2015年 07月 22日
藍染めの肌着達、旅立ちました
もし残ったら、自分の、欲しい。。。

そう思っていた私はじめスタッフ一同の裏の期待は見事裏切られ(笑)、



藍染めの肌着たち、

あれよあれよ、、、という間に、太陽パンツの3枚(22日pm21:30現在)を残して他は全て旅立ちました。


改めて、ここで御礼申し上げます。

ありがとうございます。


d0154362_2155101.jpg

本日の発送の一部。
過去最高出荷記録です。
スタッフ総出で対応しております。



d0154362_2133482.jpg


藍染めと繋がったこのたびの経緯を

マアルで配布している季刊誌 ippo vol.5の特集で書き、

メルマガ広島版、全国版 「naoのつぶやき」欄にて呟き、

そして、発売前日にはこのブログでご紹介し、、と重ねてでもお伝えしたかった藍染め。


全てのタイミング、ご縁があった方々のもとへ

繋がっていきました。




植物が、

私たちの毎日肌に身につけるものに彩りを与えてくれるだけではなく、

薬効までも与えてくれるということ。


考えてみれば、すごいことです。


そもそも、「薬」という文字だって、

草木が楽にしてくれる、と書いてありますもの
(ということを、昨日半身浴しながら考えているときに改めて気づき、ブクブクとお湯の中に潜りたくなりました、何故か。。)。



それほどまでに恵みを与えてくれる草木に、

私たちは、感謝しているだろうか、

それどころか。。


d0154362_2292244.jpg


        <藍の畑で。今回徳島に繋げてくれた東京在住のyさんと、藍の栽培をお手伝いしていたお兄さんと)




肌着を通じて知る世界が、

藍のおかげでまたグンと広がりました。



そして、考えたいこと、

動いていきたい事、

少しずつ

少しずつ。


ippo ippo、お伝え出来るように、
頑張ります。

by marrublog | 2015-07-22 22:30 | 日々 | Comments(0)


<< 8月のcoyashi「命のお話...      藍染めのオーガニックコットン肌着 >>