2012年 04月 09日
今日は49=ラブ子宮の日
4月9日が「子宮の日」って呼ばれ始めているの、ご存知でした?




子宮。


すごいですよね、
女性はカラダの中に「お宮」が有るんですもの。


今、この子宮、ほか、女性器にトラブル、悩みのある人が増えています。


マアルのお客様にも、
内膜症、筋腫、感染症、生理不順、生理痛、不妊症、、、ほか、
たくさんのお声を、
ネットショップを通じたメールや、
出店先の店頭で聞かせていただいております。


具体的なトラブルではなくとも、


「オンナってめんどくさい」とか
「生理なんてなければいいのに」とか

女性性を否定する思考の方もやっぱり多い。


d0154362_13122650.jpg


布ナプを使い始めてから、
その気持ちよさ、楽チンさ、カラダの変化、そしてココロの変化
に、
すっかりハマってしまったからこそ
始めた「marru」なので、


ここはマアルなりに、
子宮の大切さを、振り返る日、になればと思います。



「汚物」として、「汚物入れ」に毎月紙ナプをポイっと捨ててしまうより、
下着を洗う感覚で
ちょっと自分の排泄したものを布ナプを通じ目にする機会があれば
おりものの色、
生理の経血の質、
などの変化にも気がつきやすいんです。



布ナプお話会でもお伝えするのですが、

毎月、まあそれはそれは見事に
月経〜排卵日〜月経までのサイクルに
体全体が連動されていて

イケイケモードになったり、
イマイチモードになったり
お目々パッチリになったり、
むくんでイマイチ子になったり。


だって、
お宮さま、ですから。

司られていますよ、私たち。



大切にしましょう。



何かの事情で、子宮を無くした人も、
かつてそこにあったお宮は、
女性としての心の中に生き続けているもの、だと思うのです。


子宮があっても、
男並みの仕事をして、
男性と同じサイクルで頑張って生きている人も、

時に
子宮のことを思い出してあげて
両手を下腹にあててぼんやりしてあげて。


普段からお腹を暖かく(→アルデバランの薬効草木染めのボディロールが本当におすすめです)
日頃から締め付けず(→やっぱり満月パンツと新月ショーツをお勧めしたい)
月のものが来たら、布ナプキンと竹布のベリーショーツで寄り添って。




どうしたって自分が惚れ込んでいるものだけを扱っているし、
作っているから
宣伝っぽくなってしまうけれども、

でも、
「子宮をいたわる」にツールとして、ぜひお勧めしたいのです。




ラブ、子宮。


みんな子宮から生まれてきたんだもんね。

by marrublog | 2012-04-09 13:42 | 布ナプ | Comments(0)


<< めぐるめぐる      ゴムにかぶれない下着 >>