2013年 07月 25日
過去から繋がる〜その2、なずな農園
1週間が、本当にひゅん、という勢いで過ぎていきますね。


と、夏休みに突入した次女に言ったら

「わたしの1日は、なっがーーーーーーーーーいよ」と、
スカートをふわりと回しながら1回転しつつ答えてくれました。


なんだか、子どもらしい答えでホッとしました。

(この毎日の暑さで、出来るだけ動きたくないって感じ=トド化している私と中2をよそに、
まだまだ次女は、くるくる回ったりする全く無駄な動きが日常の大半を占めていて、
いやはや「子どもって素晴らしい」なぁ、、と目を細めているトド母=私)




さて、なずな農園の「なずな通信」に手記を書かせていただいたことがきっかけで、

いろんなことを思い出し〜

た、頃から微熱が出始めたのですが(ここまでがその1

微熱と同時に、この1年で一番くらい上半身の肌の調子が悪くなりました。


ずいぶん前にブログに書いたことがあると思うのですが、

「来た」と、判るんです。


前向きなときはそれを「浄化スイッチ」と呼んでいるのですが

スイッチがカチリと入ると、


遠赤外線ヒーターがブーンと暖まり赤くなっていくような感じで、
肩、首、顔が熱くなり、熱を持ちます。

火照って火照って、

乾燥して、痒くなる仕組みです。


そのスイッチが、今回はかなり強く入ってしまったようでした。

体の中から熱くて熱くて眠れない日が続き、

スーパームーンと呼ばれた先月の満月の日(1年で一番月が近づいていた日)がピークでしんどかったのです。


黄砂の時期でもないのに、
どうしてこんなに?と考えましたが、

生理前だったからか
その数日前に釣りに行き、UVカットの服は来ていたけど日に当たっていたからか、
皮膚科の先生は「疲れすぎ!寝なさい」と。ということでお疲れだったのか、
ある方が教えて下さったのですが、そのころ、ある数値もかなり広島は高かったらしく、
それに反応していたから、か、、、

まあきっと全部なのでしょうが、


今回は気持が本当に凹みました。


発症した30歳の、一番ピークの時の記憶が強くて、

また、あそこまで酷くなっちゃうんじゃないか、って。



アトピーは、1直線によくなるのではなく、
よくなったり悪くなったりの波を繰り返しながら改善していくもの、

とはよく聞きますし

生理が来て、満月が過ぎればきっと良くなってく、思いつつも、

今回ばかりは、その体の芯から熱い感じが尋常じゃなかったので、
怖くて。





思えば毎年春夏は吹き出したり、
花粉や黄砂に反応したり、
汗で痒くなったりで調子が悪いんです。


何も、今年が特別じゃないのですが、

どんどんよくなっていっていく中で、

「今年はもう春夏も大丈夫!」と決めていた(アファメーションしていた)のに


大丈夫、じゃなかったことが悲しかった。


自分が30歳でまさかのアトピーを発症したことは、

今では、それによって得たことが、とてつもなく大きいので納得済みなのですけど


今回のスーパームーン時は
「なんでみんなは平気なのに、私は反応するんだぁ!!!」とか
「何にも気をつけないで生活している人がツルツル肌で、なんで私だけ!」とか
理不尽さを久しぶりに感じて、

もう子どもレベルのところまで気持がいってしまって

情けなくもあり。

でも、こういう気持がまだ私にも残っていたんだなぁと、
俯瞰で自分を見る余裕が少しだけあったので


もう、思いっきり、ぐちゃぐちゃな心の荒波に揉まれまくってやりました。




同時期、
たまたま別件でやりとりをしていた友達もすごく心境が落ちてしまっていて、
「恐るべし今年のスーパームーン」とお互いで笑いあったのですが

「笑っていても、楽しくないんだよね」とか言いつつ。

こういう人、結構いらっしゃったみたいですね。




さあさあ、
話が長くなっていますが(得意の文字数オーバー)



そして、満月が欠けはじめ、
生理が来て、
食生活、睡眠時間、「気をつけましょうキャンペーン」強化月間(自主的)に入り

するするすると良くなっていったのです。


簡単な人間なので、
改善に向かうと心はめきめきと本来の前向き思考に戻り、

「よっし、これで一層浄化してやる」と。


でも、今回は2週間後にまたぶり返し、
自分の免疫が下がっていることも実感しました。


それもまた落ち着いて2週間経ってはいますが、

引き続き、


わたくし、「絶賛ご自愛下さいキャンペーン中」なのです。


ほぼ毎晩、こんにゃくシップを肝臓のお手当にして、

時に足湯をして、

毎日お弁当を作って(なずな農園と、満月農園の野菜に、天然塩ふってソテーしただけのおかずが多いのですが、野菜がおいしいから毎日同じメニューでも飽きません)

そして、ここ2年間くらいで一番「白砂糖のあまいもの」を避けています。

焼いた小麦ものもほとんど口にしていません。



そうそう、小麦は、なずなで私は「きっと貴女の今の体に小麦はあわん」と教えてもらい、
「えー、私、この6年くらい、国産小麦しかほとんど口にしていないんですけど」と答えたら
「でもそれは無農薬?」と聞き返されて気がついたのでした。
その頃、ずっと私は天然酵母パンづくりにハマっていて、
販売もしていたことがあったくらいだったので、
それはそれはたくさんの小麦を食べていたんだろうと思います。

ポストハーベストが入っていない国産小麦だから大丈夫だろうと。

でも、考えてみれば、お米は出来るだけ無農薬や減農薬を探すのに、
小麦は国産というだけで満足しているのって、ちょっと変?

私に限らず、小麦は腸内に溜まりやすいので、
アレルギー持ちの人は常食しないほうがいいとも言われます。

ほほや首は、小麦の反応とも言われる=私、ビンゴ。

という理由が納得出来て、
なずなから帰って来て2年間、パンを断ち、
パンづくりという仕事にまでしたかったシュミを諦めたのでした。
(今思えば、これもマアルをすることに繋がっていて本当によかった)

でもこの1年、調子がいいことを幸いに、
常食は全然していないけど、
結構口にしていたなぁ、焼いた小麦。。。


d0154362_22545779.jpg


砂糖を絶ったら、
より一層、トマトが甘く感じます。
仲良しの満月農園が作ったトマト。大好き。



今回の不調で、
もっと色んなことを感じて、
後で書こうと思っていたのですが、


体調が良くなると、もう書く気がしなくなるっていうのは
なんなんでしょうね(の、わりに長い日記ですが。)





今日は、すこぶるいいペースで仕事が出来たので、
やっと夜に髪を切りにいけました。

スッキリさっぱり!


詳しくないですが、今日はマヤ暦の新年だそう。

なんか嬉しいじゃないですか。




私に与えられたカラダ=車だから、

いいエンジン必要とするし(笑)、
メンテナンスも手がかかるけど、

大事に乗ってあげようと思います。







マアルの日々の新着情報はこちら!
http://www.facebook.com/marru.tsunagaru
ぜひ「いいね!」をクリックしてねん♡

by marrublog | 2013-07-25 21:33 | アトピー、アレルギー | Comments(0)


<< 眼がカメラ      過去から繋がる〜その1、食=な... >>