2013年 05月 28日
内祝い
あるかたから、ご主人の快気祝いに、と竹布のショール和布台ふきんを贈るオーダーを受けました。
d0154362_2244753.jpg


電車をいくつか乗り継いで、
汗をふきふきマアルの事務所にお越し下さったご夫人。


贈り先の方々のお顔を思い浮かべて、

1色、1色、ショールの色をお選びになりました。


内祝い、とは、
日本独自の文化だそうですね。

そもそも、結婚や出産、快気などでお祝いしてもらう立場であるほうが、
自分の歓びや感謝の気持を身内にお裾分け、するところから発生したのだそう。


今ではお祝い返し、として一般的にされていますが、


〇〇さんは明るい色が似合いそう、
〇〇さんは優しくてほっとするような、、、と、
ささやかれながら一生懸命、清布ショールの色を考えていらっしゃるご夫人を見て

これこそが、
『贈り物」だなぁと思った次第です。



量が多くて在庫では足りなかったので、
改めて入荷、ラッピング。

d0154362_234552.jpg

これはその一部。


送り先と色のご指定が間違わないように、
何度も確認しながら、
ひとつひとつ丁寧にお包みさせて頂きました。



d0154362_238766.jpg

ご挨拶のカードも添えて。


とろけるように柔らかい竹布の清布ショール
手ぬぐいがわりに使える和布
天然の抗菌効果で、決して臭くならない、マアルの陰の超人気もの台ふきん

どれも、贈り物にされたら絶対に喜んでいただけると思います。


それに、ご夫人の「相手を思う優しさ」が加わって。



優しいそのご婦人、
旦那様がお元気になられてよかったですね、と申し上げると、
とても嬉しそうに微笑まれました。



私も、こういう女性になりたいものです(憧れ)。



素敵な時間を、
共有させていただきました。



マアル、いい仕事です。感謝。




マアルの日々の新着情報はこちら!
http://www.facebook.com/marru.tsunagaru
ぜひ「いいね!」をクリックしてねん♡

by marrublog | 2013-05-28 23:12 | 日々 | Comments(0)


<< 出産前のごとく      日々たくさんの布ナプビギナーさんが >>