2012年 06月 25日
Michael Jackson 3回忌におもう
生まれてはじめてのコンサートは、高校生のとき。

大阪ドームのマイケルジャクソン。

ペプシ記念講演とかで、友達のお兄ちゃんが、文字通りペプシをがぶ飲みしてくれて、
見事コンサートチケットを当ててくれた。

豆粒みたいなマイケルだったが、
あの感動は忘れない。

その後、バッシングや、どんどん変わって行く風貌、
ワタシの気持ちも遠くなっていたが、
残念なことに死をきっかけに再びマイケル再熱、
今も時々、youtubeでマイケルメドレーしている。





思えば、人種差別や世界平和を歌として初めて聴いたのだって、
We are the world.
マイケルだ。

親にレコードを買ってもらい、歌詞は全部覚えた。

その後、↑に貼付けたHeal the world 、そして Man in the mirror.

これらの歌からいったい何年経っているのか、、

相変わらず、世界から飢餓も戦争も無くなってはいない。



この10日間くらい、フェアトレードのオーガニックコットンについて
小さなラベルを作る為に文章をまとめていて、

何度も、書いている自分が嫌になった。

仕事で、ここまで嫌になることはめったにないが、

相当落ち込み

うんざりし、

もう「オーガニック」と「フェアトレード」とか口にするのも嫌になってしまった。



文中に、「発展途上国の人々」と書いた時は、
なんだか思い上がりのような、
だって、自殺者が年間3万人を超え、「自分の国が誇りです」という人が少ないこの国を先進国とするならば
その国の人たちは果たして 「途上」して「先進国」にしたいのかどうか。

言葉ひとつひとつが、
深く深く突きつけられてしまって、
書いては消し、書いては消し。


学校へ行くような年頃の子ども達が労働者として働いているのは
コットンだけではなく、バナナ、カカオ、その他いろいろあるということも
ワタシは知っているのに、

食べるチョコレートを完璧にフェアトレードのものだけにしているかというとそうではないし、
スーパーでバナナを買うことだってある。

下着はご存知の通り、
満月肌着や竹布が中心ではあるが、
(いや、それだけでも無いが)
アウターは、いろいろ。
いろいろ楽しみたいのだ。

そんなワタシが、
クーラーの効きすぎているマク○ナル○で、数時間もパソコンに向かって、
「フェアトレードうんぬん」について
言葉を連ねていいものなのだろうか。
と。

フェアトレードやオーガニックコットンも、調べれば調べるほど分からないこと、
知らないことがどんどん出て来て、
自分の浅さに辟易した。


斜め向かいに座った女子高校生数人の、
時々チラ見えする○ンツと、
えげつない恋バナを聴いていたら

ますますもういたたまれなくなってしまって、
iphoneのイアホンで音楽を聴いた。。

そしたら、
笑っちゃうくらいのタイミングで流れて来たのが、このheal the world .



結局、そのラベルは、
文章をめいっぱい入れたところで結局文字だらけで読むのもしんどいよ、というデザイナーの意見をもとに(確かに。。)、
meguちゃんにしっかり校正してもらい
マアルが伝えたいことを導いてもらって(いつもそう、ありがたい。。)
当初の四分の一以下の文章に納めた。


こういう日々の暮らしの中の選択肢のひとつとして、
フェアトレードのオーガニックッコットンを選ぶということは、
「買い物は投票である」という言葉のとおり、
自分が気持ちいいだけじゃなくて、ほんの少しでも、何か、、
裸足で農薬まみれの畑を歩く子どもが、
学校へ行くことになる道筋の小さな小石のひとつになるのではないか、、
泥水の上澄みを飲むのではなく、
井戸を掘り、供給するプロジェクトも、
マアルが選ぶオーガニックコットンの会社は参加している、
だから、、


先ほど、日本のような国になりたいのかどうか?と書いたが、
食べるものが無く、
生死をさまようほどの状態から見てみれば
それは、迷うことなく、日本の状態をうらやむだろう。


うまく言えないけど、
やっぱり全然うまく言えないのだけれども、

マアルとして、フェアトレードのオーガニックコットンを選び続けたいと思う。

訳の分からんこの文章、言いたいことは何ぞや?と思われたかたは、
今後、満月肌着などに織り込む、
小さなラベルをお読み下さい♪


こうして、
ようやくデザインも文章も落ち着き、
本日ラベル入稿、

そしてマイケルは3回忌を迎えた。

by marrublog | 2012-06-25 23:12 | 日々 | Comments(7)
Commented by 大谷由記 at 2012-06-26 05:49 x
初コメントさせていただきます~☆
言いたいこと十分伝わってきました~!
矛盾だらけのこの世の中、Michaelは一貫して筋が通っている人だった。
私は、This is it からのMichaelファンだけど、彼が人生を賭けて必死で伝えようとしていた数々のメッセージ、地球のこと、子供たちのこと…Michaelが死ぬことで気づかされた人もかなり多いと思います。次コメへ続く…
Commented by 大谷由記 at 2012-06-26 05:51 x
コメント続きです…
すべてMichaelみたいに実行するのは難しいけど、みんなの想いがこれから先の世界を必ず変えていっているし、これからもどんどん、加速してMichaelが描いていた地球に近づいていっている最中だと、わたしは思っています♪
マアルさんの活動もMichaelと同じことをしていると、いつも思って尊敬しています!!
影ながら応援しています(笑)
また、おしゃべりしたいな~☆今度はMichael談で盛り上がりましょう~!
Commented by 綾子 at 2012-06-26 15:58 x
言いたいこと、十分わかるよ。すごく共感もするよ。そういうことひとつひとつに真摯に向き合って取り組んでいる、マアルえらいと思ったよ。私も買い物は投票、という意識、少なからず持っているけど、全部が全部というわけにもいかず…。おしゃれも楽しみつつ、自分の心も体も快適にいけたらいいよね~。新月茶論行ったとき、満月パンツ高い、とか言ってごめんね~(笑)
Commented by marruなお at 2012-06-26 19:05 x
大谷さん、思い切り実名コメントありがとうございます(笑)
そして、読み直しても分かりにくい文章ですのに、共感してくださってありがとうございます☆大谷さんがmichaelファン!意外〜いいですね!彼のラブソングもいいですよね(話がズレるけど)。
大谷さんに尊敬していただくにはとても恐縮、これからもっともっと勉強して精進励みますので、これからもどうぞよろしくお願い致します!
Commented by 綾子さん at 2012-06-26 19:10 x
ありがとうるうる。いつもね、パッケージに添える文章ひとつとっても、まずワタシが作って、メグちゃんととことん話し合って進めていくんよ。でも今回のは「まず作る」時点でかなり落ち込んでしまった。。いやはや、綾子さんの意識はすごいよ。いつも「ほぉぉ〜」と思ってます。満月パンツ高いよ(笑)ほとんどが、生地代です、フェアトレードというのはこういうことかといつも支払う度に痛感。ということは、ロープライスのものの生地代がいくらなのか、そこに含まれる生産/労働者の賃金は、、ってまた深く考えるよね。。
また遊びに来てね!
Commented by bagel-dan at 2012-06-29 19:52
なんでだか涙がポロポロ、で読ませて頂きました。
うまく言葉にならないけれど、、しっかり伝わりましたよ!
食いしん坊なべーぐる団的には、食べ物について時々そんなコトを考えます。
「オーガニック」とか、「心土不二」とか、いいこと言ってるようだけど、本当はエゴや贅沢じゃないかと。。
でも色々考えて考えて、それでもやっぱりその道を歩もうと思うのです。それが今の自分たちにできる最善の選択(投票)だと思うから。
…恥ずかしくなってきたのでこの辺りで。。
といいつつ思い切り書いてしまいましたが(汗)、
いつもmarruさんの活動には頭が下がる思いです。
共感、学び、喜び、、色々頂いております!
これからもしっかり背中を追っかけさせてもらいますよ〜ん

ちなみに、オット、マイケルと同い年です…
Commented by marrublog at 2012-06-29 23:31
bagel-danさん、涙が出るまでの反応を頂くとは!こんな支離滅裂文章ですのに恐縮です。そしてありがとうございます。
べーぐる団さんもそんなふうに感じられることがあるのですね。心強いです。私も食いしん坊ぶりは負けませんので(笑)まず食べ物から考えます。地産地消だって、フクシマのことがあってからまた考えることが増えた。。。
オットさん、歳、知っていますが、知っててもほんとビックリします、どうみてもそんな風に見えん!若杉。


<< あさってツイタチはマアルの日      キャンドルナイト >>