2011年 11月 18日
さんぽのススメ
d0154362_674830.jpg
って、私が薦めてるんじゃないです、


昨日、友人が企画した針灸師の山口先生による「更年期の過ごし方」お話し会で、
先生が
「とにもかくにも、誰にでも訪れる更年期を
出来るだけ軽くするようにできる方法は
『自然治癒力を高めること』
その最も素晴らしい方法は
散歩です!」


キター!!

にんまりなワタシ。

だって、引っ越ししてから、子どもを見送りがてら毎朝歩いてるんですもの。

ちょうど、その日の朝
このお散歩が気持ええんです、ってことを
ここに書こうと思ってたところだったのです。
寝過ごして無理だったんですけど。

→でも、この寝過ごすっていうのも、
山口先生曰く、
夏は睡眠時間を短く、冬は長くとる、ということが
自然にそった体のつくりなので
いいんですよ〜と仰ってました。
夏から10月までは4時台とかに起きてた私ですが、11月になってから
5時半が精一杯になってて
引っ越し疲れかと思ってたのですけれども、
「おお、私って自然に沿ったカラダなのね!」とこれまたニヤリ。

→さらに付け加えると
冬は出来るだけ小食にするほうがいいんだそうです、
冬眠するみたいにね。
  この点に関しては自然に沿ってないワタシ:今日もご飯がおいしゅうございますモリモリ。

d0154362_695894.jpg

ただ「散歩」すりゃあいいってもんじゃなく、
大事な大事なポイントは
女性の場合(女性と男性の歩き方や健康法は東洋医学的視点でみると全く違うそうです)、

とにかくゆっくり歩くこと。

男性は体を動かして氣血を消費して新たに作り出す、
女性は血を温存することが大事。
そのかわりに毎月一度の生理で血を入れ替えるそうなのですが、
更年期が訪れ、生理が終わり、
血の入れ替えが困難になってくると体内で血の流れが滞り
上にのぼせた氣血が滞るので更年期が引き起こされるのだそう。

お散歩することで、自然治癒力を上げて、滞った流れをよくしていく、のだそうです。


ただ、早く歩いたり、夜
歩くのは逆効果。
走ったりするのは、女性はやめたほうがいいそうです。

なぜなら血を消費してしまうから。

夜は、眠りに向かって体を静かにしていく時間だから
活動すると自然に沿っていかない体になるそう。

夜、マラソンしている女性は、ちょっとご一考されたほうがいいかもしれません。

で、出来るだけ自然のあるところを。

d0154362_618556.jpg

新しく住み始めたこの街は、
市の中心部に近いのですが、
川が流れていてその周りには公園があり、サクラの並木がたくさん。

毎朝本当に気持いいのです。
d0154362_6223710.jpg



先生もおっしゃっていましたが、
朝に散歩すると、考え方が前向きになると。
わかる気がします。

サクサク事が進みます。
(その分私は午後から、もう夕方になるとぐでぐでですけど。。)



ちなみに宣伝がてらお知らせを
昨年も竹布ファンの人たちから絶大な人気を誇っていた
「竹布八分袖インナー」。
リニューアルして、この11月から再登場しています。
d0154362_628173.jpg

朝の寒いお散歩にももちろん着ていますが
肌を一枚重ねたような優しいフィット感で
本当にあたたかい。

おすすめです。



さあ、もうこんな時間、
子ども達を送り出したら、今日も「ゆっくり」おさんぽ、するとします。




広島ブログ今日の散歩はどんな発見があるかなぁ

by marrublog | 2011-11-18 06:29 | 日々 | Comments(0)


<< ご自愛ください      紅葉の樹=Treeマーケット報告 >>