2012年 11月 14日
竹布の揺るがない道しるべ
昨夜は、そう、竹布について書くために、画像を用意する為開いたiphotoに
ここのところのお楽しみ写真を目にしてしまって

気がついたらとりとめも無い事を書いて寝てしまったのでした。
(店長、反省!いや、ま、そうでもない)


d0154362_10564343.jpg

さてさて、
最近、本当に毎日のように身につけている竹布の清布ショール。

直接肌に当たるものの素材によって、痒みや刺激を覚える身にとっては、
竹布があってよかった、と
常日頃感謝しています。



マアルのネットショップでは、
実際に手にして頂けないうえに、
なかなかワタシの画像も下手だったり、表現に乏しかったりする為
(ここ、絶対改善していきます!)、
竹布をご存じない方は、スルーされる人も多いのですが



出店先などで竹布を触った事のある広島のお客様は、
リピートしない人はいないんじゃないか、というくらい、

みなさま、ひとつお求めになったら
また、ひとつ、ひとつ、みっつ、ななつ(この辺りになるとプレゼントしたくなる為数が増える)

竹布ワールドにおハマりになります。


肌トラブルのない人でも、
そのとろけるような柔らかさ以外に、
ほわっとする、天然の遠赤外線効果で、
「ヒー○テックよりずっと暖かい」と感じたり、
締め付けないし、優しくフィットするし、
着ている事を忘れそう、
というご感想を頂いております。


d0154362_11141970.jpgd0154362_1114636.jpgd0154362_11135713.jpg

しもやけが治った!と昨年も一昨年もたくさんのお客様が
嬉しい声をお寄せ下さった竹布の五本指ソックス
柔らかい素材ゆえ、
履き続けると力がかかるところが薄くなってしまうのが残念だったのですが
先月リニューアルしまして、
内側が竹布、外側を綿にすることで、強度も保温性も増しました!




何度か、竹布の社長にお越し下さって、いろいろお話を伺い、
その「困っている人に寄り添う」会社のポリシーはいつも頭を下げる想いで拝聴し、
竹布とご縁を頂けて本当によかった。と
常日頃思っています。


このたび、待望の竹布二重ガーゼ「癒布=ゆふ」を発売するとのことで
商品のラインナップを拝見した際、
d0154362_11183218.jpg

なぜに、帽子?と思いまして、
社長にお話を伺いました。


この「癒布」は、抗がん剤の副作用で髪が抜けて、帽子をかぶる人が
かぶり続けても頭が蒸れたり、痒くなったりしないように
竹布が素材の帽子を作ってあげたかった、
そのために、ダブルガーゼ天竺を作って、「癒布」が生まれたんですよ、

との事。



唸りました。


一般的な衣料品メーカーは、「売れる」ことを踏まえて
流行、や、ニーズにあわせて商品開発をしますが、

竹布のナファ生活研究所は、
会社の道標としてパンフレット1ページ目にも書かれている通り、

「人が最も痛み苦しむその時に、そっと傷に寄り添い、ただ快癒を祈る1枚のガーゼ」

ただ、そこから。

いつも、そこから。



帽子の為に作った、優しい優しい、ダブルガーゼの竹布=癒布。


d0154362_1128297.jpg

d0154362_11284544.jpg

d0154362_11291181.jpg

フレンチスリーブ、タンクトップ、タートルネック、帽子。

お色は全て3色ずつです。

優しい想いが、染み渡って、
ほわっと暖かいのです。


ほっとする柔らかさ、暖かさに包まれ、
まして、
ポリエステルが3500v、シルクが1700v、綿が100vという着用時の静電気発生率なのに対し、
竹布は82vという
どの素材よりも静電気から守られる素材なので

筋肉の緊張も和らぎ、

肩こりが楽になったと言うお声もよく聞かせていただきます。



d0154362_113736100.jpg
d0154362_11372751.jpg

先月、ブラのラインナップに加わった
「前開きブラ」。

これも、最初は授乳中の人の為に?なら、今までの竹布ブラでも大丈夫だったのに、と思い
質問させて頂いたところ、

腕を上げにくくなったお年頃の人たち、
かぶる、ことが辛い症状の人たちが
前開きにする事で楽に着脱出来るように、作りました、

とのこと。



唸りました。



d0154362_1284443.jpg

d0154362_128577.jpg





定番で、布ナプ着用パンツとしてもマアルがお勧めしていて人気のベリーショーツにも
この新しいカラーが加わり、上下お揃いでお求めになる人も多いです。



d0154362_11414493.jpg

竹布のバスタオルを膝掛けとして、
そして洗髪後の拭き取りタオルとして竹布のフェイスタオルを使って下さっている
オーガニック美容室のRitaさん。

お客様がとにかくほっとされるということで
マアルにお客様からタオルのご注文が入るようにもなりました。



強い刺激、乾き、痛み、締め付け、、、

いろいろなものに満ちあふれている現代。

せめて肌に触れるものは、

嘘のない、ホッとするものを。



マアルが満月肌着やオリジナルのものを作っていく上で
竹布ナファ生活研究所の姿勢、いつも参考にさせて頂いております。


そして、これからも
この心地よさをお伝え出来るお手伝いをさせていただきたいと

思うのです。





今日のワタシは、満月肌着タンクトップの上に竹布の八分袖インナー、
下は竹布のショーツに竹布のスパッツ、
足は竹布の5本指に、竹布のメンズソックス(この履き口のところをスパッツの上にするとより肌に優しい)
で、ほかほかとしております。



今日もみなさま、暖かくして、よい一日を。





マアルの日々の新着情報はこちら!
http://www.facebook.com/marru.tsunagaru
ぜひ「いいね!」をクリックしてねん♡

by marrublog | 2012-11-14 12:10 | TAKEFU竹布 | Comments(0)


<< フードかぶるス      リアじゅう、と、いふらしいね >>