2015年 12月 19日
環(めぐる)企画<枇杷の葉染めワークショップ>ありがとうございました!
d0154362_15531588.jpg


祝島で無農薬・無化学肥料で大切に育てられた枇杷の葉を、
今年もたくさん送ってもらい、

10月の満月の日に発売したオリジナル布ナプキン「環(めぐる)布ナプキン」を染めるワークショップを開きました。


毎年「冬が来たなぁ」と感じるマアル恒例行事のひとつ、びわの葉染めワークショップ。


d0154362_1694721.jpg


皆様をお迎えするまでに、
たくさんの枇杷の葉を洗って、刻んで、火入れをし、
冷まして、また翌日火入れをし、、と、繰り返すこと3日間。
(白島店メンバーがいつも心を込めて準備してくれています)

そこから皆さんと一緒に、また半日かけて、
ゆっくりゆっくりと色を布ナプキンに写し込んでいく作業。


d0154362_16122650.jpg


媒染をし、ぐっと色が変化する具合も、
楽しいもの。



マアルのショップ2階の古い民家そのままの(恐縮です)場に、
一期一会のタイミングで集ってくださったみなさまと
菜箸で布ナプキンを、びわの染め液にくゆらせながら

お喋りする時間は

なんとも、

暖かくて、

穏やかで、

愛おしいなぁ、、、と、しみじみ。

d0154362_16161011.jpg

(枇杷の葉温灸の体験中。枇杷の葉こんにゃくシップも。)
染めのこと、
びわのこと、
からだのこと、
祝島のこと。




司会進行を白島店店長に任せていて、

いつもにまして完全に呑気モードになっているわたしは、

びわの湯気に包まれたみなさんの上気したほっぺを愛でつつ、


ああ、今年もいい年だったなぁ。


と、


しみじみと感じていたのでありました。




d0154362_162143100.jpg



自分が心地いいと、肌から、身体から、
素直に感じられる暮らしを


無理せず、
穏やかに
緩やかにしていくこと。

そうすれば

自ずと、


いろんなことが環=めぐる、
巡り、
始めるのでしょうね。



せわしない日常、

悲しいこと、
しんどいこと、

いろんなことがあっても、

「ご自愛」できる術=例えば冷えとりだったり、布ナプキンだったり、
緩めることだったり、

が、あれば、

巡って巡って、乗り越えて行ける気がします。


d0154362_16491799.jpg

(おうちで手軽に染められる、びわの葉染めキットもあるんだよ)


マアルの「coyashi企画」は、
自分達の土がふかふかになる、いい肥やしになっていくように、と名付けてはや5?6?年。

肌着や布ナプキンを「作る」だけではなくて、
こうした活動が、
ずっとずっと軸となっていて、


自分達にとって、
大事なことを再確認させてもらえたり、
思い出させてもらえたり、

大好きな
たいせつな、時間です。

ご参加下さったみなさんの、
今日も「楽しかったぁー!」「うれしい」という言葉を聞いて、
こちらこそ!!!の気持ちでした。



今年も各所ご縁をいただき、
広島をはじめ、あちこちのお話会やちくちくWS、染めWSにお集り頂いたみなさまにも、

改めて感謝申し上げます。



マアル nao



,,,と、蛍の光が流れて来そうな文章ですが、
いえいえ、まだまだ12月は来週の「冬至の企画♡」のご案内もありますし、
マアルはまだ動いておりますよー。
枇杷の葉スチーム効果で眠いので、今日はここまでですが、
以後のご案内、どうぞお見逃し無く!


by marrublog | 2015-12-19 16:51 | 布ナプ | Comments(0)


<< 冬至にイイコトございます。      2015年末年始休暇のご案内 >>