2011年 03月 08日
吹き出す、春 その1
このブログも、気づけばお知らせ記事ばかり。

いつも本当は日々感じた事を書きたいのですが、
頭に思い浮かべる(大抵寝る前と明け方布団の中)だけで終わってしまってます。
ツイッターに毛が生えたくらいの量のほうが、
読む人にとってもいいと判ってるのに、

「書こう」と向き合うと、
沢山ありすぎて、おっそろしく毛深い長文になってしまう。

なので、「その1」とか、してみました。

夜9時以降は、出来るだけパソコンしないように。
はい、もう10時なんだけど。だから、その1、です。
ツルッといきます。



春が来ましたね。

三寒四温、寒い日もあれど、もうカラダはすっかり春モードです。

アトピーの我が家にとって、
毎年1月中旬あたりから、花粉症の次女のカユミ増量を皮切りに
じわじわと私も、冬の間平気だったエリアにカユミが出てきます。

今年はそれが早い。

しかもパワフルに。



昨年の数倍?数十倍のスギ花粉のせいなのか?

年々カラダが月や自然のサイクルに順応していくのを感じてるから、
勝手に春スイッチが入って緩みはじめているからなのか?

ホメオパシーも取り入れてるので、より「出す」方面へ働きかけているからか?

人並みに?悩み事も抱えているからか?

40代突入を目前に、また何かを教えようとしてくれているからか?


きっとどれもそうなんでしょう。

他にも、思い当たる事は多々あるんです。


とにかく、ワタクシ、どんどん「吹き出して」いるんです。
「吹き出す」って、プププって笑ってるんじゃないですよ。


いや、笑い飛ばしてしまえばいいかも。


でも、最近感じるのは、「しんどい」ときは、無理して笑わなくても
「しんどいんだよー」って感じるココロをハグしてあげたらいいんじゃないかって。



人それぞれ、気持の癒し方はあると思います、


笑い飛ばして気づけば元気になる人もいれば、

とことん向き合って、潜りこんで、底にタッチしたら浮き上がってくる人もいるし、


私は、うーん、
今のワタシは、どよよーんって夜は凹んでちょっと内向的になって、
自分で「なんて私は辛いところを頑張ってるんだぁぁ」って横になって
次の朝が来て子どもを送り出したら、
マアルの仕事で元気をもらって、
「ソノ辛さがあるから、今のワタシがある!」なんて肯定的にとらえられてく、、


ま、結局あんまり深くは考えられない人間なんですけれども、
あ、そうか、だから10年も様々な自然療法をかじっても完治まで持っていけないのかも。


そんな繰り返しの日々、です。


ほら、毛深く長く(笑)なってきました。



こんにゃく湿布するために湧かしたお湯がグラグラと沸き立っています。


めぐ姉からもらった枇杷の葉があるので、
肝臓に枇杷の葉湿布しながら眠るのが、ここ最近の幸せです。



「その1」はここまでにしときます。



この春のアトピー、吹き出して、辛いのよ、とやりとりを交わした数人のお客様。

ひとりじゃないよ、夜、辛いとき、眠れないとき、
同じようなカユミと戦ってる者がいるってこと、、
覚えていてね。

おやすみなさい。


ハグ。




広島ブログ

結局何が言いたかったんだ〜?
夜の手紙は的を得ませぬな。ごめんなさい


by marrublog | 2011-03-08 22:28 | アトピー、アレルギー | Comments(0)


<< 吹き出す春、その2と赤峰勝人講演会      百万母力まつり♪ひろしま >>