2015年 12月 10日
マアルのショーツが実は冷え予防に繋がるワケ
二十四節気でいう「大雪」になりました。

雪、ではないけど、広島は朝から強い風まじりの雨が続いています。


そんな中でも、
マアルの白島店には、肌着の冬支度をしにいらっしゃるお客様が次々とお越し下さり、
「ああ、今夜から暖かく過ごせる〜」とおっしゃって頂いたりすると
嬉しくなってしまいます。


竹布の十分丈スパッツ
→2017年1月追記:現在はロングスパッツになってリニューアルされています。

くらしきぬの冷えとりソックス

シルクとコットンの二重織りレッグウォーマー

そして今年発売の竹布の長袖インナー

どれも、1度身につけると「手放せないもの」ばかり。



そして、1番最初に身につけるものは、マアルのショーツとタンクトップ。

d0154362_2156046.jpg


d0154362_2158389.jpg

ふんどしをショーツに展開させたそのカタチゆえに、

「夏は良さそう」とか、言われることも多いのですが、
(もちろん、蒸れ対策や、下着かぶれにもおススメですが)

実は!

「冷え予防」としてもとてもおススメなのであります。

d0154362_22134587.jpg


これは、2年前に、県立広島大学の井上准教授の監修のもと、
医療従事者のかたがたにマアルのショーツに履き替えて頂き、
体温がどう変わるかを調査したサーモグラフィーです。


この調査のおかげで、
それまで自分達の体感や、お客様から頂いていた「冷えが随分違うような気がする!」という言葉が
正しいものであったと
証明されたのでした。


下半身の体温が、一般的なショーツからマアルのショーツ(調査したパンツ:新月ショーツ生成り満月パンツ生成り)に履き替え、過ごして頂いたことで上昇した理由は
二つあります。


1. ソケイ部を締め付けないことで、リンパと血流を妨げなくなり、めぐりがよくなった。

2. オーガニックコットン生地(しかも適度に油分が残り、しっとりしている)ショーツなので、ポリエステルが大半のショーツに比べ静電気の発生率が低く、静電気による血流悪化を防いだため。



締め付けない、そして静電気が発生しにくい、ということが
どれほど冷えに関係しているかを、
改めて実感したのでした。



「寒い」「寒い」と言って、
ストッキングを重ね履きして、上からギューギューのガードルを重ねたところで
冷えは変わりません。

むしろ、悪化させている可能性も高いです。

乾燥した肌にも、ポリエステルが多いものはより刺激となり、お薦め出来ません。



可能なかぎりの化学薬品を使わず、
棉の油分も適度に残り、繊維のふわふわが摩耗して減っていないマアルの新月ショーツ満月パンツ・タンクトップの生成り・茶(特に特に肌が繊細なかたはより柔らかい生成りを)が


冬の肌着としても絶大おすすめなのは、

このような理由があるからです。



お役に立つことができたら、嬉しいです。

by marrublog | 2015-12-10 22:31 | マアルオリジナル肌着 | Comments(0)


<< 2015年末年始休暇のご案内      残るあとひと月を >>