2014年 08月 28日
この度の広島土砂災害につきまして(その1)
ここで改めまして、
この度の豪雨で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。




先日の日記に吐露した気持の状態を経て、

今は、「私たちマアルに出来る事」を見つめて動いております。



店舗に広島市8・20豪雨災害義援金の募金箱を設置いたしました。

マアルからは、「マアルオリジナルショーツ、タンクトップ」1枚の販売につき100円を、
上記義援金に寄付いたします(上限月額3万円)。


いずれも8月20日から、12月20日までといたします(こちらの義援金受付期間が12月26日までのため)。



もうひとつ動いている途中のことがありますが、
それはまた改めて後日、その2でご報告をいたします。


それぞれ、いろんな思いを抱えながらの日々ではありますが、
マアルとしてこれまで通り、いえ、これまで以上に、求めているかたへ届く様、
想いを込めた下着作りとご紹介をしていくことが
わたしに、私たちに出来る今のベストだと感じています。


被災地のすぐそばに住んでいる、縫製さんが今日、伝えてくれました。
「沈みそうになる気持を、仕事をすることで忘れようとしている」と。

また、もう一人、避難勧告エリアに住む縫製さんも、以前から
「マアルのパンツ縫っていると、優しくて気持いいから、すごく癒されるんよー」と言ってくれています。


そういう意味でも、
仕事を回していく、という大きなお役目があるということに気がつきました。


使う人も、

作る人も、

売る人も気持よくなる下着。



マアルく繋がろう、のマアルは、これからも頑張ります!






d0154362_20251430.jpg




追記:2015年1月5日 ご報告

昨年8月の広島土砂災害以来、このブログに記載しておりましたとおり、
マアルではショップに設置した募金箱と、
毎月3万円を上限に、オリジナルショーツ1枚につき100円の募金を続けておりました。

募金箱へは、13,254円
オリジナルショーツ募金は、
(9,10,11,12月毎月満額の3万円となりました)合計139,800円、

総額で153,054円の募金を、
広島市8・20豪雨災害義援金に振込いたしました。

ご協力下さいましたみなさまへ、心から感謝申し上げます。

募金はいったん終了といたしますが、
心は、寄せ続けます。

日記に書いたように、与えられた仕事、役割をすることも、
そこに繋がる大切なことと信じて。

by marrublog | 2014-08-28 20:24 | お知らせ | Comments(0)


<< 満月パンツリニューアルのお知らせ      太光寺の竹布コーナー終了のお知らせ >>