2011年 06月 18日
草木染めお話会でした
d0154362_22522695.jpg

どうしてこのお話し会を企画したかっていうと、
アルデバランの中村氏のお話をゆい助産院のMちゃんとたった2人で聞かせてもらった時、
もう痺れちゃって、勿体なくって
みなさんとシェアしたい!って思ったから。

沢山の、きっとこの話が「必要な」人、がお越し下さいました。


今のワタシが、印象的だった言葉をいくつか。

真実はひとりひとり違う。
アナタの真実は、他人の真実とは違う。
自分で自分の基準を決め、人のせいにしない。


冷えと、緊張と、ストレスが全ての病気のもと


みっちり2時間半もお話して下さり、メモはびっしり、他にも沢山いいお話を聞かせて下さいました。
同じ話を聞いても、それぞれ印象に残るところが違うように、
草木染めも、人によって、「これ!」と思うものが違うようです。
d0154362_2383117.jpg

みなさん、一枚一枚手に取られ、目をとじ、
「薬効手染め」を感じてもらいました。
沢山ある染め、「わたしはこれ」皆さん違って面白い。


私が1ヶ月前選んだのは「鬱金うこん」でした。
そして、
不思議。
鬱金のボディロールを毎日のようにお腹に巻いていると
過食ぎみだったのが、それ以来治まったのです。
鬱金は、消化器系、胃腸系を癒す力があるとか。


ボディロールと布ナプ、
つける場所によって、薬効の加減をする為に、染め具合や染め方をかえているほど
細やかな作業。
それくらい、薬効があるのだそうです。

「色をつけようと思っているのではなく、
植物のエキス、光を、布に映し込もうと作業している」

そうおっしゃられていました。


五感の中で、「触覚」は、最大の臓器=肌、を通じて生まれる感覚。

肌が喜ぶ、肌が合う、

その感覚、もう偽れない感覚、

とてもよく判る気がします。




もうごまかせない時代が来た、と、お話し会冒頭で、放射能について語られたとき
そう中村氏はおっしゃっていました。


ごまかせない。


深いな。


広島ブログ
雨の夜です。いろんな事を感じています。

by marrublog | 2011-06-18 23:23 | coyashi | Comments(2)
Commented by Mahalo*nao at 2011-06-20 20:02 x
じっくりたっぷり聞かせて~。
Commented by marruなお at 2011-06-20 22:43 x
うん、そうだね、ゆっくりね♡


<< 載せていただいてます      決めつけない >>