2013年 09月 25日
冷えとり〜わくわくする靴下と
出会った!


そう思いました。


今やすっかり「ゆるとり」←(詳しくはこの日記を)となっている私ですが、


久しぶりに「これ、履いてみたい!」という靴下に。

d0154362_22314.jpg


くらしきぬ、の冷えとりソックスです。


一般的に「冷えとり健康法」で履く靴下は
絹5本指→綿5本指→絹先丸→綿先丸
で、冷えを感じる度合いによって、プラス絹、プラス綿、と、
とにかく絹綿絹綿と重ねていきますが
(絹は毒素を吸い上げ、綿が吸収するから、と言われています)

くらしきぬ、では綿の代わりに「国産のウール」を使っています。

そのせいか、ほわっと暖かいのです。


この真夏もかなり履いておりましたが、
ウールだから蒸れる、ということは全然無く、
なんと言うか、

子どものお腹に手を当てているような
そういう暖かさ。(ほっと安心するような、と言いたいのです^^;)





d0154362_22275028.jpg

3枚重ねても、履き口が重ならないような工夫が。

これ、結構大事で、
重ねた靴下が全部同じ長さだと、
私みたいに肌の弱い人は、履き口のところが蒸れたり痒くなったり。

くらしきぬ、の靴下は、
かかとが用意されていなくて、
フリーサイズな上に、
絹が一番長く、その上に2枚目、3枚目となります。

だから足首がモタモタとふくらみまくることもないのです。



d0154362_22312841.jpg

最後のウールのカバーソックス。

こういう可愛い感じのものから、
ダークグレーのリブ編みもあり、

これまたフリーサイズだから下に重ねている靴下の枚数にも左右されないし
便利。



私のように、既に「冷えとり」にそんなテンションが高くない人でもw
使い回せます。

大好きな竹布の5本指ソックスの上に、
このカバーソックスだって「絶対アリ」。


また、カバーソックス以外の3枚を重ねた上に、
あしごろもの綿のソックス、というのも「絶対アリ」。


組み合わせの幅が広がります。



日常の中で、続けていくなら、組み合わせられるのが便利。


シルクだ、
ウールだというと、
お洗濯が「面倒?」「洗濯機で大丈夫かなぁ?」と不安になりそうですが、

マアルには、ほら
綿もシルクもウールも1つで洗える
d0154362_22473626.jpg

海へ・・・があるじゃないか。

(おすすめ出来るのか判りませんが、私はバジャンでも何回も洗濯機で洗いましたが
全然平気でしたよ)



布ナプキンもそうですが、
違うメーカーが箪笥にあると、
バリエーションが出来て日常がより一層楽しくなります。


毎日の靴下選びの「お楽しみ」に、加えて頂けたら嬉しいです。

下半身が暖かくなって
一石二鳥ですよ。



竹布のスパッツと、新月ショーツ、満月パンツと併用するともう最高です!


「冷えとり健康法」も「食事療法」も、
何事も
眉間に皺寄せて「重ねねば!」とか「控えねば!」ってのは
いくらやったってよくならない。
(経験済み:笑)


楽しみながら、
周りと共存しながら、が、
ほどよくいいんじゃないかなぁ〜と思う、

もと自然療法マニア13年、でした♬





マアルの日々の新着情報はこちら!
http://www.facebook.com/marru.tsunagaru
ぜひ「いいね!」をクリックしてねん♡

by marrublog | 2013-09-25 22:25 | 日々 | Comments(2)
Commented by ブランド ダウンジャケット at 2013-12-21 06:32 x
I think this site has got some very fantastic info for everyone. "The best friend is the man who in wishing me well wishes it for my sake." by Aristotle.
ブランド ダウンジャケット http://www.bestbuilt.biz/
Commented by casquette at 2014-03-05 15:30 x
I’m not that much of a online reader to be honest but your sites really nice, keep it up! I'll go ahead and bookmark your website to come back down the road. Many thanks
casquette new era pas cher http://www.casquettemode.fr/casquettes-pas-cher-marque-36.html


<< coyashi企画、布ナプお話...      お店のこと >>