by marrublog | 2016-01-08 21:42 | Comments(0)


<< 5周年パーティ      ippo 7号本日から配布します >>