2013年 11月 03日
冷え性と下着の関係<締め付け編>
三連休真ん中の日は、全国的に雨のところが多かったようで。

折しも先ほど新月になったばかり。

気温がぐっと下がり、
カラダもキュッと締まって

交感神経が敏感になり「わたし、何か始めようかしら!」とドキドキワクワクしている人も多いのではないでしょうか?

のわりには気圧が低かったから、頭の中がまとまらず、気持もゆらゆらしていませんか?


-----------------------------
さて、寒くなってくると、マアルオリジナルの「新月ショーツ「満月パンツ」

「寒くないの?」と聞かれます。

ふんどしから発展させてカタチゆえ、生地面積が少ないのでそう思われてしまうのでしょう。

d0154362_224652.jpg

<新月ショーツ>


d0154362_22483673.jpg

<満月パンツ>

マアルのショーツは、ソケイ部のリンパを押さえつけません。

一般のショーツは伸縮性のある生地で作られているため、
足ぐりやお腹まわりが窮屈に感じたり、
朝はいいけど、夕方からキツく感じたり、、
ってこと、ありませんか?


キツい下着や、ガードルは、
大腿部のつけ根にある大腿動脈や鼠径部のリンパ管を圧迫し、
下半身の血液循環を悪くしがち。

マアルの下着は、そういう「締め付け」が無いので、
下着によるリンパや血流を遮り、がありません。

股上も浅いのは、
お腹も締め付けないよう、
あえてウエスト部を骨盤の輪っかの部分にのせるように作っているから。
これで、腸の動きも遮らないし、
お腹が大きな出産間際の妊婦さんでも着用出来ます。



血の流れが悪くなることを東洋医学では「疾血」と言い、
その状態が、生理痛や、循環不全や、様々な病気を引き起こすとも言われています。



マアルの下着は、夏場は「蒸れ、肌の痒み防止」に繋がり、
冬場は血やリンパの巡りを遮らないので「冷え防止」に繋がるようです。



かといって、スカートの下に新月ショーツ一枚、
パンツ(ズボン)の下に、満月パンツ1枚、じゃあ
冬は寒い。
どんな下着だってそれだけじゃ、、、


というわけで、

マアルの絶大なお薦めは、
マアルのショーツの上に
d0154362_16593472.jpg

オーガニックコットン100%マアル腹まき

d0154362_23231531.jpg

草木の薬効をしみ込ませた、薄いのに暖かいシルクの「ボディロール」。

そして、
d0154362_23124049.jpg

とろんとろんに柔らかく、
竹の遠赤外線効果でほわーっと暖かい「竹布十分丈スパッツ


特に個人的意見では、この竹布スパッツは本当に冬の「鉄板」だと確信しております!

それには、竹布のもつ、遠赤外線効果の他にも、「静電気」という大事なキーワードが隠されています。

長くなりそうなので、
それは「冷え性と下着の関係<静電気編>として書く事にします。


あ、鉄板はもうひとつ!

d0154362_1785072.jpg


マアルのお客様にはもう長年お馴染みの、
シルクとコットンの二重織りレッグウォーマーです。
ふくらはぎは心臓。ポンプの役割をします。
暖かく、柔らかく。


いつになく、脱線せず真面目に書けた自分を褒めたい(笑)



皆様、残り1日の三連休をお楽しみ下さいませ。
私は早起きして家族サービス予定。
働くママの休日は、休日にあらず。。。忙しい。。






マアルの日々の新着情報はこちら!
http://www.facebook.com/marru.tsunagaru
ぜひ「いいね!」をクリックしてねん♡


※ネットショップリニューアルにつき、2015年10月末、リンク先を加筆訂正しました

by marrublog | 2013-11-03 22:48 | マアルオリジナル肌着 | Comments(0)


<< 冷え性と下着の関係<静電気と、...      京子のお皿 >>