2012年 10月 09日
今や、「ゆるとり」だからゆえ
ここ数年、特にこの1年「冷えとり」ブーム?のせいか、

お客様から「冷えとりの靴下とかは無いのですか?」等、
冷えとりに関して尋ねられる事が本当に多くなってきました。


d0154362_2285416.jpg



そして、お答えする度に、
「ああ、そろそろ冷えとり」について書こう、と思っていたのに

なんだか後回し、後回し、、でゆうに1年は経過(後に回しすぎっ)


このブームに乗っかり、仕入れれば売れると分かりつつも、
積極的にシルクとコットンの重ね履きセットをマアルで導入しなかった、その理由。

ふっと先日、お客様とお話ししていて、ああ、そうよね、と
自分で自分を確かめたというか、
分かったんです。


それは。

かなり正直に告白しますと(!)


ズバリ

、、、もう、そんなに熱心にやってないからなんです。(おわ、言ってしまいました)





横浜に住んでいた12年ほど前、当時、かなりマニアックな人たちしか知らなかった「冷えとり研究会」なる会に所属しておりまして

なんでも「これ!」と思ったら突き進むイノシシ女ですので

当時は、本当にシルクにまみれて生活をしていました。


靴下も、絹、綿、絹、綿、絹、、、と、6枚ベースだったかしら。
それにシルクのスパッツを重ね、シルクの腹巻きをし、
綿やウールを重ね、
今も使っているシルクのタオルケットにくるまれて眠り。。。


その頃の研究会は、
冷えとり料理の作り方から、心の冷えとり講座とか、
熱心なお勉強会で、赤ちゃんの長女を連れてせっせと通っていたのです。


「冷えとり味噌」は美味しかったなぁ。
今も、うちの味噌作りはそのレシピ(といってもこの2年は味噌作りもさぼってますが)。


今の「冷えとりガール」的なオサレな感は薄く、
本当に、
本気の、「冷えとり!」。

ビギナーのワタシは毎回、何から何まで驚きの連続でした。


子連れの人も多かったのですが
赤ちゃんは冬なのに半袖ロンパースで下は太ももまで子ども用冷えとり靴下を何枚も重ねていたり、、
玄関にある脱いだ参加者の靴はどれもみな25センチ以上(靴下重ね履きするから大きな靴じゃないとね、ってワケ)



ワタシと長女のアトピーがその頃どんどん出ていた時期とも重なり、
(でもそのときはマクロビも夢中で取り入れていた時期だったし
すべて「めんげん(好転反応)」と思っていたのです)



見かねた周りのススメもあり、
祖父の住む沖縄県の宮古島に3ヶ月滞在させてもらったのですが
(アトピーはその滞在中にあっという間に消え、ツルツルになったのです、
この話を始めるとパート5まで書いても終わらないのでここまで)

宮古でも靴下を重ねようとするワタシを
野口整体を教えていた祖父が「ここではやめなさい」と言ってくれたのがきっかけで
沖縄ではぱたりとやめ、


横浜に戻り、
その後埼玉に転勤で引っ越した後は、適当にシルク&綿靴下を履いていたものの、

だんだん毎日何枚もの靴下を洗う生活がおっくうになり、、

冷えとり研究会からも足が遠ざかり、、、


、、、


ってな感じが、正直なところです。


でも、「冷えとり」研究会で教えてもらって、以来ずっと生活に取り入れている事は

「頭寒足熱」。


d0154362_2217473.jpg

半身浴も好きだし、
陶器の湯たんぽにハマったのも、ガチ冷えとり時代から10年。
(湯たんぽに注ぐお湯のように熱いワタシの気持ちを書いた去年の日記→

d0154362_22174116.jpg

マアルで扱っているシルクとコットンの2重織りレッグウォーマーだって、
足元を温めることの大事さがカラダに染み付いているからかな〜って思うんです。


竹布と出会って、
シルクと綿を何枚も重ねなくても足元が幸せに暖かくなってからは
もうこれで充分♡と思っていて、

竹布の5本指も、竹布の開発者、相田氏によると排毒作用もあるということで安心したし

私の肌には、シルクよりも竹布のほうが痒みが楽で、
シルクスパッツより、竹布スパッツのほうが好き、と体感。


とにもかくにも、


布ナプ生活と共通するところなのですが

「無理をせず、楽に続けられる事が、一番」と

月日を経て、今のワタシの感覚ではそのようなカタチになっていた、だから、、


マアルでシルクの冷えとりソックスを導入しなかったのは、
そういうワケなのです。


冷えとりは好き(だった)けど、今やそんなに絹綿使ってないのに、、って。
自分の「今の」日々の生活の中で大好きで使っているモノだけを、
紹介しているマアル、ですので。





なのですが。



「流れ」って用意されてるよなぁ〜と今回もしみじみ思ったのです、


冒頭に戻るのですけれど、
お客様に冷えとりのご質問を頂くたびに

もう一度、ちゃんと知っとこう!と思いまして

夏に買ったのがこの本。


d0154362_22565141.jpg

まだ途中なのですが、
いいです!

10年前に気づかなかった事が、
スルスルーっと入ってくるあたり
「私の30代の自然療法生活も無駄じゃなかったわい」と思えたり。


そして、9月初めには、あるお客様のご要望もあり、
いつもはボディロールだけなのに、
シルクの薬効草木染めの5本指ソックスを追加で注文するついでに
自分用もお試しで買っていて。



この夏は、この10年で一番サンダルやヒールを履いており
足を冷やした自信がある(爆)し、

かなりお仕事も楽しんで頑張っておりますし

いっちょ、ここらでまた、前のようにとはいかずとも、

冷えとり、強化してみようかなぁなんて思っていたら



9月中旬に息をしても痛い背中に。→そのときの日記
駆け込んだ鍼の先生に
「夏場の冷えと疲れが出て来たんですね」と言われたときに

「カチリ。」

入りました、ワタシのスイッチ。



d0154362_2352976.jpg

今の、ワタシが、楽しみたいような、冷えとりの靴下類を集めていますので

一般的なものとは違うかと思います。


このアルデバランのシルクの薬効染めの5本指ソックスは、
ワタシは茜を履いていますが、
んふふ、この感想をここで言っちゃうのは勿体ないので
ぜひご体感下さいませ(ウマいな私。いえ、でも本当に。)

大好きな竹布も織り交ぜて、
来週か再来週あたりに入荷する、ある靴下も織り交ぜて

楽しみながら

ゆるとり、な程度のご紹介を、と考えております。

d0154362_23352260.jpg

もちろん、ブラ無し&締め付け無しの満月肌着が
冷えとりを意識して作った訳ではなかったけど、結果としてかなり冷えとりグッズなのは
やっぱりね。な。



冷えとり、を始められたばかりの人は、楽しんで夢中になっていいと思うんです。
そして、継続されている人も素晴らしい。
ワタシは、ご覧のように飽き症なので、10年経って
都合の良い「頭寒足熱」をしていますが
それも楽しんでいるから、いいんじゃないかって。

現に、アトピーはなかなか縁が切れないけれども
冷えはかなりよくなった気がしています。


楽しみましょ。





ずいぶん長い日記となりました。



明日は小食にします(なぜかここで!だって今日食べ過ぎたから)
(それに過食ほど冷えを呼ぶことは無いんじゃないかと自分の身を振り返りまくりで><)


そうだ、ウコンのシルクのボディロールを巻いて寝ましょう。
(いいもの持ってるワタシ)



おやすみなさいませ。





追記:この日記を書いてから1年半経った2014年6月
このあとで、「くらしきぬ」の冷えとりソックスとの出会いもあり、
相変わらず、ゆるとり、ペースですが、楽しみながら靴下を選ぶ日が続いています。

d0154362_16203936.jpg







マアルの日々の新着情報はこちら!
http://www.facebook.com/marru.tsunagaru
ぜひ「いいね!」をクリックしてねん♡

by marrublog | 2012-10-09 22:19 | 日々 | Comments(3)
Commented by 綾子 at 2012-10-11 16:54 x
直ちゃんのブログっておもしろい。今更ながら、改めて。
私は絹綿絹綿の重ねばき、もう2年くらいやってるけど、相変わらず冷えてますわ(汗)常に頭使っちゃう性分だから、血が頭にいっちゃうのかも~。甘いものもやめられず~(汗)
アルデバランの靴下か~。高いけど買ってみたいな~。
昨日、アホ学でめぐちゃんがかぼちゃになってたから、今度貸してもらう予定(笑)
Commented by marruなお at 2012-10-12 15:33 x
綾子さん、いつも排泄的な?(えーい、正直に書いてしまえ的な)文章を書いたら褒めてくれる貴女、、ありがとう、やっぱ格好はつけられんもんね〜。
綾子さんの透き通るように綺麗な肌は、冷えてても、かなりいろいろクリアになっているんだろうな〜と思ってるよ。
最近、冷えとか、アトピーとか、頭痛とか、そういうのがありつつそれでバランスとれてる場合もあるだろうな、と思うのです。それを多少意識する事で暴走しない生活が出来るとか。
なーんて深層心理で思っているから、いつまでもアトピーが手放せないのだろうとも自覚、ワタシはまずこの意識を手放すようにするよ〜。
ああ、結局カボチャになったのねw。ワタシも今度どれかかりる予定よ〜楽しいね!
Commented by ブーツ ブランド at 2013-12-15 14:03 x
I genuinely enjoy looking through on this site, it has superb posts. "Never fight an inanimate object." by P. J. O'Rourke.
ブーツ ブランド http://genvex.dk/kutu5.html


<< 14日(日)安保徹先生講演会と...      よく働きよく遊ぶなり >>