2015年 04月 20日
アースディ東京2015ありがとうございました!
このキラキラの思い出が、明日からのドタバタに紛れていかないうちに覚え書きを。


d0154362_21375084.jpg


初日は晴天、
2日めは昼にザーッと一瞬降ったものの、降り続けることもなく天気に恵まれた二日間でした。


d0154362_2211042.jpg

優しい竹布のピンクの端が、LOVING MARKET アラウカリアのゾーン。
女性が優しく繋がる、本当にそんな空気が流れていました。


d0154362_2139548.jpg

アラウカリアのブース正面には、Bifore I die の看板。
次々とビッシリ書き込まれて。
読んでいるだけで胸が熱くなるものも。
わたしは、とうとう書けずじまい。考え過ぎちゃって。
でもこの機会「それについて考える」ってことがいいのよ、と登美子さん。
この黒板の様子→https://www.facebook.com/araucariaoffice?pnref=story



d0154362_21402231.jpg

面白かったのは、私たちのブース横が、「アース君」の休憩場所への秘密の通路になっていて。
よたよたとアース君、戻って来ては、
シャキーンと元気になって会場に戻っていく。

d0154362_21422948.jpg

トイレに行こうとイベント広場前を通りかかると、
マイクから聞こえて来たのは原爆のことを語る女性の声。
広島からいらっしゃった86歳の服部道子さんでした。


d0154362_21411738.jpg

夜はキャンドルナイトに参加。
今年は戦後、そして広島と長崎に原爆が投下されて70年。
「祈りのキャンドルナイト」というテーマで、原爆の残り火「平和の灯」でキャンドルをともしました。
広島から初出店しに来た私たち、偶然とは思えない、「ここに今、来ている事」の意味を感じました。


d0154362_21414342.jpg




d0154362_21413016.jpg

アラウカリアのメンバー数人でキャンドルナイトのお手伝いを。
「お花」をいくつか作りました。

d0154362_2225770.jpg

東京は15年ぶり、という店長を広島から引き連れて、二人で店番。



d0154362_21393330.jpg

嬉しい事がたくさん。
ネットショップで何度もお買い物してくださっているお客様や、
メルマガやFBをチェックしていてくださり、「やっと触れる」とマアルのブースに来て下さった
お客様達。
ちょっと、嬉しすぎて涙が出そうなこともありました。
そして、ほとんどの方がマアルのことを初めて知って下さった人達。
「満月パンツと新月ショーツの違いは何?」という質問や、
綿の産地、素材のこと、etc、、
さすがアースディに集るお客様達、少しお話ししただけでもピンと通じて下さるかたも多く、
とても勉強になりました。
東京に住む友達や親戚も顔を出してくれて。

今回2日間を通しての人気商品は、
やはり、の「新月ショーツ生成り」。
そして、満月パンツの「綿麻カラフルボーダー」と「水色Wガーゼ」。


d0154362_21432469.jpg

離れがたかった、アラウカリアのメンバー。
愛が溢れている人達です。

d0154362_2231476.jpg

岩国空港から広島市内へ戻る途中。
靄に包まれた宮島が「おかえりー」って言ってくれているような、
そんな感じ。
窓をあけて、音楽を聴きながら帰って来ました。
鼻歌を歌う声は少しまだ枯れているけど、
心は満タンです。


出会って下さった人達、
出会っていて下さった人達、
本当にありがとうございます。


これからもみなさんのお役にたてるような肌着を作り続けます。

さあ、明日からまた縫製さんとの打ち合わせと新商品の手配がいっぱい!
お楽しみになさってください!



マアル 肌とココロを愛おしむ布ナプと肌着

by marrublog | 2015-04-20 21:43 | 日々 | Comments(0)


<< 地味なことこそ大切      アースディ東京2015に出店します! >>