2014年 07月 20日
へんないえ
長女の口癖だ。


「だからうちは変なんだって!」。


みんなみたいなサラサラのシャンプーもトリートメントもないし

みんなみたいな、ふわふわのすごいいいにおいのタオルじゃないし

みんなみたいなストパーかけちゃダメって言うし

鼻血出したらおめでとうって言うし!(私、心の中で爆笑)




またはじまった。

雨の日は、癖がある髪がちりちりとなるのが嫌らしく、
鏡の前でいらいらしていらっしゃるので、

この抗議が朝からはじまる。




最初は聞き流している。

もう、何度も、どうしてお母さんがそれを使わせたくないか、という説明はした。

しつこく、

あの手この手でうちは異常だ、こだわりすぎだ、といろいろ言ってくるので

ついつい言い返す。



あんた、
何言ってんの。

ラインもやってて、

テレビも好き放題見てて、

ヘアアイロンだって充分つかってるじゃんよ、おかあさんめっちゃ譲っとるやん!

昨日の夜中も冷蔵庫からおばあちゃんのゼリー出して食べてたん知ってんねんよ!
(大阪弁と、東京弁と、横浜弁と、広島弁が見事に怒ると入り交じる私)








このあたりから、論点はズレ、

もうただただお互いにギャーギャー攻撃となる。

私も、もう目も当てられない、大人げないったらありゃしない状態となる。




この1ヶ月、

よく鼻血を明け方に出していた長女。


両方から出るところをみると、

鼻の中が切れているわけではなさそう。

アレルギー的に何かに反応している気配もないし、


だったら、
頭に血が上ってるんだな、と思った。



今までの経験でも

鼻血は悪いものじゃなくて、むしろ悪い血と一緒に出てくれたんだなって感じがするので

「おかあさーん、鼻血出たー」

「あーら、そう、おめでとう」(確かにおめでとうと私は言っている^^;)


こんなやりとりが日常だ。


本人は気づいていないが、

鼻血を出した日は、

あまりカッカと反抗してこないし、素直ないい子になっている。



血の気が多いんだよ。



それが先日の明け方、かなり大量に45分くらい出ていたらしく(私はもちろん寝ていましたが)、

本人が「寒い」というくらいだったので

さすがにおめでとう、とは言わず、

夕方、世話になっている鍼灸の先生に見てもらった。


「エネルギー溢れるいいからだしてますよ」
お墨付きを頂いたからホッとした。




ちょっと風邪気味かなとなると、
足湯、レメディー、
あとは早く寝かせようとするけど寝ない時は、
ほっとく。

しんどきゃ寝るもんだし。




経費毒のことも、布ナプのお話会を通じてみなさんに伝えているくらいだから、
やっぱり我が子にも使って欲しくはない。

けれど、そう言いながらも

「うちはへん!」って、おそらく基本は理解している上でも(そう思いたい、、どうかな、わからんな)サラサラふわふわしっとりな女子に憧れる気持もわかるし、


もう一から十までバトルなのは面倒なので、

好きにさせてる。







d0154362_2321075.jpg


d0154362_2322685.jpg


先日、中学最後の運動会があった。


何種目かのリレー選手だったので
出番がいっぱい。

目の前を走り抜けるとき、つい大声で応援するので(それも長女は恥ずかしいからやめてくれと怒る)
画像は今年もブレブレだった。



よくそこまで言いますわ、というくらい生意気だけど、
憎たらしいが、やっぱり可愛い(こともある)。


こんだけ走り回れて、鼻血出しまくることが出来るだけでも立派だ。

じゅうぶん。





腹も立つが、

でも一方で、そういうことを言う人が家族にいていいと思う。

みんなが母親のイエスマンなんて恐ろしい。







いくつまで叫ぶかなぁ「うちはへん!」

by marrublog | 2014-07-20 23:05 | 日々 | Comments(0)


<< 今年も三越に      痒みやアトピーの改善には、下着... >>